[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015
07/31
NewPicksの有料会員を脱退しました。もっと自由な経済紙に。
NewsPicks公式サイト
私がヘビーユーザーとなっていた、NewsPicks(NP)。オリジナル記事が読める、一部の提携ニュースサイトの有料記事が読めるといった付加価値がありましたが、7月31日の更新期限を持って、有料会員を脱退しました。

これまでは、今ほどオリジナル記事の充実はなく、当時の1500円は正直高いという印象があったのですが、提携するメディアに還元する仕組みもあり、無料で読む人が増えて枯れつつあるメディアを支援する意味もあり、課金していました。

しかし、以下の抗議の意味があり、有料会員の契約を解除しました。

①個人攻撃の問題。

1507NP1.png

これよりももっとひどいケースがありますが、個人が名指しで攻撃されており、攻撃された方の名誉を守るために割愛。ネットコミュニティであり、個人 vs 個人の対立や攻撃は想定内。NP特有の問題は、運営側から報酬を受けている公式アカウントに相当するプロピッカーが、一会員を攻撃している問題です。この問題について、運営側の善処はありません。

この他にも著名会員による一方的な侮蔑の繰り返しの事件があり、非常に見苦しく善処を求めたのですが、改善される事はありませんでした。それどころか、この会員間の対立をネタのNPが有料化員向けのオリジナルコンテンツを発表するという、神経を疑う対応までしています。これは、芸能人同士の確執をネタに視聴率を競うワイドショーもびっくりです。

②朝日新聞との癒着と左傾偏向

NPではニュースショーのヘッドライン、新聞の一面に相当する一「総合トップ」があります。最も注目度の高いニュースの一等地です。昨日にPCのブラウザでのUI(ユーザーインターフェイス)を変更して、以前よりもこの総合トップを強調するようになりました。

1507N2.png
これは、その一例で個人情報の氏名やコメントは削除する加工をしています。この取り上げ方が恣意的です。


1507n3.png

この記事はNPが公式にスポンサー契約をしているIBMとの提携記事。スポンサー表示もきちんとしてあります。
この記事は優勝者のKAISTのロボットの機構まで詳しく解説した良記事が先にアップされたが。
https://newspicks.com/news/1002185/?dl=false

総合トップに乗せられたのは、朝日新聞の内容の薄い記事の方。
http://www.asahi.com/sp/articles/ASH6751YZH67ULBJ004.html?ref=newspicks

これはNPの公式スポンサーのIBMよりも、非公式スポンサー(?)の朝日新聞を優遇との、ガバナンスの疑いまで持ってしまう。

また、政党の支持率やマクロ統計などの、多数のメディアで導報しているニュースは、経済ニュースなら日経新聞やReutersなど専門メディア、政治など一般ニュースなら時事通信などストレートニュースが、ニュースの「角度」はユーザーが独自にコメントでつけるNPにはふさわしいでしょう。ここに朝日新聞の頻度が高く、朝日新聞の会員にならないとニュースが全文読めない(日経新聞も読めないが日経新聞だけの記事があり、NPの出自を理解すれば、経済紙を重用するのは理解できると思います。)。また内容が悪い、偏向している記事が多い。

防衛白書2015年度版、中国への警戒と批判強める「自らの主張を妥協なく実現」 The Huffington Post | 執筆者: Kosuke Takahashi メール 投稿日: 2015年07月21日 17時16分 JST

こちらが「神の手」が総合トップに上げた朝日新聞系のハフィントンポストの記事。防衛白書を中国側の立場だけで取り上げた政治的に偏った悪記事です。

防衛白書:中国、北朝鮮、国際テロ、日米同盟…詳報 毎日新聞 2015年07月21日 18時21分

導報された朝日新聞と政治的立場が近いリベラルの毎日新聞の記事。限られた文面で防衛白書の趣旨を広範に公平に報じている。防衛白書をテーマにするなら、どちらが中立的な良記事かは言うまでもありません。

会田誠さん作品に改変要請 美術館、子ども向け企画展で 丸山ひかり2015年7月25日12時56分

もちろん、議論は右も左も等しく大切。しかし、NPという本来は政治的に中立であるべきメディアが『神の手』により政治的に偏向するのは大きな問題です。

客観的判断で『展示内容の見直しを要請した』とあり、表現の自由の抑圧を要請されただけで、それはまだ行使されていない。百田尚樹作品の朗読会は中止になった事件があり、ニュースバリューはほぼ等価なのではないか?

