[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
04/27
基本料+通話料が6825円→31566円   スマホ料金プランの罠
大事な事は決して宣伝しない。これが、この世の常です。

sa_docomo01.jpg

このような広告や価格戦略を見せられる.....基本料が実質0円。これってスゴくお得!!
とのせられてしまいます。

しかし、外回りの営業マンのように、不特定の相手に多数の通話をするなど、用途によっては
表題の通り、料金が激増する罠があります。

あまり知られていませんが、ガラケーの料金プランに比べて、最新のLTE(ドコモの場合はXi)対応の
スマートフォンの通話料金はボッタクリと言えるくらい、値上がりしています。

料金が値上がりの仕組みは大きなもので、以下の二つです。

①ヘビーユーザー向けの通話料の安い料金プランが廃止され、最も高い通話料金に統一された。

料金プラン

こちらはドコモの料金プランの一例です。
通話の利用頻度において、基本料金を月額980円〜6825円(いずれも二年縛りなど条件を満たした場合)
から選ぶ事ができ、通話料は21円/30秒から7.875円/30秒までバリエーションがあります。
通話頻度が高い場合は、タイプLLバリューを選択できました。

Xi.png

一方でLTE(ドコモではXi)対応のスマートフォンの料金プランは、通話料が21円/30秒の、ガラケーの
最も通話料の高いプランSS相当の料金プランしか選択肢がありません。

②無料通話が廃止

上記の料金プランの図の通り、タイプSS(1050円)〜タイプLL(11550円)まで料金プランに
応じた無料通話が付属していました。ここで、二年縛りなどの条件を満たして、基本料金が50%オフの
場合、例えばタイプS→タイプMへ基本料金を1050円高くするだけで、無料通話が2100円から4200円
へと2100円分増量されます。つまり、1050円の負担で2100円分の通話料を購入できます。
実質の通話料は半額です。

また、SoftBankとauは異なり、ドコモだけが該当しますが、この無料通話は海外のローミングの通話料
にも適応されるので、海外渡航前に料金プランを格上げして、無料通話を増量して実質通話料を半額化
する事ができます。

LTE(ドコモはXi)の料金プランでは、この無料通話が廃止されました。

通話頻度が低いケースでは、ガラケーの料金プランではタイプSSの980円の料金で、1050円の通話料が
含まれています。LTEの場合では基本料金は780円。200円安くなりましたが、無料通話は無し。
毎月200円以上通話するならば、LTEの料金プランよりもガラケーの料金プランの方がお得になります。

外回り営業マンにように通話頻度が高いユーザーの場合は、本エントリーの表題の通りに
6825円→31566円と大幅に負担が増えます。

プランLL基本料金6825円(最大733分 30秒×1466回の通話料金込み)

これを、LTEの料金プランでは

780円+21円×1466回=31566円になります。



もっとも、この高額ボッタクリ通話料を回避する方法が二つ用意されています。

①同一携帯会社への通話料定額制

トーク24

ドコモの携帯同士の通話料は基本料+700円の追加料金で定額になります。ただし、他社の携帯や
固定電話など不特定多数の相手に電話をする場合には、非対応です。

auとSoftBankは1時から21時までといった時間制限があり、ビジネスでの利用はできません。

②IP電話の利用

LINEは通話料無料ですが、当然ですが通話相手はインストールして設定をしたスマホあるいは
PC同士であり、固定電話にはかけられせん。また、登録者の電話帳データを業者に提供する、
更に、ユーザーが操作しない間にも無断で通信を行っているなど、情報漏洩のリスクがあります。

050Plusといった、電話番号が付与されて、固定電話を含めて大半の電話にかけらえるIP電話
もあります。ただし、待ち受け時や通話でバッテリを多く消費する傾向があり、通話頻度の高い
外回りには向かないケースもあります。


結局、最も有効なのは、ある程度の通話頻度のあるユーザーは、通話用のガラケーとスマホの
二台持ちとなります。







スポンサーサイト
 
Comment
 
ますます必要性を感じなくなった。
こんなのに金払うぐらいなら夏場や真冬のエアコン代に回したほうがマシ
Re: タイトルなし 
冬場や真夏のエアコンを他の手段で代替するのは難しいと思います。

電話やスマートフォンについては、私は投資や情報収集で役立てていますが、格安データSIMとドコモのガラケーの併用で、毎月3000円の予算で満足のゆく利用ができています。便利さを捨てずに節約ができる。言い換えると、広告戦略や価格戦略に載せられて無価値なものに多額の支払いをしていると思います。
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。