[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015
04/15
ニュースをもっと楽しもう!NewsPicks性能強化計画
NewsPicks公式サイト NewsPicksとは
私がヘビーユーザーになっている、ニュースアプリがこのNewsPicksです。このサイトの魅力をパワーアップする試案を3つ挙げてみます。

①ニュースにもっと参加しよう ニュースの評価機能を付ける

他のニュースアプリにないNewsPicksの特徴は、ピッカー(ユーザー)によるコメント。しかし、原則実名参加であり、心理的にも所属する組織の問題で抵抗はあるでしょう。時間も手間もかかる。そこで、もっと気軽にニュースに参加してみようと、ニュースについて評価、投票する機能を付ける。参考になるのは韓国の新聞の中央日報の日本語サービスサイトです。

1404np1.png

ニュースの本文の下に5つの感想のボタンが並び、これをクリックすると即座に下の数字の投票結果に反映されます。この選択肢は、【いいね】【いやいや】【面白い】【つまらない】などが考えられます。
選択するならワンプッシュ。結果は数字だけの匿名。そして、そのニュースに対するピッカーの評価は一目瞭然です。ただ読むだけのニュースに参加する楽しさが生まれます。


②人工知能をみんなのペットに IBMの人工知能ワトソンをプロピッカーにする

プロピッカーとは?公式サイトの解説
プロピッカーとは私のような一般ユーザーとは別に、運営会社から報酬をもらい、専門分野の見地を生かしてよりハイレベルのニュースのコメントをして、ニュースの理解を深める仕組みです。

1404NP2.png

IBMはNewsPicksのスポンサー企業になっており、「イノベーション」というニュースジャンルを持っています。IBMの開発する人口知能ワトソンとは?NewPicksのユーザーは、ニューテクノロジーに関心を持つ方が多く、このワトソンは注目の的です。このワトソンにプロピッカーになって頂くという立案です。


1404np3.jpg

開発途中でありますし人間ではないので多少の粗相もあるでしょうし、それもご愛嬌として暖かく見守るためにも、このような古典的なブリキのロボットの意匠のアイコンを付けたいです。
ニューテクノロジーに関心のあるユーザーが多く、ユーザーがワトソンというプロピッカーを、みんなで共有して可愛がるペットにもなります。ニュースを楽しむだけでなく、最先端のニュースをユーザーと共に育てて行くものです。IBMにとっても格好の宣伝の場にもなりますし、ニュースとユーザーとの触れ合いは、人工知能の改良のチャンスでもあります。

③ニュースを育てよう ゼブラコインでニュースサイトに投げ銭をする

SmartNewsのニュース選定のアルゴリズムってどうなってるの? 裏側を聞いてきた
私はこちらもユーザーですが、ライバルのニュースアプリのSmartNewsでも、「コンテンツを提供していただくパブリッシャーの方にメリットがあるかどうか、という観点も重要です。」とあるように、ニュースを提供する報道機関に対価を還元する、共存共栄の仕組みが必要だと思います。ニュースアプリ経由でも広告が表示されて、報道期間側にも収入が入るとしても、もっと積極的に良い報道をして頂いた方に恩返しをしたい。ニュースを利用するだけで感謝をしなければ、ニュースは枯死してしまいます。

この仕組みがゼブラコインです。

NewsPicksには有償会員の制度があります。ニュースを検索したり、有償会員しか読めない記事があるなどの特典があります。この有償会員の特典として、ゼブラコインを付与します。なぜ、ゼブラかと言うと、NewsPicksのイメージキャラクターがシマウマだからです。有償会員はゼブラコインを月間に数十枚を受け取り、これを読んで感銘を受けたニュースに対して投げ銭をする。この投げ銭の数に応じて、NewPicks側が引用した報道機関や記者にお金を払うというシステムです。
個人ブログの引用は対象にするかは議論が別れるところですが、個人的には提携している商用報道サイトだけにしたいと考えています。

有償会員の会費の一部が商用サイトへの投げ銭の原資となり、会員が自身で応援したいサイトや記者を選んで、応援ができるという仕組みです。ニュースを楽しむにはニュースに元気になって欲しいものです。
スポンサーサイト
 
Comment
アポイントのご依頼 
笠川健司様

Dr.Smartと申します。匿名でメールをお送り致しますこと失礼致します。この度は、笠川様にメディアについてご教示頂きたく、ご連絡致しました。

私は今後インターネットを通じて、予防医学を提供できる病院を創りたいと考えております。しかしながら、インターネットメディアについての知識を持ちあわせていないためにインターネットでメディアを創るために何から手をつけるべきか試行錯誤しております。

笠川様にはNewsPicksのコメントを通じて、いつも勉強させて頂いております。特に、『ネットTVによるテレビ局の倒し方』の記事は大変参考になりました。

もし可能でしたら、お時間ございます日時でランチでもご一緒させて頂けないでしょうか?もしお時間を頂けましたら、僅かながらの感謝の気持ちを込めまして、奢らせて頂きたい所存でございます。突然のご依頼で大変恐縮でございますが、ご検討頂けますと幸いでございます。
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。