[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
07/03
シンガポール在住トレーダー、「米ドル」買い!のビッグディール!
703タイトル

“事故物件”美元、新恋人は外国籍のお金持ち!? 42万円ドレスと新居探し

単なる芸能ゴシップ記事ですが、ここでも報道民主主義人民共和国の統制下のメディアの裏読みが
要求されます。「外国籍」は在日韓国・朝鮮人を意味します。シンガポール人、中国人、シンガポール
在住の韓国人ならば、「シンガポール人」「外国人」の表記となるでしょう。外国人と言わずに、
外国籍だと報道するのは、国籍が特定されていますが、大人の事情で報道が統制されています。

「外国籍」の新恋人は大金持ちのトレーダーです。金融の大海原の成功者なのでしょう。

美元(みうぉん)の本名は芦澤 裕子氏であり、芸名です。
美元公式サイトで公表しているように、韓国系の日本人です。

美元の英語表記が「miwon」。そして、韓国通でなくても元=won=通貨呼称であるのは常識です。

美元とは中国語表記では米ドルです。
A1856_I1.jpg

芸名で美元、つまり米ドルと命名するのは、カネカネキンコ、なかなか大胆な判断です。

「2人はミッキーマウスTシャツのペアルック(一着2万8,000円!!)で銀座に繰り出した。ドルチェ&
ガッバーナに寄り、高級ジュエリー店で指輪を買ったと見られ、さらにイタリアブランド店では純白の
42万円のドレスを試着――。」

と報道されているように、お相手はお金持ち。やはり、お金に興味があるようです。

金融の世界で長生きするトレーダーの資質は、適切な損切りです。
リーマン危機の引き金を引いた、かつてのリーマンブラザーズの最高経営責任者のリチャード・ファルド氏
の最後の仕事は、沈み行く会社から従業員や取引先を救うのではなく、自身が保有する自社株の売却でした。

美元のかつての夫は俳優の高嶋政伸氏であり、お金を要求する強欲ぶりと、離婚闘争の泥沼化は、
ワイドショーのネタとなっていました。

2012.11.27産経ニュース 離婚成立に高嶋政伸「お騒がせして心苦しく」 美元「この事件にピリオドを打ち…」
デヴィ夫人(Dewi Sukarno氏)の美元騒動に関わるブログ

外国籍のトレーダーもこのディールでは「損切り」は困難を極めそうです。
「米ドル買い」のディールは、果たしてどのような結果をもたらすのか?


P.S.

世界の大富豪ランキングで上位常連、そして不滅不朽の偉大な株式投資家としても高名な
ウォーレンバフェット氏の保有資産を半減させる方法が二つあります。
氏の資産は、米国株を中心に投資をする世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイ
の持株です。

①米国で大規模な核テロを引き起こす

※全人類に対する敵対行為であり、絶対にやってはいけません

②ハニーとラップで不倫騒動を引き起こし、離婚騒動で財産分与を画策する

※これも人の道を外す行為ですが、①に比べるとだいぶ平和的です。
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。