[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
08/04
朝鮮半島に栄光あれ!日本と台湾を貶めろ! インターネットでも情報操作と洗脳が行われています。
日本人を貶めて、韓国や中国の反日政策に加勢するのが、朝日新聞を始めとした左派マスコミの
情報操作であり、本ブログでも幾度も実例を挙げて、危険を警告しています。

この情報操作は、インターネットでも行われている、非常に危険な状況にあります。

Yahoo!やGoogleのような検索サイトでは、サジェスチョン機能を使って、検索語を簡単に
入力する事があります。

ひでんと

例えば、Googleでひらがなで、「ひでんと」まで入力すると「非伝統的金融政策」という、少々ややこしい検索語を入力する事ができます。

このサジェスト機能には思わぬ罠が潜んでいます。

けんかんを入力して、サジェスト機能を発動させると

Googleけんかん

Googleでは「嫌韓」「嫌韓流」といった、検索語が候補として現れます。

Yahooけんかん

Yahoo!では嫌韓ではなく、謙韓、謙韓ブログといった、実在しない故意に漢字を誤用した検索語が表示されます。韓国にへりくだるから謙韓?
たしかに、反日メディアと同じく、Yahoo!は韓国に不都合な検索語は隠蔽して、韓国に対してへりくだっているようです。

嫌韓を謙韓と捏造して、韓国に配慮する謙韓が横行しています。

他にも情報操作が行われています。
Yahoo!でもGoogleでも同様の結果であったため、Googleの例だけを示します。

「かんこくじん」と入力して、サジェスト機能を発動すると?

Google韓国人

韓国人と併記して検索する候補が現れます。

「ちょうせんじん」では?
Google朝鮮人

サジェスト機能は発動しません。よほどネガティブな言葉が入力されているのでしょうか?

大人の方々は使用する機会は無いでしょうが、小学生と小学校の教育現場で利用される、キッズgooという検索サービスがあります。アダルト、麻薬、爆発物、バイナリーオプション(?)といった子供にとっては、有害な情報をフィルタリングする為に、教育現場ではこのようなサービスは必要でしょう。

キッズgoo スタートページ

日本人を骨抜きにして、学習効果を奪ったり、自虐的歴史観や朝鮮半島万歳という思想を植え付けるには、学校現場で児童を洗脳するのが効果的です。

極左、主体思想、へと洗脳する日教組
日本人を骨抜きにするゆとり教育

日教組の教員が児童を洗脳する道具として仕組まれた罠がキッズgooの正体でしょう。

キッズ竹島

「竹島」を検索すると、李承晩大統領の軍事侵略により韓国に侵略された島根県の竹島ではなく、蒲郡市の竹島がおすすめサイトとして、筆頭に検索されます。

キッズ独島

「独島」で検索すると、韓国の島、独島が筆頭に検索されます。まさにブラックジョークです。児童を洗脳する日教組の教師にとっては、日本は憎みべき敵国であり、日本人は韓国人や朝鮮人の支配を受け入れろという、思想に合致したものになっています。

キッズ朝鮮

「朝鮮」では、文部省の学習要項を遵守せず、金日成の肖像画を掲げ主体思想と反日独裁政権を指示する、朝鮮学校へのリンクがおすすめされています。さらには金日成・金正日主義研究会事務局による朝鮮民主主義人民共和国を正しく知るためにという、日教組の関連組織でもある北朝鮮の現体制を擁護支援するサイトがおすすめサイトにされています。

まさに、日教組が児童を洗脳したい意図がミエミエです。非常に危険です。

キッズ朝鮮人

「朝鮮人」を検索すると、情報は見つかりませんでした、と非情にも情報隠蔽です。

キッズ台湾

「台湾」を検索すると、「タイワン」と片仮名で表記されます。「朝鮮」は「朝鮮」なのに。
湾の漢字が難しいならば、「台わん」「たいわん」という表記もあるでしょう。
「タイワン」としているのは、中国の立場を重んじて、格下だと貶める意図があるのでしょう。


このように、ネットでも情報操作は行われており、とかく教育現場では危険です。
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。