[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
08/18
さよならTIZEN ニュースを裏読みしてみると
ドコモのスマホ、冬は「スリートップ」? サムスン「ギャラクシーS4」外れる可能性も

参照するニュースはこちらで、ドコモが今年の冬商戦で新発売されるスマートフォンのうち、プロモーションを集中して、販売助成金を優遇するメーカーを、ソニー、富士通、シャープの三社にして、サムスンは外れる公算が大きくなったという記事です。

ドコモのツートップ戦略の欺瞞。昨年の売り上げ実績では、国内の富士通、シャープよりも売り上げ実績が下位であり、サムスンを外して排除された富士通とシャープを取り上げる判断は、市場の要請に基づいており、妥当であると考えられます。

しかし、この報道には箝口令が敷かれているのか不明ですが、大事な視点か抜けています。
今年の秋冬にはサムスンと共同開発して発売すると大風呂敷を拡げていた......

Tizenスマートフォンの消息が不明です。

ドコモ、Tizen搭載端末を下期に発売へ

サムスンと共同開発をしており、2013年の下期に発売する見込みであった、TizeんというAndroidでもiPhoneでもない、第三のスマホに関するコメントが欠落しています。
新機軸のOSを搭載したスマホであり、市場に認知させるには立ち上げ時からツートップなりスリートップなどで、販促対象として盛り上げるべきでしょう。

サムスンの端末がスリートップの対象外なのは、今年の冬商戦にTizenスマホの発売は無いという、隠れたメッセージがあるようです。

Tizenは発売されずにお蔵入りする観測が高まっていました。そもそもTizen発売の意図はAndroidに依存するとGoogleの支配下でドコモによる囲い込み商法が不可能になる懸念がありそのヘッジとして、第三のOSを開発するものでした。その後に今年の夏の新商品のAndroid4.2搭載端末でも、その懸念は喜憂となり、Tizenスマホ発売の意義が低下しています。

また、技術的な素養も処理が非常に重たく、開発が遅延している観測があり、開発が頓挫する可能性が指摘できます。

Tizen Associationのチェアマンで、ドコモの取締役、永田清人氏の異動(地域支社への降格?)もあり、この人事もドコモ肝いりで開発していたTizenのお蔵入りを示唆するものとなっています。

サムスンと共同開発をしていたものであり、開発費や人的リソースを割いていたが、発売中止となれば、ドコモやサムスンにとっての損失につながります。この減損処理が、両者でどのような分担で行われるかは、不明です。この処理にあたって、ドコモとサムスンの関係性や冷却化して、これがツートップ戦略でのGalaxy S4の売り上げ不振の不満と重なり、サムスン外しになるという可能性もでてきました。

既にドコモのツートップ戦略の失敗とサムスンのGalaxy S4の不振が各種ニュースで伝えられていますが、そのなかでも、独特の視野を持って報道している記事があります。

Xperiaの半分しか売れなかったGALAXY――ツートップの差はなぜ開いたのか? Business Media 誠 Business Media 誠

『販売現場に近いドコモ関係者からは、「サムスンをツートップに入れたのは失敗だった」という声も少なからず聞こえてくる。』という文脈に、筆者の行間を読んで欲しいという、裏のメッセージがあるように思えます。

私が過去に指摘した通りに、販売実績ではソニー、富士通、シャープがドコモのスマートフォンの売り上げに貢献しており、サムスンを持ち上げだ動機は不明瞭。そして、上のニュースの指摘の通り、価格面、ブランド力、防水非対応やハイスペック指向が日本の消費者の指向に見合っていなかったとの分析があります。

「販売現場に近いドコモ関係者」は事前にこれの失敗を指摘しているとあるが、言い換えると販売現場から遠い、ドコモの幹部はこれに気がついていなかった。販売戦略としては失敗が予想されていたが、ハニートラップなど説明不可能な不透明な理由で、サムスンのGalaxyをゴリ押ししていた疑惑があります。

また、サムスンのGalaxy S4はハイエンド機種であり、販売価格を十分に下げられなかったとの指摘がありますが、私独自の考察では必ずしも正しいとは限らないようです。

悪人たちの携帯会社 ドコモ、二重価格の疑惑

こちらの価格調査においては、ツートップ対象のハイエンド機種のGalaxy S4の割引前の販売価格は、8万3160円。仕様や部材コストはこれ以上である富士通のARROWS NXは7万4760円。ツートップ対象でGalaxy S4の二倍売れたソニーのXperia Aは7万8120円。

ハイエンド仕様でありながら、中堅機種のXperia Aよりも安価であった、富士通のARROWS NXをツートップに持ち上げて、割引前では価格競争力の無いサムスンのGalaxy S4を外した方が、合理的でしょう。消費者にGalaxy S4よりも安価に提供でき、ドコモの加入者増加の貢献したでしょう。

TizenとGalaxy S4という、サムスンゴリ押し戦略の二つの失敗に対して
販売現場から遠いドコモ関係者はどのように責任を取るでしょうか?

前線の兵や下士官は勇猛・優秀であるが、大本営は無能であった。
ここでも敗戦の教訓は活かされていないようです。
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。