[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
01/17
プラチナの復権と米政府の奇策
プラチナカード
これは、アメックスのプラチナカードのサンプル。プラチナはゴールドよりもワンランク上のステイタス
との認識があります。

ドル建て金プラチナチャート

しかし、プラチナ価格は2009年後半のリーマン危機以降、急落してその後に値を戻して
いますが、2011年以降ゴールドとプラチナの価格が逆転しています。プラチナの
ステイタスは観念的なものとなりました。

円建て金プラチナ価格

こちらは円建てとなりますが、本年に入ってからプラチナ価格がゴールドを逆転して、
名誉を奪還した形となります。

クレジットカードを代表として、日本人の価値観ではプラチナの方が上級だという
認識がありますが、世界基準での両者の価格決定の仕組みは異なっています。

ゴールド 宝飾品 無国籍通貨(財産)工業製品 
プラチナ 工業製品 宝飾品

インゴット

難しい理屈をおいておいて、右側のゴールドのインゴットは神々しい輝きで、所有欲をくすぐる財産
の風格です。一方で左のプラチナは、鉄工所で拾った金属片にしか見えません。

ゴールドは、円やドルやユーロのような通貨(お金)の代替物としての価値が一般に認められており、
これらの通貨が財政危機や経済危機で信頼を失っている時に、ゴールドの通貨としての価値が注目
されています。プラチナは自動車の排気を浄化する触媒を始め、工業原料としての用途が主体で
あり、リーマン危機以降の世界同時不況により工業製品の需要が低迷して、価格が低迷していました。

ユーロ危機の沈静化(一時的?)や米国経済の復調など、世界の景気の回復期待、そしてプラチナ
鉱山特有の事情
プラチナ鉱山の不都合な現実

これらの事情で、プラチナ価格は復調傾向にあります。

実は、これら「日経新聞」的な事情とは別に、実はもっと決定的な材料がありました。

プラチナ価格上昇の材料

財務省による紙幣や金貨の発行は法的規制下にありますが、プラチナ貨は規制外であり、
任意の額面で発行ができるとあります。実際に一兆ドルのプラチナ貨が発行されて、
政府支出の決済に使われると、ドルの増刷によるドルの信任の急落のリスクがあり、
机上の空論で終わる観測です。

しかし、ここで工業原料でしかなかったプラチナが、通貨の代用物、財産として注目
されるきっかけとなり、プラチナの価値が見直されるかもしれません。


スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。