[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015
11/13
イカサマ・インデックス
1511m1.png

『フーン』という一声でスルー。あるいは、ホシザキやオービックなどの新規採用銘柄を『すごい』と称賛するだけの反応で終わるかもしれません。しかし、株価チャートで分析すると面白い景色が見えてきます。チャートは株式投資家専用のオモチャではありません。


1511m2.png
ヤフーファイナンスの制限で5銘柄までの比較チャートとなり、シャープ<6753>のチャートは割愛してあります。
指数に新規採用された、ホシザキ電機<6465>、オービック<4684>、綜合警備保障<2331>は過去1年で50%前後や100%を超える大幅の上げになっている一方で、価格が低迷あるいは50%程度の下落を見せるコロプラ<3668>、イビデン<4062>は指数から除外される。


1511m3.png
本打ちの除外銘柄のシャープ<6753>を入れて、他の除外銘柄のコロプラ<3668>、イビデン<4062>を割愛。シャープも50%前後の下落となっています。


このように後付けで、業績と株価が低迷している銘柄を外して、株価が好調の銘柄を加える。株価指数は常に新陳代謝してお化粧直しをしています。
スポンサーサイト
2015
11/09
日本人はカモネギ 日本人損させ仮説の最新データで再検証
2013.2の本ブログエントリーで、新興国投資でブラジルレアルとインドネシアルピアへの投資を警告して、隠れた新興国の勝ち組通貨のフィリピンペソへの投資を推奨していました。

カモネギとは何かと言うと、日本人向けに投資信託を大量販売しているものです。私が提唱している日本人損させ仮説では、カモネギへの投資は損をするというものです。

カモネギの実例。投資情報サービスのモーニングスターでは、日本国内で販売されている投資信託の検索をする事ができます。

カモネギの代表格『ブラジルレアル』で検索すると出るは出るはの137件。もちろん、これらは買ってはいけない。
1511カモ1

カモネギの『インドネシアルピア』では20件。
1511カモ2

勝ち組の『フィリピンペソ』は0件。勝ち組は日本人に売りません。
1511カモ3


その後のカモネギ通貨(BRLブラジルレアル、IDRインドネシアルピア)、勝ち組通貨(PHPフィリピンペソ)、参考まで私の持分が最も多い通貨(THBタイバーツ)の相対チャートを見てみます。

USD(米ドル)に対する相対的な為替であり、チャートが上に立ち上がるほど、通貨安になります。2013年のブログの投稿後の過去2年。より長期の過去5年。二つのチャートで観測します。

過去2年チャート
1511カモ4

過去5年チャート
1511カモ5


これは、カモネギは米ドルに対して通貨安。特にブラジルレアルは過去2年で米ドルに対してマイナス79.13%と悲惨の一言。勝ち組だと評価したフィリピンペソはマイナス8.99%と健闘しています。

カモネギ警報は的中。
難しいマクロ分析も良いですが、面倒な方は日本人損させ仮説だけでも十分でしょう。

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。