[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016
04/18
輪ゴムで実験できる。なぜ地震は予知できないのか?
またも繰り返される震災の惨劇。日本に住んでいる限り、回避するのは不可能な国難でしょう。そして、東大の地震研究所を始め、地震のメカニズムの究明と予知の研究が進んでいます。

しかし、彼らの努力を持ってしても、予知は困難だと断言します。
その根拠は.....輪ゴムを用意しましょう。

04輪ゴム

輪ゴムを伸ばします。切れそうで怖い。でも、もっと伸ばします。
そして、プツンと切れて指が痛い思いをします。ここで、輪ゴムにどれだけの力を加えたら切れるのか、しかもどの場所が切れるかは予測が困難でしょう。

04輪ゴム2

これは地震のメカニズムの『一例』であるプレートレクトニクスの模式図ですが、このように地盤には複雑に力が加わっており、地盤が沈んだり、盛り上がったり、割れたりして地震が発生します。単純な輪ゴムでさえ、いつどこで切れるか予想ができないのに。無理。


地震とは異なり、台風の被害はある程度正確に予想ができます。
これはなぜか?
台風は発生して形となって、日本列島に接近して被害を出すまでに時間的猶予があります。
海流や海面温度や大気の温度や風向や気圧など複雑な条件が絡み合って、台風がどの瞬間にどこで発生するかの予想は難しい。地震はこの台風に例えると発生の瞬間に最大の被害を出す。台風は発生の瞬間の予想は難しいですが、その時点では大被害をもたらす危険はない。勢力を強くして日本へ接近するまでの時間の余地があるので、予想が可能になります。

スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。