[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
07/09
緊急速報 米ボーイングは重力制御システムを実用化していた
709GoogleUFO.png

重力制御(システム)とは、空飛ぶ円盤の飛行原理ともされており、人工で重力を発生したり、制御をして、
宇宙船を浮上させたり、加速減速を思うままに制御したり、人工で重力を発生して長期間の宇宙旅行を実現
する夢の技術です。正確な定義ではありませんが、反重力もこの範疇です。

0709SDF.jpg

現在はこのようなSF作品の中にのみ存在しており、夢物語に過ぎません。

しかし、独自の情報網を展開している筆者は、意外な事実をつかみました。

重力制御システムは既に開発されている
少なくともボーイングの旅客機の一部では採用されている


その驚愕の事実を知るきっかけとなったのは、ボーイング777の事故に関わるニュースです。

2013.7.8 中央日報 <アシアナ機着陸失敗>着陸時の速度速かった…操縦ミスか、機体欠陥か

名称未設定 3

「機体で欠陥を起こす部分はエンジン、重力制御システム、航法装置、ランディングギア、尾翼が挙げられる。」
と事故を起したボーイング777に重力制御システムが採用されていると報道しています。


2013.7.8毎日新聞 中央日報よりも一歩踏み込んで事故の原因は機体の欠陥だと指摘しています。
709毎日

2013.7.8朝日新聞 ロイター伝をそのまま報道して、パイロットの操縦ミスの可能性を指摘
709朝日アシアナ

2013.7.8の報道でも情報は錯綜しており、事故の事実確認や原因究明は釈然としません。
やはり、重要な情報を隠しているのでは?という疑惑があります。
パイロットと管制官の通信記録が残されていますが、管制官の交信記録が報道されているが、
パイロットは聞き取れないなどと、交信内容が隠蔽されています。
何か、都合の悪い現実を隠しているのでしょうか?

これは、ボーイングの最新鋭機の787のトラブルについての報道も同様であり、フランスの
タレス社が担当したバッテリシステムの不調が暫定的な原因とされ、改修をされたとして
いますが、現在もトラブルは続いており、原因究明と改善は不十分であると言えるでしょう。


ここで、考えられるのが中央日報の報道で明らかにされた、重力制御システムの存在です。
この不調が今回の墜落の原因でしょうか?
アシアナの社長が事故当日7日にパイロットはベテランだと太鼓判を押していたが、翌日に降って湧いたような報道でこれが覆されます。

米国とボーイングが秘密裏に重力制御システムを開発し、これを旅客機に採用している。
燃費向上の実益もあるでしょうが、米軍の空飛ぶ円盤やSDF-1マクロス要塞艦開発のテストベッド
にしている。この予期せぬ不調や暴走が、今回の事故や787型機の多発するトラブルの真相では?
と推察できます。


というのは、全くのデタラメです。ごめんなさい。
重力制御システムは中央日報の誤報です。おそらく「高揚力装置」の誤訳・誤報でしょう。

この背景となっているのは、ハングルの技術用語を中心とした同音異義語の多さです。
以下にその一例を記します。

童貞 同情   同志 冬至   史記 詐欺
紳士 神社   郵政 友情   首相 受賞
火傷 画像   市長 市場   風速 風俗
映画 栄華   戦死 戦士   歩道 報道
犬喰 見識   日傘 量産   数値 羞恥
お腹 お船   烈火 劣化   主義 注意
読者 独自   団扇 負債   停電 停戦
大使 台詞   諸国 帝国   諸島 制度
声明 姓名   無力 武力   全員 田園
定木 定規   全力 電力   代弁 大便
捕鯨 包茎   地図 指導   課長 誇張
対局 大国   発光 発狂   放火 防火
初代 招待   朝鮮 造船   駅舎 歴史
反戦 反転   反日 半日   武士 無事
電車 戦車   連覇 連敗   恨国 韓国
祈願 起源   定額 精液   素数 小数

709翻訳ハングル

韓国での数学の授業は頭を痛めそうです。
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。