[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
04/15
反日の利益と親日の打撃 5/3-5/6の東京・台北路線は破滅的価格
反日・反韓感情の中で、韓国から日本への渡航者の増加という意外なメリット

反日・円安・北朝鮮リスクの三重苦で、連休のソウル便はディスカウント

日韓関係悪化は、日本の内需の拡大と混雑時の連休での安価にソウルや釜山の旅行が楽しめるという、
日本側に思わぬメリットが生まれているという逆説です。

中国・韓国の反日の反動が、日本と台湾の相思相愛の友好関係です。

WBC日本戦試合後の台湾代表チームのマウンド上でのパフォーマンス
礼

韓国代表チームのマウンド上でのパフォーマンス
韓国国旗


野球の国際試合の試合後の行動でも対照的であり、日本人に感動を呼んで、再来年の再戦を楽しみに
しているのは、もちろん台湾代表チームです。


日本と台湾の友好関係は、またも逆説的ですが以下のような破滅的な影響をもたらしています。

5/3-5/6のゴールデンウィークのピークでの東京・台北間の航空運賃相場は

台湾直行

直行便ではデルタ航空の122050円が最安値となります。確認ですが、これは間違えではなく、
東京・台北の往復のエコノミークラスの航空券の価格です。(諸費用込み)
昨年の五月の連休は台湾旅行を楽しみましたが、航空券はこの半値以下でした。韓国と中国路線の
客足の減少分は、台湾旅行への需要増加をもたらして、このような破滅的な価格を生むのでしょう。

台湾乗り継ぎ

乗り継ぎ便の条件では、アシアナ航空の98150円が最安となります。日本人渡航の需要が減っている
ソウルを経由して、人気が沸騰している台北を目指すのは何とも皮肉です。


ここでは、視点を変えてみて、破滅的な価格相場で、連休後のサイフに破滅的な打撃を受ける日本人
ではなく、同一日程の台北発東京路線の往復航空券の価格相場を調べてみます。

台湾東京

5/3-5/6で東京発台北は直行便最安値のデルタ航空が122050円なのに対して、同じデルタ航空の
台北発東京は、38130円。何と、東京発の1/3以下の価格です。

高額の運賃を取られるのは日本人だけ。釈然としません。
更にデルタ航空の便は日本側からすると、現地台北の滞在時間が短い不便な時間帯ですが、
台湾側からすると、台北を朝に出発して夜の帰国するという、現地東京にたっぷり滞在できる
有利な時間帯となります。

日本人損させ仮説は、親日台湾も現場となっており、我々のサイフを攻撃し続けています。


本当に、トホホな存在です。日本人って、世界のサイフ。
スポンサーサイト
 
Comment
 
いつも楽しんで見ております。
記事についてですが、需給の関係からして、日本発着路線からカネを巻き上げるのは当然のように思えます。
年末年始なんて、東京⇔ホノルルと東京⇔NYが大差なかったりしますしw
ハワイは余程素敵なところなんでしょうね。
皆様の良いご旅行を心よりお祈りしております。
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。