[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
06/05
サウジの王子の豪遊浪費の原資は日本人の生活困窮。日本が取れる対応は?
651.png

サウジアラビアの王族の豪遊が典型例ですが、産油国は巨額のオイルマネーで我が世の春を謳歌して
います。彼らの支払いの原資が、資源輸入国日本への請求書です。原発事故後の電力危機と天然ガスの
輸入の急増による、貿易収支の赤字拡大と電力価格の高騰が我々の生活苦をもたらしているのは、
周知の通りです。

この状況を逆転できるのか?
日本企業が主役となって打開策はあります!

火力発電の効率化とその輸出

ガソリン代を節約するために、ガソリンを全く消費しない電気自動車や燃料電池車に乗り換える方法
があります。しかし、価格が高い、走行距離が短い、まだ実用化されていないなど、あまり現実的で
はありません。現在主流となっているのは、燃費効率の高いガソリン車への乗り換えです。300万円
前後で買えるハイブリッドカーや100万円前後の低燃費軽自動車です。

これと同じ様に、発電量が不安定・少ない・高コストの太陽光発電よりも、火力発電所の設備の更新
による効率化の方が現実的です。

資源エネルギー庁の報告書 火力発電の現状と効率化について

非常に分かりやすい具体例はこちらの通りです。
652.png

震災後の電力危機で緊急的に設置した従来型のLNG火力発電所に、高効率の「コンバインドサイクル」方式
に改装する事で、天然ガスの消費量は変えずに、発電量が約100万KWから約150万kWへと、およそ50万kW
向上します。これは、燃費の良いエコカーへの乗り換えに相当します。

653.png

写真の川崎浮島のメガソーラーの最大発電能力は7メガワット(0.7万kW)で日本国内で稼働中の太陽光
発電施設で最大クラスのものです。上記の千葉火力の例では1系統の発電所(ガスタービン3基)の更新
で50万kWの電力が新たなLNGの消費増加無しで生み出されましたが、これは、川崎浮島のメガソーラー
70基以上に相当します。実際は天候まかせのソーラーと、計画的に定常発電できる火力を単純比較は
できません。

膨大な敷地の新規取得と、農地や里山の自然破壊が懸念される太陽光発電と、既存の施設の更新で
新規の用地取得が不用な火力発電。果たして、どちらがエコでしょうか?

LNG発電と並んで火力発電の主力は石炭火力です。私は民主党政権は日本を貶め苦しめ、競合する韓国と
中国に利便を計る、自国困窮化政権という疑念を持っています。その一例が、民主党政権による石炭火力
への妨害策です。

石炭火力発電所、推進にゴーサイン 原発再稼働で投資が無駄になるリスク

石炭火力の最大のメリットは1kWあたり約5円であり、LNGの13円、石油の16円より優位にあります。
LNGのロシアや豪州や北米と合わせて、石炭も資源調達先の多様化と中東依存の低減でリスク分散の
優位性もあります。
※太陽光発電の固定価格買取制度では42円。消費者の負担となります。

燃料コストが安い事から、日本以外の諸外国では石炭火力が発電の主力となっています。
欠点は、CO2の排出量と各種環境汚染です。

この欠点があるからこそ、できる打開策は日本にはあります。

電源開発株式会社 石炭火力発電所の効率化等でCO2の削減

石炭火力発電所の発電効率の向上、環境汚染の削減、排出CO2の回収やリサイクル。この三本柱で
世界最先端にあるのが、日本企業です。民主党の火力発電妨害策で、日本企業は宝の持ち腐れで、
事業の頓挫の危機にありました。

現状では日本以外の世界の火力発電の主力となっているのは、非効率高公害の在来型火力発電であり、
これらを日本企業や輸出するか、技術支援で参与すると、全世界でCO2の削減に大きく貢献すること
ができます。
【仮に日本のベストプラクティス(最高水準性能)を排出の多い米国、中国、インドに適用した場合には、
日本のCO2総排出量より多い約13.5億t-CO2の削減効果があると試算されています。】

高効率低公害の日本のLNG火力、石炭火力の国内設備更新と世界への輸出は、世界中での化石燃料消費の
激減、特に中東へのエネルギー依存打開に貢献します。

アラブの放蕩王子も、心を入れ替えてディズニーランドのキャストとして働くようになるかもしれません。



P.S

日中関係で非常に残念に思うのは、中国のエネルギー獲得戦略の一貫で南沙・西沙・尖閣諸島などへの
侵略と衝突です。中東からのシーレーン防衛で、海軍力の強化も周辺国との危機を生んでいます。

南洋侵略で獲得できる天然ガスと、日中が手を携えて節約できる化石燃料。中国においては、
火力発電の効率の二倍化(消費量の半減)も絵空事ではありません。

どちらが、得であるかは言うまでもありません。

中東の王子がディズニーランドに履歴書を送るハメにはなりますが........
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。