[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
10/09
市民の生活を脅かす、ペンの暴力団
社会の木鐸の役目を拒否して、社会悪で市民を脅かす存在となっている日本のマスメディア。表題の通り、ペンの暴力団というのが残念ながら妥当な評価だと言えます。

報道の自由と知る権利の公使は、マスコミが特権的地位を貪る「シノギ」でしかなく、身内の不祥事や犯罪は、報道を拒否して事実を隠蔽する。このような事件が立続けに起きています。

マスコミの不正はマスコミは隠蔽するという現実を踏まえて、今回のニュースメディアは付記が無い場合は、ネットメディアのJ-CASTニュースを引用しています。

放送中、女子アナの尻に手伸ばし… みのもんた「生セクハラ」?茶の間に流れる 2013/8/30

みのもんた「ラジオ復帰」で怪気炎 親の責任論一蹴し「おかしいね日本は」

知名度の非常に高いワイドショーの司会者が、番組放送中にセクハラ(性的暴力行為)を行い、これが放送される前代未聞の事件です。これに対して後述の息子の窃盗事件と合わせて、責任を認めるどころか、世間を非難して、現役復帰を目論んでいます。TBS側は正式な謝罪をせず、懲戒などの処分を行っていません。この事件の被害者は、性的暴行をされた女性だけではなく、不快な犯罪現場を見せつけられた視聴者と、モラルハザードと無罪放免の処置による治安の悪化とイメージの悪化の影響を受ける全ての日本人です。

みのもんた次男(日本テレビ正社員)を再逮捕 会社員男性のバッグ盗んだ疑い

窃盗容疑のみのもんた次男、日テレを諭旨解雇処分

日本テレビの正社員が窃盗を行った事件も、世襲やコネでテレビ局の正社員の地位が特権階級化しているのも、前代未聞です。更には窃盗で逮捕されても、諭旨解雇という日本テレビの処分の甘さ。諭旨解雇とは、雇用者(あるいは上司)が自己退職を諭して退職する。強制的に解雇する懲戒解雇とは異なり、書類上は自己都合退職となり、退職金などの特典は残される。懲罰で辞めろではなく、辞めて下さいませ、はい辞めますという、大甘な対応です。

そして、これらの事件で共通しているのは、ワイドショーの看板が二世に渡って、暴力や犯罪を犯すという、下世話な事件報道が大好きなワイドショーが喰い付く事件でありながら、テレビのワイドショーの取り扱いは小さくなっています。身内の不祥事は、国民の知る権利を冒涜して隠すのが、ペンの暴力団です。

ネットメディアのJ-CASTでは上記リンクの通り、「諭旨退職処分」と正確な報道をしています。その一方で毎日新聞の報道は.......

1009毎日

ニュースの本文では「諭旨解雇」とありますが、見出しでは「日テレ解雇」とあり、J-CASTのニュースに比べて、雇用者の日本テレビは厳格な処分を行った、まるで懲戒解雇をしたような、印象操作をしています。

Googleニュース検索で検索語を「みのもんた」とすると

J-CAST、日刊サイゾーなど、ネットメディアや週刊誌、スポーツ新聞などによる報道が目立ち、大手メディアの報道は冷淡である事がわかります。テレビと新聞は社会的影響力と取材力と倫理性の高い立派なメディアだというのは、全くの幻想であり、真実はその逆に近いのかもしれません。


そして、このブログでも散り上げている、日本人に対して明確な悪意を持つメディアの朝日新聞社でも不祥事が発生しています。

1009朝日

朝日新聞社から出向中の週間朝日の編集長が懲戒解雇されるという、またしても前代未聞のニュース。しかし....

就業規則違反の内容については「関係者のプライバシーにかかわるため、公表は差し控えます。

と、国民の知る権利よりも大切な社内の不祥事の隠蔽のために、懲戒解雇に至った事実経緯の報道を拒否しています。

1009ハシシタ

週間朝日については、橋下徹氏の出自が同和関係者であり、かつて差別されて橋の下での生活を余儀なくされた過去にちなんだ賎称である「ハシシタ」を大きな表題で報道する問題行為を行っています。
これは、差別を拡大・固定化させるヘイトスピーチそのものであり、氏の政治的課題とは無関係であるプライベートを土足で踏み入る人道を外した悪事です。

報道の自由や国民の知る権利は無条件に公使されるものではなく、差別や偏見を助長したり、報道価値の高くないプライバシーを暴くのは、許されるものではありません。

朝日新聞の本紙については、アルジェリアテロ被害者の日本人の生命のためにも被害者の遺族や日本政府への配慮や取り決めを無視して、実名報道に拘った一方で、在日朝鮮人の犯罪関与を隠蔽して日本人に罪をなすりつけるために偽名報道をするなど、報道の自由をねじ曲げる悪事を働いています。

ペンの暴力団の朝日新聞は、身内の犯罪を隠蔽するため、報道拒否を貫いています。このような社会悪の権化を報道機関として信頼するのは、そもそもの過ちでしょう。

ネットメディアはこのように報道しています。

週刊朝日編集長が立場を悪用したセクハラ? 会社から懲戒解雇される前代未聞の事態に 2013/10/ 9 06:09
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。