[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
11/12
半年後の1万円よりも、今の100円。 クレジットヒストリーの維持にもつながるお得な寄付の話
阪神大震災の教訓をふまえて、311でも実施した寄付のポリシーは半年後の義援金よりも、今、活動する募金を

フィリピンの台風災害は、インフラの伴わない途上国の災害であり、一秒一刻の遅れが致命的になります。そこで求められるのは、募金(資金)の規模よりも、すぐに活動に活かせる生きたお金でしょう。

今回も選んだボランティア団体は

1112ワールドビジョン
ワールドビジョンです。

子供の支援に重点を置いた団体で、台風災害以前からフィリピンのレイテ島などでの活動実績があり、上のニュースのように一部支援活動は実施されています。すぐに支援に入れる体制は、時間を買う意味で大きなメリットになります。

更に支援活動には、少しでも多くの団体やきめ細かく当たれるように、赤十字や国連系だけではなく、民間の中小組織に目を向ける事も重要だと思います。

ここで、マネー系のブログらしく、お得で使える情報を。
実際に過去に行われたワールド・ビジョンの支援者説明イベントで質問したのですが、募金の送金には多くの団体で利用している銀行振込よりも、クレジットカードの方がありがたいそうです。カードは送金側にとっては有利ですが、着金側は手数料がかかって不利ではないかと、懸念していました。しかし、ワールド・ビジョンのような中小組織にとっては、経理事務決済事務に関わる人員が不十分のため、事務が省力化できるカード送金はありがたいそうです。

思い立ったらすぐに送れて、送金手数料がかからないカードを使いましょう

更に便利なアイディアを

スポーツクラブや同窓会などの会員証やキャッシュカードと一体になっていて、使えなくなると大変困るが、メインカードではなく仕舞い込まれているクレジットカードがあるかと思います。

上限金利が下げられて、カード事業の収益性が低下して、誰にでもカードをばらまくのではなく、カード会社が消費者を選択する時代になっています。使わずに仕舞い込んだカードは、使用期限を迎えても更新されずに無効になってしまう恐れがあります。

外出時に仕舞い込まれたカードを使うのは、忘れてしまいがちですが、インターネットで寄付のために決済するなら、ホコリをかぶったカードを今、取り出すだけで済みます。

同じ寄付をするならば、便利でお得な方法があります。

スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。