[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
09/17
ビジネスランチの味方、ファミレスで健康を買う?
サラリーマン&投資家人生を突き進む私の基本ポリシーは以下の通りです。

貧困とは時間を売ってお金を得る
豊かさとはお金を払って時間を買う

現在の老夫婦を想定して、世帯収入が年金で15万円。3000万円の投資資産を持ち、5%の利回りで年間150万円の配当収入を得ているとします。海外旅行も含めた、文化的な生活には必要十分な収入です。

60歳から90歳でポックリ亡くなるまで、介護の必要が無い人生。
60歳から寝たきりで70歳で亡くなる。

金銭的には同等でも、30年間収入を自由に使える人生か、医療費に消えて死ぬのを待つだけか。豊かさは全く異なります。投資でお金を増やす以上に重要なのは、限られた時間をいかに増やすかです。

時間を売ってお金を得る行為で多いのは、長時間過密労働のブラック企業勤務、そして健康の基本である食生活を損ねる過度の節約ランチでしょう。前者は自身の努力や行動だけでの改善は難しいですが、後者はある程度はコントロール可能です。

菓子パン二つと缶コーヒで300円。牛丼並で280円。ランチ代の節約の代償で、健康的に過ごせる時間を切り捨てている結果になります。

「ランチは外」が、クリエイティブな人の条件―ドイツ研究
日本国内の事例研究ではありませんが、デスクにこもって昼食を済ませるよりも、外食した方が仕事のパフォーマンスが上がるという可能性もあります。ただし、時間をかけてランチができるのは、勤務環境の良い企業に努めている、ランチの時間がコントロールできる身分、だから仕事の能率が高いという関連性もあるでしょう。

しかし、単純に考えて、食生活の意味でも、産業衛生上でも休み時間を与えて気分転換する方が、仕事の能率は上がり、これは仕事上の成功と金銭的成功につながると考えて良いでしょう。

今朝の私のランチはこの写真の通りです。

917ココス1
917ココス2

スープとオプションのドリンクバーを除いたカロリーが355kcal。しかし、リゾットにはチーズが載り具材に肉もあり、ダイエット食品というひもじさは感じませんでした。通常の食事の満足感でいながら、カロリーは意外と低いものです。

ファミリーレストランのココスでドリンクバー込みで903円でした。

同じく、私が好んで利用するランチはジョナサンの日替わりヘルシー和膳です。

917ジョナサン


オプションのドリンクバー込みで1000円ですが、これもまた普通の食事のボリューム感を味わいつつ、カロリーは意外と低くなります。

上記の菓子パンの例では、種類によりますが一個あたり300〜1000kcalほどあり、ファミレスの健康メニューよりも高カロリー。それでいて、満足感と満腹感はありません。

1000円前後の同程度の予算で外食する場合、一般的なビジネスマンランチは、トンカツ定食、海鮮丼、カレーライスといったものが典型的で、カロリーはやはり1000kcal以上はあるでしょう。

全てのケースではありませんが、一部のファミレスでは低カロリーメニューを研究しており、ひもじさを感じさせずに低カロリー、野菜や魚介類などバランスが良いという特徴があります。

このようなヘルシーメニューでは丸の内タニタ食堂が先駆者であり知名度もあります。カロリーや塩分の制限はファミレスよりも厳格ではありますが、メニューの写真を見た限りでは、糖尿病食や病院食のような、健康のためにガマンしている感は否定できないでしょう。そして、店舗は限られています。

どこにもあるファミレスで、満腹・満足感をガマンしないヘルシーメニューは、現在のところブームとはなっていませんが、非常に魅力があり競争力のある外食サービスだと思います。


毎日の節約ランチの平均予算が300円。月間20食で6000円。
ヘルシーランチ(ドリンク無し)が800円。月間20食で16000円。

一ヶ月のコストは10000円増加になります。考え方は様々ですが、私はこのコストは、時間を買う代価として見合っているとしています。

スポンサーサイト
 
Comment
ランチにお金をかけるのも悪くはないですね 
いつも、鋭い論説をありがとうございます。

>今朝の私のランチ
ランチなのに今朝とはこれいかに(笑)。11時台に食べたランチということでしょうね。

そういえば、ジャンクフードで昼食を済ませている人が多い
ですね。デスクの上でカップめんで済ませている人もいます。
さて、1000円というのは高い気もしますが、これだけのメニューなら、よし、としなければならないでしょうね。
社内食堂だと、500円前後でありますが、すごく混雑しますし。

時間を買うというのは、自宅で食物繊維などを調理する手間も省くことにもなるかなと思います。
Re: ランチにお金をかけるのも悪くはないですね 
貴重な指摘をありがとうございます。

当日は仕事の時間帯がズレていたので、朝食とランチを一緒にとりました。
ドリンクバー込みの価格で1000円前後ですが、食事のみでしたら800円前後となります。苦労とガマン知らずのダイエット食だと考えれば、決して高くは無いと思います。

自宅で繊維質の高い良質な食事を料理して食べるのが、お金と健康を同時に獲得できます。これを創作活動に通じる趣味や楽しみとして実感できるならば、何よりだと思います。

残念ながら、私は調理よりも投資や情報分析に喜びを感じるので、お金で買ってしまう立場になります。
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。