[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016
01/17
ホームレス投資家への道に大激変が。
過去に個人的に推奨していた武蔵野興業株式会社。
9635武蔵野興行株式会社、株価、企業概要

この企業の特異性は株主優待であり、5000株を保有すると運営する映画館武蔵野館の個人通用パス(入場し放題券)が貰えた。120円前後で価格が低迷していた時代に、60万円前後の出資で新宿東口で映画館の閉館まで暖かく涼しい館内で過ごせる。快適なホームレス生活を約束できる。ホームレス生活で意外と過酷なのは、街が眠りに入る深夜ではなく、昼間の時間の過ごし方です。また、夜間は漫画喫茶や24時間営業のファストフード店を利用する、セミ・ホームレスにとっても、昼間のシェルターは重要です。



しかし、購入・推奨した当時から武蔵野館は老朽化しており、閉館してこの優待が廃止される可能性があるのと、当面ホームレスになる予定がなかったので、200円超えの段階で早期に利益確定売りをしてしまい、まともに優待券を使えませんでした。株主優待券を粗末にするのは、カリスマ投資家の桐谷さんに叱られます。



売却した後は企業のウォッチは杜撰になってしまい、2015.8に武蔵野館の改装と株主優待制度の改定を発表していました。

株主優待制度の変更に関するお知らせ
『当社の株主優待制度対象映画館であります「新宿武蔵野館」は、同館が入館する「武蔵野ビル」の全館休業を伴う耐震補強工事施工のため、同工事期間中休館のやむなきに至りました(平成 28 年1月 29 日まで営業(予定)。平成 28
年 10 月より再開予定)。』

映画館の休業中は、ホームレスでも映画館を追い出されてしまいます。
営業再開後に、個人通用パスの株主優待が再開されるかは、現在のところ確証はありません。

現在は株価が再び下落しており、全世界厳しい市況に負けて、ホームレスリスクを自覚するなら、優待復活に期待をかけて、150円〜190円の目標株価で狙いを定めて、ホームレス投資家通用パスを目指しても良いでしょう。

スポンサーサイト
2016
01/08
情報収集力にはこれだけ格差がある
毎月500MBまで無料の神SIMが「デジモノステーション2月号」の付録に 12月25日

クリスマスプレゼントのような報道です。
何と!毎月500Mbytesの利用なら、完全に無料!太っ腹です。毎月5Gbytes使うと1600円と有料ですが、リーズナブルな価格であり、何と通常3240円必要な通信サービス(この場合はMVNO)の初期費用が無料で、620円の雑誌購入費だけで済みますので、メインのモバイル回線としての利用にもお得です。

しかし、このようなお得な情報は情報感度の高い人が狙っている。私はこの報道の後の12月26日に買いに行きましたが、近所の書店やコンビニでは売り切れでした。Amazonや楽天など通販でも品切れ。

Amazonでの中古は売っている。これは........何と付録のSIM抜きです。
1601デジモノ1

付録のSIM付きでは620円の定価を大きく超える転売ヤーが跋扈しています。瞬間蒸発はこいつらのせいです。
1601デジモノ2

しかし、私は12月29日の夜に定価で無事にゲットしました。
IMG_2004.jpg

羽田空港国際線ターミナルの出国ゲートを抜けた後の免税店には、潤沢な在庫がありました。写真の通り私はこの一冊だけを取り出して購入しました。転売ヤーになるのは嫌。そして、家族名義で複数契約して10契約で5Gbytes無料にするのは、良心が許しません。

転売ヤーの機動力はさすがに、羽田空港の出国ゲートを抜ける事まではできませんでした。
即日で瞬間蒸発させるのが転売ヤーの情報力と機動力です。この世界の情報戦はこのような強者と繰り広げられています。

このSIMをどう使うか。
私は無事に設定を済ませて、開通しています。注意点はSIMがiPhoneにそのまま使えるnanoSIMなので、多くのAndroidスマホに採用されるミニSIMスロットで使うには、サイズを変更する下駄が必要です。便利なのかお節介なのか、Amazonではデジモノステーションの関連商品で、この下駄がサジェストされています。

【Amazon限定】Lucky ゴールドカラー nano SIM変換アダプター4点セット Gold color(標準 マイクロ Nano)

私は海外渡航専用のシムフリースマホとして活用しているNexus5に導入しました。主用途はメインスマホのiPhone6のサブとして、kindleと楽天kobo専用にします。安価に売られているSIMスロット付きAndroidタブレットを購入して導入しても良いでしょう。電子書籍専用端末として活用します。電子書籍はデータ通信量が月に500Mbytesあれば十分ですし、電子ペーパー搭載の専用機やPCで購入したストアの本との同期で、ネット接続も必要です。

このほか、スマホの利用時間と使用頻度が高く、バッテリーの消費が長くメインスマホとは別にしたい。また、プレイや集中したく専用機にしたいと、スマホゲーム専用とするのにも向くでしょう。

またメイン回線が通信制限になった時に、最大1600円を支払い5Gbytesの通信容量をオプションで購入できるのも、リーズナブルでしょう。毎月の維持費は0円で、メイン回線の不通などのバックアップ回線として、手続き不要で利用できるのは、ネットトレーディングのバックアック回線となり、かなり有り難い。この場合はNexus5をテザリングの母機として、モバイルルーター代わりに活用します。

しかし、無料で使い続けるには、500Mbytesの制限を守らないといけません。
その場合は、アンドロイドではスマホ側の操作で簡単に通信量に警告とリミットをかける事ができます。

モバイルデータ通信の使用量(1ヶ月単位)を確認したり、使用を制限することができます。

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。