[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014
10/30
アフィリエイト断食が健康と若さに導く、味覚断食の成功
本ブログは一貫して、アフィリエイトはしない。ブログでは金稼ぎをしない方針です。これでも、投資系のブログの末席に位置しており、アフィリエイトで小銭稼ぎなんて、投資で儲けてない証拠なのでは?と、突っ込まれないためです。

投資で食えないから不動産斡旋業でカネが稼ぎには、しっかりツッコミます。

お金とは自由を獲得するツールです。小銭のために、ブログで好きな事を書く自由が束縛されるなんて損なディールです。

健康食品、健康商材は単価が高く、因果と結果の評価が難しい事から、バイオマトリクスミノフスキーパルス治療器148万円也というような、怪しい高額商品が並びます。アフィリエイターは儲かります。しかし、私がオススメする健康食品はコレです。
IMG_1350.jpg
35円で購入したタダの炭酸水。アフィリエイターは儲かりません。
この前提となるのは、前回のエントリーで紹介した味覚断食の考えです。濃い味付けに慣れてしまうと、食材の微妙な旨味を感じられずに損をするばかりか、濃い味の食事は高カロリー、高脂肪であり、これに慣れると暴飲暴食へのブレーキが利かなくなります。

私が危険だと提起しているのは、人工甘味料高配合のゼロカロリー飲料です。
healthya-sp.jpg
健康ブログでは、このような商品が推奨されていますが、私の判断では飲んではいけない商品です。ヘルシアシリーズ固有の問題として、高濃度茶カテキンの肝機能傷害リスクと、強い苦みをマスキングする高用量人口甘味料があります。

これは例外としてもゼロカロリーのコーラなどは、たまに飲む美味しい飲み物に留めた方が良いでしょう。

人口甘味料が多く含まれた食品が健康を害する報告は多数あります。

人口甘味料で糖尿病リスクが上昇 イスラエルの研究チームが発表 ハフィントンポスト
「カロリーゼロ」、太って病気まっしぐら 東京経済

イスラエルの研究のように、人工甘味料が腸内細菌に影響を与えて、糖尿病リスクを高める可能性があります。こればかりではなく、人工甘味料による強い甘い刺激を、体が大量の糖分を摂取したと誤認して、インスリン(血糖値を下げるホルモン)を分泌して、血糖値が下がりその反動で、空腹感と大量の糖分を取りたい欲求が亢進する可能性があります。このようなメカニズムは別にしても、常に強い甘い味覚の刺激に慣れ続けていると、味覚が鈍感になり甘みの欲求が増えるばかりです。

糖尿病やダイエットのために、糖分は控えたい。高血糖と痴呆症の関係も研究されています。しかし、たまに頂くスイーツや宮崎産マンゴーの楽しみを我慢するのは、人生の喜びを犠牲にする。健康になるなら死んでもいいような、健康原理主義は愚かです。

そこで、我慢する最優先順位は、ぜいたくスイーツではなく、人工甘味料で毎日摂取する甘い飲み物です。コーラの爽快感は、炭酸水でもそれなりに得られます。今ではレモンの香料入りの炭酸水もありますし、私が行っているのは、100%のシークワーサージュースを少量入れる香り付けです。慣れてくると、タダの炭酸水でも、スッキリ爽やかと満足できるようになります。

炭酸飲料に留まらず、コーヒーも紅茶も無糖です。甘みの味覚断食が習慣になると、パンケーキの生地の甘みだけでも精一杯になり、蜂蜜をかけるなんて言語道断になります。焼き芋やトウモロコシの甘みが至上の喜びになります。甘い味覚が口一杯に広がるともう食べられなくなり、スイーツ食べ放題ではすぐにギブアップとなり、お店の原価率の引き下げに貢献してしまいます。

1410max.png

缶コーヒーを飲みたいけど、カロリーのために我慢。味覚断食をすると、無糖ではない缶コーヒーは全て甘みMAXなマックスコーヒーのように感じます。我慢するのではなく、甘すぎて飲めなくなります。
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。