[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
03/06
年末年始の航空券予約はお早めに
私の様にサラリーマン生活を続けていて、経済的自由を獲得できていない人は、長期連続
休暇のチャンスは、お盆や年末年始やゴールデンウィークに限られてしまいます。
また、休暇の前後には仕事が差し迫っており、体力に負荷のかかる無理な時間帯のフライト
は避けたいものです。更には、遅延・欠航リスクの高いLCCよりは、定時性の高い航空会社
が無難でしょう。

年末年始の海外旅行は、高い!お金持ちの道楽というイメージがありますが、必ずしも
そうではないでしょう。

今年の年末年始で、最も予約が集中して価格が高騰する旅程である
12月28日(土曜)発 1月5日(日曜)着 人気が集中して予約が取りにくい東京⇄バンコク
路線をサンプルに、ネット旅行代理店エクスペディアで検索してみました。


あな

一般に「相場」として考えられる、年末年始の航空券の価格はこんな感じでしょう。
年末年始日程で東京発バンコクの五泊三日(機内一泊)の大手旅行代理店の相場は中級ホテルで
25万円前後です。この旅程では、二人一部屋で室料1万円の中高級ホテルに8泊しても、20万円
程度とパッケージツアーよりは、かなり割安になります。

また、一般にバンコク路線で機内泊を避けると復路は早朝発のフライトになってしまいます。


えああじあ

安い航空券と言えば、LCC。エアアジアでは、ANAの約半額となります。しかし、マレーシアの
クアラルンプール経由となり、乗り継ぎとLCC故の遅延・欠航リスクは高くなります。
往路が機内泊になります。


まれーしあ

同じクアラルンプール経由となりますが、マレーシア航空はLCCのエアアジアに匹敵する
低料金になります。LCCは荷物の預け入れが有料、機内サービスも有料となるため、実質的には
最安値でしょう。混雑期ではLCCも値段が上がり、必ずしも安い旅行ができるとは限りません。
復路の早朝フライトが辛いですが、機内泊無し。遅延・欠航リスクはLCCよりは小さく、料金
重視派にはイチオシのフライトです。


たい

ANAに比べると5万円ほど安くなりますが、往路・復路共にフライト時間に無理のない、
時間帯では最良のフライト。往路が成田・復路が羽田となるのがポイントです。
他の路線でも言える事ですが、羽田と成田を組み合わせる事で、より有利な時間帯を
選ぶ事が可能になります。

直行便と最良の時間帯で価格もそれなり。個人的にイチオシのフライトで、タイ路線では
このフライトを四連続で選択しています。


チャイナ
本日現在、価格が出ていませんが、チャイナエアラインの台北経由便もオススメです。
成田の出発時間が早いですが、往路・復路ともに時間帯が良く、低価格で予約できれば
利便性が高いでしょう。



年末年始など混雑期の旅行の秘訣は、できる限り予約は早く!
遅くなればなるほど、良い時間帯から予約は埋まり、選択肢が狭まります。
更に同じフライトでも、価格が上がる傾向があります。


今日現在で4月27日(土曜)発 5月6日(祝日)着 東京⇄バンコク路線を検索すると

あな2
同じタイ航空でも、往路・復路共に良い時間帯のフライトは予約がいっぱいです。
価格も年末年始の100040円に比べると、74000円も割高となります。

ゴールデンウィークの予約は、今からでは遅すぎます。予約は早くが鉄則です。





スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。