[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
09/13
資本主義を否定する日本民主主義人民共和国 ドコモのiPhoneの価格がカオスに
世界シェア一位のサムスン電子のスマホはドコモでしか使えない。二位のiPhoneはどこもだけ使えない。お得意様をポッタクり、他社乗り換え(MNP)だけを優遇する歪んだ価格競争。これまで取り上げた通り、日本の携帯電話市場は消費者の自由が奪わ統制されています。

待望のドコモからのiPhoneの解禁のニュースがあり、統制市場は開放されつつあると期待に胸を膨らましている方も多いでしょう。

iPhone5s/cの価格については、こちらで考察しています。

ここで、三社のMNP優遇の乱売は沈静化して、実質値上げされる。特にドコモはボッタクリ価格でユーザーを迎えると予想をしていました。残念な事に悪い予想ほど的中してしまいます。

料金プランについては、各社から発表され始めていますが、ドコモも含めて概ね三社横並び。新製品という事で、MNPの乱売も終了しており、少しでも安くiPhoneを使うには、現行のiPhone5の在庫が払底する前に、MNP本体一括無料の条件でiPhone5を手に入れましょう。

毎月の使用料金ではなく、割引適応前の本体一括価格を日米で比較してみます。

米国価格(携帯会社への契約なしで本体のみで購入可能 SIMフリー)
iPhone 5s (16G)649ドル (32G)749ドル (64G)849ドル
iPhone 5c (16G)549ドル (32G)649ドル
iPhone 5 (16G)649ドル (32G)749ドル (64G)849ドル ※旧製品で米国では販売終了

日本国内においては、割引適応前の本体一括で購入しても、SIMロックです。ドコモも含めて、SIMロックの解除はできない仕様です。

auとSoftBankはほぼ価格が横並びであるため、小異を捨てて大同を取り、auのiPhone5sの価格を取り上げます。

913auiPhone.png

本体一括価格はMNP、新規、機種変更問わず、米国価格との価格差は小さくなっています。米国価格では、5sと5cの価格差と、記憶容量が1ランク上がる価格差は、共に99 ドルであり、日本においてはほぼ一万円の価格差がついています。1ドル=104円換算となっています。

ただし、米国においてはSIMフリー。日本においてはSIMロックかつ二年縛りを前提とした価格で、加入なしでの購入はできません。このあたりは、まだまだ統制社会です。

資本主義を否定してカオスとなっているドコモの価格を見てみましょう。

913ドコモiPhone

本来は記憶容量が1ランク上がる度に1万円ほど高くなるはずだが、一括購入額は95760円で横並び。上記のauの価格と比較して、記憶容量が少ない準に、27720円、17640円、7560円も割高です。ボッタクリなだけでなく、記憶容量で差があるのに価格は同じという、資本主義を無視した統制価格となっています。

まさに、カオスの日本民主主義人民共和国です。

このタネ明かしは、月々サポートという割引額を大きく見せるための二重価格です。割引前の価格はドコモの16GBモデルが最も割高となりますが、月々サポートという割引額が他社他モデルよりも最も高い、毎月3990円となりますので、割引後の支払額は概ね三社横並びとなります。

値引き額を大きく見せるために、一括販売価格を上乗せする。これは典型的な二重価格です。公正取引委員会は全く仕事をしていません。

生きにくい日本民主主義人民共和国です。







スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。