[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
09/11
iPhone5s/c 価格の秘密
2013.9.11 ケータイWatch 米アップル、「iPhone 5s」「iPhone 5c」発表
AppleのiPhone5s/cの発表が行われましたが、i WatchなどiPhone以外の機器の発表というサプライズは無く、iPhoneの仕様の概ね事前のリーク通りです。

911iphone-5c-colors.jpg


仕様の考察については、今回はおいておいて、価格の秘密に探ってみます。まずは、米国での販売価格を見てみます。以下の価格は携帯会社に契約をしないSIMフリーモデルの本体価格になります。


iPhone 5s (16G)649ドル (32G)749ドル (64G)849ドル
iPhone 5c (16G)549ドル (32G)649ドル
iPhone 5 (16G)649ドル (32G)749ドル (64G)849ドル ※旧製品で米国では販売終了

値付けは驚くほど単純です。
廉価版の5cから高級機の5sへアップグレードするには+100ドル
メモリーが16G→32G→64Gとワンランクアップする度に+100ドル
5sの価格は旧機種の5と同一で値上げはしていない。

最低価格の5c(16G)から最高価格の5s(64G)の価格差は300ドル。
5c(32)と5s(16G)の価格は649ドルと並ぶ事にも注目です。

廉価版とされるiPhone5cですが、高級機のiPhone5sとの価格差は僅かに100ドルしかありません。
内部構造は旧機種の5とほぼ同一で、ボディをアルミニウム薄型から樹脂厚型へとダウングレードしたにも関わらず、価格差が小さい。これは5cは利幅の大きいボッタクリ価格だと考えられます。

5cと5sの価格差は200ドルが適正だと考えられます。本格的に価格を下げて、新興国に普及されるならば、300ドルの価格差も現実的でしょう。(349ドルから)

現在のドル円のレートは1ドル=100円です。
日本での本体一括価格はいくらであるか、消費者の厳しい監視が求められます。特にドコモについては、今年の春夏モデルでは、見かけ上の値引きを大きくする二重価格の疑惑があり、その価格戦略が注目されます。


同じ価格の考察ですが、ドコモ参入前の前モデルのiPhone5では、他社への乗り換えでは本体価格が0円と乱売を行っていました。


iPhone5s/cではドコモも参入して、三つ巴の争いとなります。果たして、他社乗り換え(MNP)での価格競争はどう変化するのか、予想してみます。

まずは、現在のiPhone5は最新機種発売直前のモデル末期であり、在庫処分の値引き販売であり、最新機種の5s/cが発売されたら、今の価格が維持される事はないでしょう。最新機種なりの価格になります。

iPhone5cの購入を狙っている人は、内部性能はほぼ同一のiPhone5を他社乗り換えで購入した方が、大幅に割安になると思われます。

三つ巴の争いになり、競争が激化して価格が下がるという考え方もありますが、私はむしろ競争は低調になり、価格が上がる方向にあるのではと予想しています。

これまではドコモが競争力の高いiPhoneを持たずに、他社乗り換えではドコモが一方的に加入者が流出して、それをiPhoneを持つSoftBankとauが分け合う構造でした。これは、SoftBankとauは、他社乗り換えを優遇する乱売を行う事で、確実にドコモから加入者を奪える見返りがありました。

しかし、ドコモでもiPhoneを扱うようになると、他社乗り換えの競争をしても、同一条件での奪い合いの競争となり、見返りなき消耗戦になります。

また、ドコモはiPhoneの廉価販売には乗り気ではない可能性があります。先に取り上げたドコモの二重価格問題では、他社への流出があってもiPhoneを売らないばかりか、Androidのスマートフォンも他社よりも数万円ほど割高に販売していた実績があります。これは、目先の加入者の流出には目をつぶり、利益率の確保、ボッタクリ価格の維持を狙っていたと思われます。

大関暁夫氏ブログ 2013年01月18日 15:31状況一転!ドコモがiPhoneを扱う条件
こちらのブログで平易に解説していますが、Appleは携帯キャリアに端末販売のiPhoneの占めるシェアに関わるノルマを課しています。ドコモは二重価格でAndroidを他社よりも高い価格で販売していたり、dモードやnottvなどユーザーを囲い込むコンテンツ商売で、iPhoneよりもAndroidの方が高い利益を期待できます。iPhoneのシェアを上げたいAppleと、儲けの大きいAndroidのシェアを維持したいドコモ側の利害の衝突がありました。これ故にドコモがiPhoneの販売を渋っていました。

この事情から、iPhoneをユーザーに魅力的な価格を提示して、拡販する動機は薄いと考えられます。

ドコモがiPhoneを殿様価格で販売して、auとSoftBankはこれ幸いだと、これまでよりは値下げ攻勢を渋る可能性があります。

こんな予想は外れるにこした事はないですが、日本の携帯会社はユーザーの利便を考えた価格戦略をとったのは皆無であり、できる事ならばもっとボッタクリたいと考えているでしょう。
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。