[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
04/18
自宅電話を廃止して、WILLCOMのPHSへ切り替え
長らく使っていた自宅のNTT固定電話の回線を解約します。
盗聴リスクの小さいデジタルコードレス電話の親機のみを安価に購入して、今は無きNTTパーソナル
の未加入PHSを子機に設定するという裏ワザでした。コードレス電話の子機に比べて、より小型かつ
操作性も良く満足していました。しかし、バッテリーを一度交換して、二度目の交換をしようにも、
バッテリーの在庫が無く、継続使用を断念しました。

代替として導入した機種はこちら

スペック0
スペック

注目は、スマートフォン全盛の時代でブラウザどころかe-mail機能すらない。液晶画面は面積比で
現在最大級の大きさのある5.5インチスマートフォンに比べて、面積比で約1/10しかありません。
しかし、バッテリ寿命の長いPHSの中でも突出した長さを誇ります。バッテリを消費する多機能を搭載
しないからであり、バッテリ充電の頻度を減らして、バッテリ劣化を遅らせて、長く使えます。
通話専用なので、使わない余計な機能がなくマニュアルを読まずに使えます。

従来は、PHSをNTT回線に接続して使用していましたが、今回はNTT回線を解約してWILLCOMの回線
で使用しています。(従来が異例であり、これが普通の電話機の使い方です)

回線契約は、三年縛りで機種代・基本料・誰とでも定額込みの総額980円。
PHSや携帯電話は非常に複雑な料金体系や割引施策が錯綜しており、販売店によって料金が異なります。
この契約は実質誰とでも定額の980円だけで基本料と機種代は無料になる非常に有利なものです。

現在、3台同時契約して2940円といったキャンペーン割引を行っている店舗が多いです。
これは、割り引かれるのは当初の一年間のみで、それ以降は通常料金へと値上げされるので、
注意が必要です。

誰とでも


毎月の総額980円で、10分以内で500回の国内の携帯・固定・IP電話の通話料が無料になります。
従来のNTT回線では固定料金と通話料で総額2500円〜3000円程度かかっていたので、電話代の
節約に貢献しそうです。

問題となるのは、0120のフリーダイヤルでの通話。固定電話でしかかけられないケースが多い
ですが、多くの場合は携帯用の有料の電話番号も併記されているので、10分間まで無料に適応
されます。

実用上最大の問題となるのは、ナビダイヤル(0570)です。
これはPHSからの着信に対応していません。この他、一部のNTT以外の固定回線、050番号のIP電話
からの着信にも対応せず、ユーザーにとって非常に不便なものです。

例えばTSUTAYAについては、店舗やオンラインやTポイントカードなど関連サービスに至るまで、
問い合わせ窓口がナビダイヤルに限定されています。

ナビダイアル

しかも、固定回線では10円/60秒、携帯電話では10円/20秒と通常の電話回線よりも高額の料金を
請求するボッタクリ回線になります。

電話代節約のためのWILLCOMやIP電話などの通話を受け付けず、しかたがなく通常の固定回線や携帯
回線からかけると、ボッタクリ。

TSUTAYAについては、個人的経験で書籍の購入のために、TSUTAYAオンラインを利用したら、
使用中のサイトダウンが続き、更に悪い事に決済直後にダウンなど、トラブルに見舞われました。

同時多発的に多数のトラブルに見舞われる時点で顧客満足は低下していますが、その後の問い
合わせが不便なボッタクリのナビダイヤルを要求して、オンラインサービスなのに受付時間が
10:00〜19:00と非常に短く、ユーザーをバカにしているかと、怒り心頭となりました。

TSUTAYAにおいては顕著ですが、問い合わせコストのユーザーに転嫁させる、あるいは
クレーマーの長時間電話を断念させるために、高い通話料金を請求するナビダイヤルを、
第二のダイヤルQ2として利用しているのでしょう。

選択可能であるならば、事前に問い合わせ番号が0570のナビダイヤルに設定されている
サービスは回避するといった対応が求められます。


話が逸れましたが、PHS回線にとって0570ナビダイヤルはかけられない、と大きな障害に
なりそうです。



P.S.

