[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014
01/08
パソコンを駆逐する意外な刺客
新OS搭載PCの販売実績はWindows 7の3分の1以下に留まる。日本市場でのパソコン(PC)の販売が不振です。特に最新のWindws8/8.1への切り替えが進んでいません。

世界市場においても、台数ベースではPCに比べてタブレットの伸びが上回っています。OS別では、携帯電話も含まれていますが、AndroidのシェアがWindwsを大幅に上回り、PCからモバイルへと市場の変化が観測されています。

PC市場の伸び悩みの要因は、オフィスアプリに続く新しいアプリケーション(用途)が生まれないことでしょう。

cap01-024.jpg

最新のWindows8.1が新天地を切り開くのではなく、iPadやAndroidのタブレットの後追いに見える事からも、革新できないPCの苦境を感じ得ません。目立った新機能や生産性の向上は無く、必然性が無いのに操作方法を大幅に改変したMicrosoft® Office 2013‎が不評で、企業や家庭の現場ではMicrosoft® Office 2003/2007の方が人気を集めているのも、進歩できないPCの苦難を示しています。2007年は初代iPhoneが発売された年であり、この成功を模倣したAndroidスマートフォンは2008年に始めて市場に投入されました。近年に格段に進歩したスマートフォン、タブレットと変わらない・変われないPCとの格差は深刻です。

動画配信、音楽配信、電子書籍、ゲーム、SNS、メッセージといったエンターテイメント、コミュニケーション用途の主戦場はスマートフォンとタブレットです。パソコンはMicrosoft® Officeマシンとなっており、家庭に一台あれば十分、あるいは一台もいらない。一人に一台タブレットやスマートフォンを持つように市場は変化しています。

Microsoft® Officeなどの仕事用、ディベロッパー(開発)用途では、PCの地位は不動です。個人ユースでも、このようなブログの執筆、本格的なウェブでの調べものやブラウズ、Amazonなどの商取引やネットトレーディングでは、大きな画面が安定的に固定されキーボードが付いたPCのメリットが大きくなります。

エンターテイメント、コミュニケーション、モバイル、斬新かつ取っ付きやすい多彩なアプリケーションでは、タブレットに強みがあり、仕事用とウェブブラウザの操作性ではPC。強みが違い市場を住み分けるというのが、日本国内市場の認識になるでしょう。

残念ながら日本国内は、公式販売はされていませんが、米国市場ではPCを牙城を崩す、もう一つの刺客が急速に市場を拡大しています。

Chromebookです。

02_m.jpg

見た目は薄型ノートPCそのものですが、WindowsではなくGoogleのChrome OSというOSを搭載しています。ChromeはPCやMacやタブレットにも導入できるウェブブラウザとして有名ですが、ブラウザを中心とした用途に特化したOSになります。

タブレットに比べると、画面タッチを前提とした多彩なアプリケーションやゲームのラインナップには乏しい。PCに比べると、Office互換アプリはありますが、純正のMicrosoft® Officeは対応していない。

しかし、パソコン状の形状であり、家庭のブラウザ中心の使用についてはPCと同等の使い勝手を実現しています。それでいて、価格は279USDなどとiPadシリーズやPCの価格帯を下回り、入手しやすくなっています。また、PCはその拡張性汎用性ゆえの欠点として、起動が重い、誤動作が多い、システムのクラッシュやウィルスなどに備えるメンテナンスの煩雑さなどがあります。Chrome OSはブラウザなどに機能を絞った軽いOSであり、基本的にはネットに接続しておくと自動的に最新の状態にアップグレードされ、メンテナンスにOSの知識を要求する事はありません。

例に挙げた東芝の機種の場合では、低価格ノートPCに搭載されるATOMよりも処理性能の高いCPUが搭載され、OSが軽く、読み込みの高速なSSD(ハードディスクではなくフラッシュメモリを使用したディスク)を搭載しており、低価格ながら快適な使用が期待できます。

ブラウザやオフィス互換アプリを使うだけならば必要十分。タブレットとは異なりPCの用途と直接競合するため、米国においては、PCの市場の浸食が始まっています。

導入に当たっての最大の弱点は、日本では発売予定が無い事です。もしも発売されたら、地滑りが起きるかもしれません。
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。