[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014
01/22
乗っ取られた楽天市場 通販詐欺が発生
結論を先に 通販詐欺を予防する鉄則

①特定危険品目 ブランド品、iPhoneなど人気スマートフォン、プレミアチケットなど人気のある商品は厳重注意
②支払いはカードが安全で銀行振込や代金引換は警戒
③振込がやむを得ない場合は、振込先の名義に注意。ショップの法人名ではなく、個人名は絶対禁止
④楽天はあくまでも名義貸し場所貸し。管理が杜撰で要注意。


知人が楽天でブランドバッグ(ルイ・ヴィトン ナイル スペシャルオーダー ダミエ)を購入しようとしたところ、代金を振り込んでも商品が納品されない、通販詐欺に遭いました。

1301楽天1
楽天で目的の商品を検索すると、販売店と価格の一覧が出ます。楽天はあくまでもこれらの店舗への名義貸し場所貸しでしかありません。楽天で購入ではなく、これらの各店舗での購入が正確な表現です。

1301楽天2

KAIULというブランドリサイクル店で購入したそうです。この画像は再現であり、当該商品は品切れになっています。ここで、購入ボタンをクリックすると......

1301楽天3

chanelaornament.comというサイトに変移します。これは、楽天か出店していたKAIULのサイトが乗っ取られていたのか、購入者のPCが事前にウィルス・スパイウェアに感染していたが、原因の特定はできませんでした。買い物をしていたサイトから突然、詐欺を行うサイトへと誘導されます。この詐欺サイトの商品写真上にはKAIULのロゴが付いており、購入者はKAIULUでの買い物だと誤認するでしょう。

1301楽天4

他のサイトを乗っ取り誘導してなりすます手腕は高度ですが、全國という漢字が杜撰であり、実行犯は日本人では無いようです。また、余談も入りますが高級ブランド品の通販でありながら、メール便対応というものおかしいです。メール便はダイレクトメールのバラマキを前提としたもので、配達は外部委託のアルバイトが対応しており、信頼性は普通郵便よりも劣るものです。もともと商品を発送する体制にはないのでしょう。メールアドレスはフリーメールのhotmailらしい、店舗のロゴが低性能なスキャナーで取り込んでノイズが乗っているなど、他にも突っ込み所があります。

ここで、注文をしてしまいました。クレジットカード支払いには対応していないようで、銀行振込を使用しました。名義は中国人らしい個人名でした。

クレジットカードは、支払いと引き落としには時間的猶予があり、カード会社という仲介者があるため、支払いを差し止める事が可能です。また、万能ではありませんが、カード扱いには店舗側にもある程度の信用調査があります。銀行振込は、他人口座が売買されており、振り込むと即座にATMで現金を回収する出し子が動くように、ノーチェックでお金が瞬時に渡り、帰ってくる事はありません。そもそも、銀行振込はそれだけ利用者にとってハイリスクです。

やむをえず銀行振込を使用する場合は、指定された口座番号の名義を確認。非表示だったり個人名の時はほぼ詐欺ですので、買い物は諦めましょう。より慎重に対応するには、口座番号をGoogle検索する手があります。

詐欺サイトに乗っ取られたブランドリサイクルショップのKAIULの場合では【振込先】三菱東京UFJ銀行京都支店 普通 3209678 カ)カイウルと口座番号と名義が開示されています。ショップの名前が名義です。

ここでGoogle検索で【三菱東京UFJ銀行京都支店 普通 3209678】を検索します。

1301楽天5

営業実績があり口座を店舗が適切に使用しているならば、名義のカイウル(KAIUL)通りの店舗に関わるリンクが検索できます。もしも売買された詐欺口座ならば、基本的に使い捨てであり、店舗情報を一致して検索される事はありません。振り込む前に口座番号を検索が鉄則です。

最後に楽天は日本国内でAmazonと首位を争うネット通販の大手です。しかし、基本的に楽天はIT音痴の杜撰な技術力であり、サイトの乗っ取りなどのセキュリティリスクは相対的に高いでしょう。楽天のIT音痴の一例。
更にトップの三木谷浩史社長が、ユーザーの立場を軽視あるいは愚弄する経営が目立ち、楽天koboのシステムトラブルや偽装表示、楽天市場の二重価格や偽装工作など、もともと信頼に値しないものです。

楽天koboの偽装工作の一例
楽天二重価格と三木谷社長の虚偽弁解

最後に差別的表現も含みますが、詐欺師は人を騙して稼ぐ生業です。効率よく稼ぐには騙す対象を厳選する必要があります。

980円のみかんや680円のフルーツグラノーラなどは、詐欺の舞台となる可能性は低い。高級ブランド品は高額であり、詐欺師にとっては魅力的な商材となります。そればかりか、詐欺サイトで取り上げられるブランド品は、いわゆるB層(知力が開発途上)が多く、騙しやすい消費者に人気があるという事情もあるようです。
スポンサーサイト
 
Comment
 
警察行けよw
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。