[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015
01/29
白い方が勝つわ。欧米に負けない、日本独自の文化産業戦略は。
1401白い

白いロボットが二体。ベイマックスとガンダム。これらは、日本と欧米の戦略の違いの代弁者です。

ベイマックスは現在上映中で最終的な興行収入は不明であるが、日本国内では50億円超え、米国で200億円超え、全世界では500億円を超える可能性があります。アナと雪の女王の全世界興行収入は1500億円と驚異的な数字を叩き出しています。
こちらの記事によると劇場版のガンダムシリーズ全12作品の累計興行収入は100億円。海外での上映実績はほとんどなく、たった1作のベイマックスの世界興行収入の足元にも及びません。DVDなど映像ソフトの収入を入れればその差は更に広がるでしょう。ガンダム、Zガンダム、νガンダムなどガンダム総動員しても、汎用餅型決戦兵器ベイマックス1機に簡単に足輪られる圧倒的な戦力差があります。

日本は文化においても世界の三等国。米国や欧州にはかなわない。諦めるべきでしょうか?
いや違います。

そのヒントは、最上段の写真にあります。

ベイマックスもアナ雪も大ヒット。では、その作品の世界観を楽しむために米国を訪問するでしょうか?ディズニーランドには、これらのアトラクションやショーイベントは設定されるでしょう。(日本のディズニーランドでは実施中)

ベイマックスの舞台設定。サンフランシスコと東京を合わせたような魅力的な設定です。
しかし、これがサンフランシスコの観光客を呼ぶものではなく、ディズニーランドの他に集客無しでしょう。儲けは集中的にディズニーが頂くシステムです。

ガンダムは写真のお台場ガンダムのように、観光客を日本に呼び込む。
ザク豆腐


Zガンダム
ガンダムカフェ

公式、非公式を問わず、日本の町にガンダムへの思いが息づいている。ガンプラをはじめとしたキャラクター商品や派生商品も多い。たった一作で500億円1500億円を稼ぐ力はない。しかし、ガンダムは日本文化の一部となり、外国人を日本の隅々まで呼び込みます。

これは、食とファッションのパリと東京のパラドックスからも説明できます。

日本人のフランスの食文化の想像
フレンチ

一般的なフランスの日常食
steak-with-french-fries.jpg

日本人が想像するフランスファッション
フランスファッション

一般的なフランスの日常ファッション(シャンゼリゼ通りのグーグルストリートビューより)
シャンゼリゼ1
シャンゼリゼ2

夕食1000円未満の日本国内大手チェーン店の定食
大戸屋

原宿の格安ストリートファッションのお店の中
harajuku_doors_KIMG17313.jpg




LVMHグループの2013年の世界売り上げは4.8兆円ほどであり、フランスのルイヴィトンやワインやシャンパンなど高級ブランドの複合企業です。2014.10に発表されたユニクロを有するファーストリテイリングの年間連結売り上げは1.4兆円であり、大人と子供の差があります。

世界最大の高級ショッピングモールと言われているドバイモールのレディスファッションのショップリストは欧州と米国のブランドのオンパレードであり、日本ファッションの生存空間はごくわずか。


このようにフランスはイメージとしてのハイファッション、グルメ、文化の大国として君臨しており、そのイメージで世界中の消費者を虜にしています。しかし、いざパリに出向くと、そのイメージと実態の格差に多くの人は驚かされると思います。食事にしても、ノーアイディアでとりあえず手軽に済まそうとしたら、写真の通りにそのレベルの低さに悩まされます。いつも美食をしている訳ではない。そして、ファッションもいつもエレガンスな訳ではない。

ここでも、日本は欧米に比べると三流国。グローバルで稼ぐ事はできない。

しかし、1000円未満で供される大戸屋の和食はおそらくパリの一般的な外食の半額以下ですが、色彩も美味しさも栄養も比較になりません。原宿や表参道や渋谷のスクランブル交差点は奇抜なファッションを着こなし忙しく動き回る日本人の生態を観測する観光スポットになっています。店員がマネキンとなって、客と同じ目線でファッションを楽しむショップもまた日本ならではです。欧州の高級ファッションブランドの直営店の店員を見れば、その違いがはっきり分かります。その店員はそのブランドの洋服を楽しんでいるのか、否か。

ギャル

ネット通販の発達によって、今では通販で全世界でこのようなファッションを楽しめます。しかし、お店に出向き、実際に話をしてみたいと出会えない楽しみもあります。


グローバルで売る力は欧州米国にはかなわない。しかし、日本に来て頂いて楽しんで頂く。

これが、日本の戦略です。そのための武器が円安であり、航空路線の自由化とLCCの参入です。



スポンサーサイト
 
Comment
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。