[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
01/25
専門誌や専門家が目を瞑る スマホ選びの意外な一点
携帯ショップや家電量販店に大量陳列されているスマートフォン。
どれを選んだらよいか、困ります。スマホについて、分からない事だらけ、初心者は
迷わずにiPhone一択で良いでしょう。理由は、同一機種が普及しており、使い方が
分からなくなっても、身の回りの誰かにすぐ聞けるからです。

今回は、これとは別の視点でスマホ選びのヒントを提供します。
実用性で大差があるが、専門家も見逃していました。それは、画面の下部にある
ボタンです。


独立ボタン

①押下感のあるボタンを実装。写真はGalaxyですが、iPhoneもこれに相当します。
iPhone4はこのボタンが壊れやすい欠陥がありました。壊れるほど押す頻度が高いのが
このボタンで、AndroidでもiPhoneでも現在使用中のアプリを終了したり、他のアプリ
に切り替える機能などが割り振られています。


フレーム一体

②画面下に押下感のないタッチパネル状のボタンを配置。滑りやすい素材をタッチするので、
操作感が劣り、指が疲れやすくなります。手触りでボタンを確認できず、ボタンが複数ある
Androidでは押し間違えの原因にもなります。


画面一体

③ディスプレイの下部がボタンに割り振られている。 AQUOS PHONE ZETAなど、
現在売れ筋のAndroidスマホなど採用例が増加しています。②と同様の操作感の悪さ
があります。更に1280x720で4.7インチなど、ディスプレイのスペックは、スマホ
選びの条件の一つですが、そのディスプレイがボタンに占有されるので、実質的に
狭くなります。更に困った点があります。省電力のために画面が消灯するとボタンが
押せなくなります。更にはアプリがフリーズして画面が固まってしまうと、アプリを
終了するボタンも固まってしまい、復帰ができなくなる困った状況になります。

実際に私がAQUOS PHONE ZETAを試用中にアプリが固まってしまい、操作ができなく
なりました。




操作性を重視するなら、できるだけ①を選びたいものです。最新・人気機種に③が
多いのは、悩ましいものです。

スマートフォンの世界シェアの一位と二位のGalaxyとiPhoneは、どちらも①の押下感の
あるボタンを装備しています。これは偶然では無いかもしれません。

スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。