片方はニュースにもならず、もう片方は『要請』だけで朝日新聞がニュースにして、それがNPの神の手が持ち上げる。どう見ても不公正です。

最重要の固有名詞である『会田誠』でGoogleニュース検索(検索語のため敬称略)すると、朝日系が報道するだけで、客観的なニュースバリューは高くはない。表現の自由の弾圧は問題であり傾聴すべきニュースの一つ。しかし、これをトップニュースとして取り上げるのは「もっと自由な経済紙を」という起業の精神とは大きくかけ離れているのでは。

https://news.google.com/news/story?ncl=dFGP2F-l16v_hfM0DwKkkmSXqrNFM&q=%E4%BC%9A%E7%94%B0%E8%AA%A0&lr=Japanese&hl=ja&sa=X&ved=0CB4QqgIwAGoVChMI8fiVz4T2xgIVxiumCh08UQ6y

これはあくまでも、一例でしかありません。
そして、このブログの頭に戻ります。プロピッカーの会員への侮蔑発言は、安全保障法案に賛成の意を持つ、保守的な考えを持つ著名会員に向けたものです。公平で自由な場であるべき、NPを運営側の公式会員であるプロピッカーが、保守的な会員を侮蔑して、それを放置する。また、運営側は実名での利用を推奨しています。私のように単なる1ユーザーなら、匿名でもどのような発言をしても原則は自由です。しかし、運営側の会員が匿名で政治的にかなり偏った発言をするのは、フェアではないでしょう。

現在の会費は1400円であり、オリジナル記事の充実もあり決して高い負担ではない。しかし、このような問題への抗議の意味で、有料会員を脱会しました。もっと自由な経済紙を。
ビューんの有償会員に復帰しましょう。
スポンサーサイト
2015
07/26
楽天オークションの黄昏
一時は本ブログのメインテーマにもなっていた楽天オークション

かつてはこちらのように10万円現金を額面以下で買うスキームという美味しい話もありました。
しかし、最近はほとんど楽天オークションを活用していません。日本の財政懸念に備えるため、円安による旅行難に備えるために、楽天オークションで外貨現金を平均的な夏のボーナス相当額くらいはタンス預金として備蓄しており、わざわざ今のレートで買うまでもないという事情もありますが。

使用頻度が減ったのは私の事情だけでなく、楽天側もオークションから力を抜き始めています。上記のスキームを実現する、美味しい値引きクーポンやポイント倍増などの特典が大幅に減っており、出品される品数も個人ユーザーを中心に減少している傾向もあります。

楽天オークションの黄昏。これを印象づける画像を紹介します。

1507オークション

楽天のサイトのホーム画面が変更されています。一番上にはダイレクトで飛べる楽天の各サービスのアイコンがありますが、ここから「楽天オークション」が消えています。私はこの画面を見て、楽天オークションは廃止されたと誤解するくらいでした。
画像の通りに「サービス一覧」のアイコンをクリックして、タグを開くと目立たない所に「楽天オークション」がありました。「お買い物」のジャンルの中で下から2段目であり、相当にやる気がなくなっています。
このようなUI(ユーザーインターフェイス)では、楽天オークションの利用者は減る一方です。残念です。10万円金貨や米ドルや香港ドル、そして価格のミスでの1円のスマホや101円のシェーバーなど、非常に役に立ったサービスなので。

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。