[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
01/12
カロンビーチ紹介
撮影日2012.1 天候は薄曇り、前日は雨天の条件

現地の地図


カロンビーチ1
カロンビーチ2
カロンビーチ3
カロンビーチ4

ロシア系、北欧系の西洋人の観光客が大半。落ち着いた雰囲気で、ハイシーズンの年始という
混雑期でもビーチはゆったりしていました。幅も奥行きも十分。物売りも少なくリラックス。
波は乾期ならば、海水浴には十分。雨期はサーフィンが楽しめるそうです。

透明な海水

日差しが指すと、透明で眩しい印象です。沖縄やピーピー島の離島ほどではありませんが、
近隣のカタビーチ、パトンビーチよりは美しさが残っています。
海中は砂地で、岩や珊瑚片などは少なく、泳ぎやすいビーチです。

鳴き砂

カタビーチ名物の鳴き砂。砂の白さも、近隣のビーチよりも良く、南国リゾート気分を盛り上げます。


プーケットに限らず、アジアビーチ共通の問題は環境汚染です。汚水はほぼ海に垂れ流しのようです。

航空写真

汚水の流入箇所は一カ所で、写真の通りビーチに平行して走るどぶ川の河口があります。

汚水流入
汚水流入

海に流れ込むドブ川。ゴミも同時に流れ込み、濁って悪臭がします。
謎の巻貝が大量発生しています。これは自然の浄化作用でしょう。

幸いにもカロンビーチは、ホテルや飲食店の過密はなく、他のビーチよりは汚染の影響は緩和です。
しかし、開発規制の緩和されると、汚染が拡大する懸念があります。
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。