[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
06/30
惨敗の海外分散投資と戦況比較
2013.6の月間運用成績は−8.2%。
下落の要因は、日銀金融緩和拡大ゼロ解答、米国金融緩和縮小観測、中国のシャドーバンキング懸念
これらを代表とした悪材料が、アベノミクスと世界的リスクオン期待による、株高に水を指した、形
となりました。


過去一ヶ月の私の運用成績と、ベンチマーク(比較対象)の比較で、振り返ってみる事にしました。

ベンチマークはいずれも円建てとなります。為替変動を加味した円建てでの比較となります。


①東証株価指数【TOPIX】
日本株の株価指数で、東証一部上場株の全銘柄の時価総額加重平均です。
②MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信【1550】
 日本を除く、先進国、新興国、フロンティア国の株価指数の各市場の時価総額による加重平均から
計算される指数を元にした、上場投信。指数には新興国等も含まれるが、加重平均となるために
先進国主体の日本を除く世界の株式全体の成績を示すものとなります。
③上場インデックスファンド海外新興国株式【1681】
中国、台湾、韓国、ブラジルなど新興国各市場の加重平均から計算される株価指数を元にした、
  上場投信。新興国の株式全体の成績を示す。
④セゾンバンガード・グローバルバランスファンド【96311073】
日本株、世界株、日本債券、世界債券への国際インデックス分散投資をするオーソドックスな投信
 時間的・費用的コストを押さえた、国際分散投資であり、私が他者へ推奨する運用手段。
 私の裁量による運用との成績の比較にも利用しています。
⑤グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)【1131197C】
 日本国内での純資産残高ナンバーワン、日本人に最も買われている投資信託。
 私の投資の基礎理論は日本人損させ仮説であり、日本人に人気の投資対象は運用成績が見劣り
 するという仮説があります。
 実際の運用も疑問符がつくものとなっています。


過去一ヶ月  私の運用は−8.2%

630過去一ヶ月

日本株、セゾンバンガード、グローバルソブリン、私の運用、世界株、新興国株の順番となります。
外国株投資には厳しい局面であったのが、このチャートで一目瞭然です。
世界同時株安の中で、日本株の成績が相対的に優れている事に注目です。

余談となりますが、今月の相場の下落でアベノミクスを批判する、民主党や朝日新聞やNHKが
ありますが、世界の株価と相対比較をすべきです。
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。