[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
11/28
期待リターン58.9%のアービトラージ運用か、時給7000円のアルバイトか 
耳寄りな話ですが、一体何かと言うと、クリスマスのプレゼント交換です。

プランタン銀座(女性向けデパート)のメルマガ読者の女性回答者443人による、クリスマスプレゼントに関するアンケートの回答です。

2013年度版 クリスマスアンケート調査結果

1128プランタン

単純計算になりますが、平均22902円のプレゼントを男性に贈り、受け取るプレゼントの期待金額の平均は36401円。クリスマスプレゼントの交換による期待リターンは58.9%となります。エビでタイを釣るような、ルイヴィトンのバッグやシャネルの小物を要求するような、バブル時代の過度の要求はなく、控えめなようにも見えます。

しかし.......

受け取りたい品目は、一位レストランの食事、二位ネックレス、三位指輪・その他のアクセサリー。レストランの食事は、二人の合計金額で1万〜2万円くらいと、平均値よりは低いと考察できます。ネックレスや指輪に関しては、調査対象が銀座プランタンのメルマガ読者であり、同店で販売されている商品が想定されるでしょう。ネックレスや指輪が平均の36401円で購入するのは困難でしょう。受け取りたい期待値の36401円は実態通りか過小評価の可能性もあります。

贈りたい品目は、一位洋服、二位手料理、三位マフラー、四位ネクタイ。手料理は材料費と光熱費と料理器具の減価償却を併せてもせいぜい2000円程度。マフラーは手編みが含まれ、材料費は1000円未満。ネクタイも含めて購入しても、1万円を上回る事はないでしょう。22902円という平均値は、実態に比べて過大である可能性があります。

数値で答えた期待リターン58.9%は、実態よりもかなり控えめに答えたのでしょう。

別の見方では、手料理や手編みのマフラーを22902円の平均値にふさわしいと評価しているのでしょう。原価を2000円相当だとすると、粗利は20902円。労働投入時間を三時間と想定。2000円の原価で3時間労働投入をすると、22902円まで増値する。時給換算で約7000円相当となります。

以上は、アンケートを定量的、金銭的な分析になります。


以下はプレゼント交換を定性的に評価してみます。

欲しいプレゼントは、「消えもの」である豪華な食事が一位。二位はアクセサリーの中ではネックレスで、指輪よりも上位となっています。これは、男性からのプレゼントは、恋愛や婚姻関係の拘束を望みたくない。

贈りたいプレゼントは対照的に、手料理や手編みのマフラーなどが上位に挙り、反対に拘束したい意図を感じます。女性の手料理は、男性にとっては時には最も危険な食品の一つになります。

金銭的な評価に戻ると、貰いたいプレゼントは消えものやネックレスなど、拘束を避けるものであり、複数の男性から貰う事を前提としている可能性があります。36401円を複数の男性から貰い、意中の男性に22902円を贈る。期待リターンは58.9%を大きく上回る可能性があります。




スポンサーサイト
2013
11/26
特定秘密保護法案 衆院本会議で採決 日本特有の問題で複雑化
特定秘密保護法案 全文

以下の各紙の報道の通り、特定秘密保護法案は衆議院で可決しました。可決したのは本日の2013.11.26の20時過ぎであり、右寄り(日本以外の世界標準では中道)の産経から左寄りの朝日、毎日も特定の論調は含まず、簡潔な事実の報道で終わっています。

1126産経


1126毎日


1126朝日


この法案は国会内のみならず、我々国民の間でも大きな議論を呼んでいます。

201311222109331122demo.jpg
1457640_217898085061196_1038832705_n.jpg


各種市民団体や左翼団体、日弁連や記者・報道機関関連の反対運動では、報道の自由、国民の知る権利の侵害、日本の軍国主義の再来、強行採決と評される強引な可決などが、問題となっています。

日本以外の多くの国では比較的単純な対立構造で説明できます。

情報公開を求める市民・報道関係者 VS 秘密を守りたい国家・政府


日本においては、この単純な対立構造では説明できない複雑な問題となっています。このため、私も法案可決の是非を説明できない状況です。

日本特有の問題は、中国、韓国、北朝鮮という日本に対して領土的野心を持つ安全保障上の懸念国が隣接しており、情報漏洩やスパイ行為などによる安全保障上のリスクへの対策、欧米中心の情報機関との情報共有化による安全保障の強化など、明確なメリットがあります。

複雑な問題は特定秘密保護法案に反対している、朝日新聞などの左派系メディアや市民団体の一部が、安全保障上の懸念国と通じており、反対意見や行動は日本を侵略したい貶めたい意図が含まれている疑念があります。

