[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015
06/29
ギリシャのデフォルトとEU脱退とドラクマの復活があれば、替え歌は断筆か。
ギリシャ支援協議、再び物別れ デフォルト回避へ週末に最終折衝 2015年 06月 26日

このニュースに対する替え歌の返答は

1506ギリシャ2

機甲戦記ドラグナーOP(夢色チェイサー)

1506ギリシャ1

これは、前回の上海総合指数の高値からの急落を予見するほどのインパクトはなく、上記のニュースのようにギリシャのデフォルトが濃厚になった後で発表した替え歌です。ここで、替え歌の作風の解説ですが、経済・投資ネタ・ブラックジョークが前提となります。嘉門達夫氏との大きな違いは、素材の曲をできるだけいじならい。ここでは、ロボットアニメの主題歌の夢色チェイサーの本来の歌詞の世界を、全く意味の違うギリシャ問題にすげ替える意外性、素材選びが替え歌で最も重要になります。

決められた道をただ歩くよりも(EU内に留まるための財政再建策に従う)
選んだ自由で傷つく方がいい(国民投票を待ち、独立独歩を守りたい、例え経済危機に苦しんでも)
金だけは Frying Away Frying Away 渡せない(キャピタルフライトと銀行の取り付け騒ぎ)

本来の機甲戦記ドラグナーとは全く違い、現在のギリシャの置かれた状況の予見になっています。
この替え歌のタイトルも奇行戦記ドラクマー(Drakhma)であり、EUから脱退して自国通貨のDrakhmaの復活を予想しています。

ギリシャ、銀行営業を停止・資本規制へ-ECBの緊急融資増額見送りで 015 年 6 月 29 日

取り付け騒ぎは現実化しており、あとはデフォルトとEU撤退とDrakhmaの復活?
これが、現実化したら、これ以上の世界経済の破壊は許され無いので、替え歌は断筆するしかありません。
スポンサーサイト
2015
06/26
中国株バブルを崩壊させてしまったかもしれない
最近はコメント機能付きニュースキュレーションサービスのNewsPicks(以後NP)の利用にハマり過ぎて、ブログの更新が滞っていて、申し訳ありませんでした。
NP上のコメントで中国株バブル崩壊の予感と引き金を引いてしまったかもしれないので、この問題の補足の考察も含めて、ブログにまとめました。後出しジャンケンと言われないよう、NPのコメントとニュースのスクリーンショットを載せます。

中国株バブルとその崩壊を確信したニュースは?

1506中国1

このニュースのコメントは

1506中国2

スクリーンショットからはリンクに飛べないので、上海総合指数のチャートはこちらのリンクから。

ここで補足ですが、中国のGDPなどの統計は偽計だと言われています。しかし、上記のような貿易統計は、貿易には必ず相手が必要なので、ごまかしはできない信憑性の高いデータであると判断しています。
ニュースの本文では輸出の落ち込みを深刻に伝えていますが、より深刻なのは輸入の方です。前年同月比で−17.6%という数字の大きさと7ヶ月連続で前年同月比10%以上の落ち込みという数字は深刻です。輸入の落ち込みは消費の落ち込みだけではありません。中国のGDPに占める個人消費の割合は35〜40%と言われています。残りは国内の住宅建設や政府の公共投資や企業の設備投資、あるいは輸出です。そしてこれらには、天然資源や建設資材や生産設備や半導体チップや液晶パネルや自動車部品などの中間材の輸入が必要です。輸入の激減は実体経済を示すこれらの減少を示しています。

この実体経済の深刻な落ち込みとチャートで示した株高は全く一致しない。これがバブルです。

NPは良識的なサイトであり、にちゃんねるやYahoo!の株式掲示板のように、株価が上がる下がるの生臭い予想は相応しくない。といいつつも、風紀を乱しがちな良質ではないユーザーであるのを自覚しています。ブラックジョークに包んで、中国株バブル崩壊の決定的な行動をしました。

NPはコメントの他にニュースの本文をリンクして、利用者にシェアする機能があります。ここで、ニュースではなく、アニメの動画を貼るという暴挙に出ます。

Pick(リンクをシェア)した動画 サイボーグ009 誰がために

1506中国5


補足説明。この動画の冒頭部は
1506中国4
上海の街が倒壊する衝撃的な映像です。

この壊滅する映像に合わせて、バブルで渡る血の大河 夢見て走る死の相場 最後の買い場 誰がために戦うという、良識では書き込めないメッセージを残しました。時系列は2015.6.14です。


1506中国6

過去一ヶ月のチャートでは6月12日に5166ポイントの高値を付けており、13日と14日は休場日でありこの14日に替え歌の投稿をして、翌日に取引を再開した6月15日から上海総合指数は急落をしています。

このブログの投稿日である6月26日のニュースは以下の通り。モルガンスタンレーは株価が下落してからの、中国株の買え控えを忠告しています。私はこれに対して6月8日に懸念を表明して、急落直前のジャスト6月14日に売りと警告をしています。

1506中国7

一日の誤差もなく、完全なる予測。この時系列の完全一致は偶然です。
決して、この替え歌が映像のように相場にとどめを刺した訳ではないでしょう。たぶん。

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。