[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014
08/03
驚嘆 日本の左翼反戦団体はイスラエルのパレスチナ攻撃を支持している
これまで、日本の反戦・平和団体は、実は平和が望みではなく、日本の防衛力の弱体化と外交上の孤立を狙った、日本侵略の工作員だという疑念がありました。

ミサイル防衛システムを叩く、本音は戦争大好きな平和団体の闇
護憲平和論者が捏造した歴史 太平洋戦争の終戦後、日本は戦争をしていないのは嘘
開戦懺悔の日 不戦の誓いを新たにするには

上記のリンクの通り、8月15日の終戦記念日を反戦の誓いの日とするのは疑義がありますが、平和運動、反戦運動が活発化する時期でもあります。彼らの望みは本当に平和であるのか、厳しい視線で監視する必要があります。

2014.8.2に反日ヘイトクライム団体レイシストをしばき隊から改名した、C.R.A.Cを構成メンバーとした、左翼反戦デモが行われました。

ファシズム潰せ 怒りのブルドーザーデモ

1408イスラエル2

しんぶん赤旗の報道は上記デモの公式サイトと同じく、「実物のブルドーザーが、民衆の大きな力を象徴するものとして、デモを先導」と報道しています。ここで、私はこのデモの本心を見抜いてしまいました。日本の最高学府の東京大学は、左翼労働組合との密約で軍事研究が禁止されています。戦争を防止するには戦争や兵法の理解や知識は必須であると考えています。

1408イスラエル

この画像は、右側はブルドーザーデモの公式サイトのメインビジュアルであり、ブルドーザーはデモの怒りの象徴です。暴力の象徴としてのブルドーザーを阻止するデモではありません。

このブルドーザーは、工事現場などで見かける見慣れたものとは異なっています。写真の解像度が低くて申し訳ありませんが、左の車両を模写したものだと思います。細部の特徴が一致しています。

この左の写真は、暴力や戦争や政権転覆を好む日本の反戦団体ではなく、本来の平和を望む活動をしている方々には、有名であり心を痛める象徴的な事件の写真でもあります。

ガザ地区で16日、イスラエル軍の民家破壊を阻止しようとした米国の平和運動活動家の女性がイスラエル軍ブルドーザーの下敷きになって死亡した。

ガザ地区の民家を破壊するイスラエル軍のブルドーザーであり、これを阻止しようとした平和活動家がひき殺されました。

イスラエル軍のD9型軍用ブルドーザー

皮肉な事に、戦争や暴力に反対するデモの怒りや民衆の力の象徴が、イスラエル軍の暴力と破壊の象徴でもあった。

反戦団体は実は戦争と暴力が大好きな反日反政府工作員であるという疑念を裏付けるものとなりました。

彼らのホンネは、日本政府を転覆し、防衛力の弱体化と外交上の孤立を狙い、中国人民解放軍あるいは朝鮮進駐軍による日本の支配でしょう。そして、ガザ地区のパレスチナ自治区の住民のように、軍用ブルドーザーで日本人を虐殺したい。

日本の左翼平和団体は危険です。二度と過ちを繰り返さないためにも、彼らには、一切近づかない、協力しない、警戒するべきです。
スポンサーサイト
 
Comment
 
実際の話 右も左も戦後アメリカが作った組織よね
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。