[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016
12/04
Kindleアンリミテッドの裏技の拡張 iPadを最強の読書端末にする
Kindleアンリミテッドをアンリミテッドで使う裏技を拡張する裏技の紹介です。
ここでは、毎月980円の料金を払わず解約しても、あるいは一度に10冊の制限を超えて、何冊でも読めるようになる裏技が紹介されています。要点は、Kindleアンリミテッドに契約中に書籍をスマホ・タブレットにダウンロードして、その後にネットに繋がない、オフラインで使用すれば書籍が削除されずに、読み続けられるというものです。

古いスマホ・タブレットを読書専用端末として再使用するには、問題ないでしょう。
しかし、ずっとオフラインでは不便だという声がありました。そして、読書端末なら新しい本も読みたいと。
そこで裏技を拡張しました。

用意するもの 読書端末として再使用したい、古いiPhone、iPadシリーズ。
※アプリのタスク管理の仕様が異なるので、Android端末では動作未確認。

IMG_0020.png

ますは、ホームボタンの連打をして、Kindleアプリの動作を確認した後、上へフリックして停止します。重要なことなのでもう一度。Kindleアプリを停止します。

その後にiPhone・iPadのWi-Fiやモバイルネットワークをオンにして、オンラインにする。オンラインでのアプリのダウンロードなどの作業を終えたら、オフラインに戻す。オフラインであるのを確認してから、Kindleアプリを起動する。ここで、書籍は消えていません。

一回一回の操作が面倒、操作をミスしてオンラインのままKindleアプリを立ち上げると、容赦なく書籍は消されます。メインで使用する端末での運用は勧めません。

この裏技の趣旨は最強の読書端末であり、連携するのは楽天koboが良いでしょう。これはKindleのライバルであり、オンラインで書籍を有償でダウンロードして、オフライン状態での読書が可能です。
Kindleアンリミテッドで、対象の書籍をお得に楽しむ。しかし、これに対応していない書籍や新刊などは、楽天koboで読む。このように使い分けると、iPadは最強の読書端末になります。

楽天コボ公式サイト

楽天koboはKindleのような読み放題サービスはないですが、電子書籍のラインナップ数や価格は横並び。しかし、恒常的に20%のポイント還元と、随時20%オフや200円引きなどのクーポンを使った値引きを行っており、Kindleよりも安価に書籍を買えるケースが多くなります。

IMG_0023.png

Kindleアンリミテッドをアンリミテッドで使う裏技で書籍を満載し、拡張技でkoboでフィリピンのガイドブックをダウンロードしたiPadを手に、プールサイドでの年末年始を過ごします。


スポンサーサイト
 
Comment
承認待ちコメント 
このコメントは管理者の承認待ちです
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。