総額980円のWILLCOMを固定電話の代替として使用しますが、事業者のWILLCOMのプロモーション
している利用法は、スマートフォンとの二台持ちです。

スマートフォンを通話端末として使用するのが、主流ですが、通話用端末を二台持ちすると、以下の
メリットがあります。

①音声+データ定額の通常の契約では、5985円といった高額のパケット定額料金を要求され、
 動画サイトなど大容量通信を多用しない多くのユーザーには不利です。月間1Gbytesまで1980円
 一日最大30Mbytesまでの制限で月間980円といった安価な通信専用NVNOに切り替えられる。
 (docomoのスマートフォン、SIMフリーのスマートフォンに限定)

②スマートフォンの通話料金は、無料通話無し、通話料は21円/30秒と、従来の携帯電話(ガラケー)
 と比較して高額です。WILLCOMの併用で通話料を節約できます。

③スマートフォンはバッテリ持続時間が短い、Androidに顕著なバッテリ消費の不安定が、欠点です。
 通話専用端末を別に持つ事で、スマートフォンのバッテリを通話のために温存する必要がなくなり、
 利用頻度を高められます。

二台持ちした場合の最低料金のモデルケース

docomoの白ロム新古品(1万円〜5万円)か海外SIMフリー機(1万円〜10万円)を調達
データ通信定額980円(OCN モバイル エントリー d LTE 980)+WILLCOM月額980円

月額1960円で

10分間×500回まで通話料無料
一日30Mbytesまで高速、超過分は100kbpsでのデータ通信が可能

※OCN モバイル エントリー d LTE 980は、現状ではdocomoのXi(LTE)対応機の専用であり、
多くの海外SIMフリー機では使えません。
スポンサーサイト
 
Comment
 
はじめまして、固定代用にした場合の3年後以降の維持費や留守番電話サービスや保証(有料オプション)の取捨、またカード会社や金融機関などへの登録変更による与信判断への影響(ほとんどないと思いますが)はどのようにお考えでしょうか よろしかったらお聞かせください
 
お問い合わせありがとうございます。

これまでは、カード等の与信のために固定電話を維持していたのが現状ですが、固定電話離れの影響で、同様に与信判断への影響は無いと考えています。
現在、諸手続きの登録電話番号は携帯電場に統一しています。

これまでの固定電話の利用は、フリーダイヤルやナビダイヤルへの通話、対固定電話など携帯からよりも安いケースへの「発信」に限定しており、着信は想定していないので、電話番号の変更は問題となりません。

WILLCOM定額プランSは契約上、三年間は無料ですが、それ以後は1450円の料金がかかり、解約を検討しています。

通信業界は移り変わりが激しいので、三年後は更に有利なサービスがあるかもしれません。
 
丁寧なご回答ありがとうございました
「070」のMNPも時間の問題だと思われますので三年後もまたお得に使えそうですね
イオンsimやDTIのsimは? 
ウイルコムとは盲点でした。フュチャーホンとの2台持ちはよく言われるのですが。ところで、「OCN モバイル エントリー d LTE 980」は初めて知りました。有名なイオンsimやdtiの490円simは検討されないのでしょうか。
OCN モバイル エントリー d LTE 980は3Gは駄目? 
すこし、追加を。OCN モバイル エントリー d LTE 980は、多くの海外SIMフリー機では使えないと、いうことは、3G機は駄目ということでしょうか。GALAXY NOTEのLTE対応機は可能ということですね。
 
現在、私は複数のスマートフォンを使用しているため、IIJのファミリーシェアプランを利用しています。
https://www.iijmio.jp/guide/outline/hdd/
ただし、データ通信契約のスマートフォンをiPhoneの1台のみに削減する計画があり、プランを変更を想定しています。
IIJは同類のサービスの中では、技術的サポートや通信品質が良好だとの評判があり、乗り換え先もIIJの別プランです。

OCN モバイル エントリー d LTE 980は、確かに国内のLTE網に対応しないスマートフォンやタブレットには対応しない問題がありました。IIJを含めた他の類似サービスでも同様の対応・非対応の問題があります。
http://www.ocn.ne.jp/mobile/entry-d-lte980/datacard/
こちらなど、動作確認済の機種一覧を提示しており、これらの機種を利用する事をオススメします。
携帯電話の電波帯域は非常に複雑で、ドコモプラスエリアに対応・非対応の違いもあり、海外SIMフリースマートフォンではこれに非対応で、接続可能エリアが狭いケースがあります。
購入と設定の容易さで、ドコモブランドの国内スマートフォンの利用、もしくは高価になりますが、SIMフリーのiPhoneの利用が無難だと思われます。
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。