[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
01/22
SAMSUNGとドコモの蜜月の変調
2012年8月の携帯販売ランキング

2012年8月の日本国内の全キャリア合算の携帯端末販売ランキングでは、iPhone5の発売前の端境期
でありますが、iPhoneをかわしてdocomoのSAMSUNGのGALAXY S IIIが首位になっています。
docomoのユーザーニーズよりも自社の販売戦略を優先する施策のため、iPhoneが発売できないが
Android端末のGALAXY S IIIが販売首位となり、反撃の緒となった殊勲端末と言えるでしょう。

docomoの販売店に出向くと、まず店員に薦められるのはSAMSUNGのGALAXYで、人によっては
ごり押しだと感じるほどでした。

SAMSUNGのGALAXYシリーズは、現在の累計販売台数はiPhoneシリーズをしのぐ、世界最大シェア
のスマートフォンであり、iPhoneなきdocomoにとっては、欠かせない主力商品になっています。

世界で最も売れているiPhoneとGALAXYが、携帯キャリアの戦略によって買えたり買えなかったり
するのは、日本独自の愚かな戦略です。本来はどの携帯キャリアでも端末を選ぶ権利は消費者に
あり、AppleとSAMSUNGのシェア争いは携帯キャリアではなく、消費者に委ねるべきでしょう。

このdocomoとSAMSUNGの蜜月の関係に変調が見えてきました。

携帯販売ランキング(1月7日~1月13日)
こちらの最新の携帯販売ランキングにおいては、ランキング首位はシャープのAQUOS PHONE ZETA
であり、SAMSUNGのGALAXY S III α は10位と、退潮ぶりが目立ちます。

docomoのスマートフォン2013年春モデル
こちらは、docomoのニュースリリースによる、最新端末の発表です。
国産各社と韓国のLG、中国のファーウェイの端末が並ぶ中で、SAMSUNGのGALAXYシリーズの
ラインナップが無くなっています。

GALAXYシリーズの最新作のGALAXY S4のニュースリリースが、docomoの春モデル発表に
間に合わなかったとも考えられますが、タブレットモデルでグローバルで発売・発表済である
GALAXY NOTE 10.1 GALAXY CAMERAなど、最新作が国内で発売されないケースが目立って
きています。

上記の春モデルの特徴は、docomoのコンテンツ販売マーケット(dビデオなど)や独自機能
(mottvなど)、独自の通信方式の拡張(Xiの112.5Mbpsなど)への対応をうたっており、
端末メーカーの独自性よりも、docomoの下請けメーカーとしての忠誠度を要求したものと
なっています。独自のブランド力と競争力を持つ、SAMSUNGが「下請け」として、軍門に
下るのをよしとしなかったとも考えられます。

別のシナリオとしては、技術や意匠の盗作を巡って、係争関係にあるAppleとSAMSUNG
ですが、docomoへのiPhone導入の条件に、SAMSUNG外しを条件にしている.....
docomoでのiPhone発売の地ならしという可能性もあります。

最悪のシナリオは、AppleにもSAMSUNGのフラれたdocomoは、世界シェアの一位と二位の
スマホが買えない。世界で売れてるスマホがdocomoでは買えない、統制社会
日本民主主義人民共和国でしょう。

スポンサーサイト
 
Comment
素晴らしいスマホは、中高年には不要 
日本国民は、iphone.iphoneとマスコミに踊らされているような気がする。その理由は、確かにiphoneいいスマホであるが、国産メーカーも時間さえあれば必ずiphoneよりいい機種を開発出来はずと思うから。その意味からすれば、iphoneもギャラクシーもドコモには要らない。筆者が言われる統制社会も不可解な論評である。又、世界一位、二位であろうが、日本社会には外国製は水と油である。
ドコモは、そもそも国策会社がルーツ。したがって、国内メーカーを育てる義務が有る。説明するまでもなく、ドコモの親会社はnttである。そのnttの大株主は、日本政府。当然、ドコモはアップルやサムスンを扱うべきではない立場である。特に、ツートップのようなメーカー差別は問題である。その意味からすれば、ドコモは独占禁止法にも抵触する虞がある。
今後、パナソニックやnecから巨額の損害賠償訴訟が起きる可能性が大。そうならないよう、ドコモ経営陣は、基本は国内市場であることを良く理解していただきたいと思う。そして、ドコモの優良ユーザーは中高年である。世界最高のスマホは必要ないのが現実。新規ユーザー獲得より、10年以上の顧客がドコモには重要なのである。
Re: 素晴らしいスマホは、中高年には不要 
貴重なご意見をありがとうございます。

現在私は携帯電話としては、ドコモの二つ折りのガラケーを使用しており、iPhoneはモバイルルーターで接続してデータ通信専用機として使っています。

携帯電話の選択はユーザーのまかせるべきであり、ガラケー、iPhone、Android、その他から、用途に見合ったケータイを選ぶのが本来の姿だと思います。しかし、ドコモが押しているのは、Androidの特定機種のみです。ガラケーは冷遇され、iPhoneは選ぶ事さえできません。

携帯キャリアはインフラ提供業であり、電波という道路を提供しています。ドコモ道路を走るのは、セダンだけ。軽自動車とミニバンとトラックは通行禁止。セダンもトヨタのカローラと現代のソナタは割引させるが、他は高く売りつける。このような姿はとても正常な市場だとは思えません。

ドコモは15年超のユーザーですが、ドコモプレミアクラブの改悪など、長期継続利用者への扱いは冷たくなるばかりです。
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。