[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014
08/01
教育・受験の公平性を踏みにじり、公正取引上でも疑義のある卑劣な朝日新聞
IMG_0823.jpg

2013年大学入試出題数No.1を語る、朝日新聞の駅構内広告です。これが、表題の通りに大問題となっています。

学校教育に求められるのは、客観性と公平性。そして、物理的に全ての人が同じ教育を受けるのは不可能であり、受験という必要悪によって、ふるい分ける必要があります。教育を受けたい受験生を排除するのは、非情な判断であり、それゆえに、高い客観性・公平性が要求されています。

特定の私企業や思想を優遇するのは、絶対に避けるべきであり、それを臆せずに新聞の拡販に利用している朝日新聞は、卑劣で人道に反すると言えるでしょう。
また、受験生にとっては、受験を突破したいという切実な思いがあり、藁にもすがる思いで出題頻度が高い朝日新聞の購読に走るでしょう。これは、企業の公平な競争ではなく、受験生の弱みに付け込んだ悪徳商法であり、公正取引上でも問題行為です。

「ここ、出るとこ」というキャッチコピーも、受験生を高みからあざ笑うようです。

社会の公器にふさわしくない卑劣な朝日新聞

更に論点は移りますが、朝日新聞は日本人を陥れ、日本にとって数少ない非友好国である韓国・中国・北朝鮮の利益を代弁する反日新聞。あるいは、極度に左巻きの偏向した報道姿勢でも知られています。

朝日新聞の反日・利敵工作の一例 従軍慰安婦問題の捏造と国民主権の場である国会を弾圧

日本人を憎み、中国、韓国、北朝鮮の利敵行為を行うのが、朝日新聞の報道姿勢ですが、これは伝統的に日本の教育現場に巣食う、反日極左思想と一致しています。

日本の名門私立中学の受験問題は反日洗脳
日教組が北朝鮮の独裁思想(チュチェ思想)を翼賛
東大の軍事研究禁止、職員労組と秘密合意 2014.5.15産経ニュース

最高学府たる大学教育は極右から極左まで全ての思想をもれなく網羅する客観性・公平性が求められますが、東大は完全に左翼思想に汚染されています。犯罪を望む者はいませんが、それゆえに犯罪心理学や刑法などを学問として追求して、抑止や解決を狙います。同様に戦争を望む者もいませんが(左翼思想の中にはいる?)軍事研究を排除することで、平和が保たれるのは、学位を返上するのが相応しい幼稚な考えです。

反日左翼思想と外患誘致で教育現場と朝日新聞の利害が一致しています

スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。