[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014
06/27
謎のメガソーラー建設計画
1405ソーラー1

日本国内では報道されていないですが、タイの上場企業の二社が相次いで日本国内に大型の太陽光発電を開発するという、仰天のニュースがありました。両者ともに20メガワット前後の出力を持つ規模です。

ちなみに、20メガワットの太陽光発電は、関東地方では最大規模となる川崎大規模太陽光発電所に相当します。敷地面積は約30ヘクタールであり、東京ドーム約6.4個分の広さに相当します。

外資の参入であり、規模も決して小さくない。しかしながら、不可解な事に国内では全く報道されていません。EPCOの案件では、建設予定地は宮城県栗原市と特定されているのに関わらず、報道された形跡がありません。

実は、大風呂敷の吹かし報道であり、実態がない?
困ったときは、株価に聞いてみます。このニュースが報道されたのは、2014.1です。

チャオ・スチール・インダストリー(CHOW)過去一年株価
0405ソーラー2

イースタン・プリンティング(EPCO)過去一年株価
0405ソーラー3

両者ともに、発電所開発のニュースが発表される前の2014.1.2以降、株価が上昇傾向にあり、特に両方の発電所も、子会社のプレミア・ソルーションを通じて開発が行われるため、CHOWの株価はこれが材料となったのか、株価が急騰状態にあります。

株価を見る限りでは、日本国内の発電所建設の案件が資金不足などで頓挫したようには見えないようです。

私は残念ながら、見逃し三振をしてしまったのですが、1月23日付けのニュースを見て、CHOWの株を買っていたら、好材料を掴んで利益をモノにしていたでしょう。
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。