自衛隊をウォッチする市民の会など平和関係の市民団体が、安全保障上の懸念国の関連組織や企業と住所を共有している現実

朝日新聞が歴史を捏造し、他のメディアも問題提起した国会論議を封殺

中国の日本侵略を後ろから支援する沖縄メディア

秘密と利権を隠したい政府や軍部が敵となるだけでなく、後ろから我々を撃とうとしているメディアと市民団体も敵となり、単純に特定秘密保護法案に反対できない状況です。


また、法案の第二十一条では、報道の自由を担保するメディアへの配慮をうたっています。

第二十一条 

この法律の適用に当たっては、これを拡張して解釈して、国民の基本的人権を不当に侵害するようなことがあってはならず、国民の知る権利の保障に資する報道又は取材の自由に十分に配慮しなければならない。
2 出版又は報道の業務に従事する者の取材行為については、専ら公益を図る目的を有し、かつ、法令違反又は著しく不当な方法によるものと認められない限りは、これを正当な業務による行為とするものとする。


メディアは市民の敵にもなりうるという日本独自の残念な現実により、この条項にも疑念があります。「報道の業務に従事する者」が具体的に誰を指すのか?記者クラブに所属する大手メディアだけが相当して、週刊誌やフリージャーナリスト、一般市民は除外される可能性があります。これは、日本特有の報道利権と報道機関による報道の弾圧に法的根拠を与える危険があり、市民の敵となりうるメディアの危険を増強します。以下にこの懸念の裏付けとなる具体例を挙げてゆきます。

法案に反対する議論の一つに、原発報道の統制が強化される懸念があります。しかし、現実として報道を統制・情報操作・弾圧していたのは政府だけではなく、大手メディアです。

NHKアナウンサー堀潤さんがNHKのSPEEDI情報隠蔽を内部告発

「国会記者クラブは取材妨害するな」 フリーランスが仮処分申請

朝日新聞の怪しい報道の自由の行使

カジノ利権に群がるマスコミ


日本の報道とその規制について不可解なのは、朝日新聞の従軍慰安婦捏造やTBSの石原元都知事の発言を捏造
といったかなり悪質な報道を行っても、テレビや新聞など大手メディアは、司法の場で制裁は甘い。悪意のある報道機関は野放しにされている現状です。このTBSの捏造事件は刑事上では不起訴処分となりました。この一方で、その後の内部告発で事実だと証明された大相撲の八百長問題。正しい報道をした週刊現代は、民事訴訟で賠償責任を課されるという不可解な事件もあります。大手メディアは悪行が許され、週刊誌やフリージャーナリストは報道弾圧の危機に晒されているという、非常に危険な状況です。

特定秘密保護法案が、「報道の業務に従事する者」を線引きして、大手メディアによる報道の弾圧に法的根拠を与えてしまうリスクがあります。

政府もメディアも我々日本人にとっては危険です。この残酷な世の中の中で、我々がとりうる自衛手段は、このブログのテーマにもなっている、メディアリテラシーでしょう。政府、メディアによる報道の悪意を敏感に嗅ぎ取り、幅広い手段で情報を収集して自分の頭で考える姿勢です。


2013
11/22
iPhoneのSIMフリーモデルの国内販売 コストを比較してみます。
アップル、オンラインストアでSIMフリー版iPhone 5sとiPhone 5cを販売開始

日本民主主義人民共和国の統制下で、端末と通信契約の抱き合わせ販売が横行しており、購入したiPhoneはSIMロックにより契約した通信会社以外では使用できない不自由なものでした。どこの携帯会社とも自由にに契約できるSIMフリーのスマホが変えないのは、他には北朝鮮くらいかもしれません。

この統制を破り、AppleはSIMフリーのiPhoneの販売を開始しました。これにより、香港やタイなどの自由経済国へのSIMフリーiPhoneの買い出し難民は過去のものとなるでしょう。

ベルリンの壁ならぬ、SIMロックの壁崩壊の先駆けとなったのは、ハイエンドAndroidスマホNexus5のSIMフリー販売でしょう。39800円とこれまでのAndroidの本体一括販売価格の半額で、しかも処理能力・メモリー・ストレージ・通信量・バッテリ・操作性などを損ねる、キャリアによる強制インストールかつアンインストール不可のアプリの押しつけもなく、半額なのに価値の高いAndroidです。

SIMフリーによる海外プリペイドSIMの利用とiPhoneよりも大画面(5インチ)による電子書籍用、そして強力な光学式手ぶれ補正によるデジカメとして、本体のみを非契約で購入しました。低価格で本体だけで買えるようになり、自由社会のありがたみを実感しています。

iPhoneはSIMフリーモデルを買うか、一年毎にMNP一括ゼロ円で従来のSIMロックモデルを買うiPhone格安スキーム。どちらがトクか比較してみます。

①国内、海外をiPhone一台で利用したい。通信量は2Gbytes/以下などヘビーユーザーではない。という人にはSIMフリーモデルが適しているでしょう。

②海外で使用しない、あるいは海外用で別にSIMフリー機を持っている、7Gbytes/月まで高速通信したいヘビーユーザーには、従来のSIMロックモデルのMNP一括ゼロ円が有利でしょう。

③比較対象として、スマホ節約術を利用しない、機種変更を取り上げます


両者を比較してみます。

※注意 SIMフリーモデルは、格安SIM(MVNO)の動作の確証が取れていません。実際の購入は正式な対応を待ってからにしましょう。

比較条件は

①SIMフリーiPhone5c 16Gモデルを二年間使用する 通信契約は通話対応で最安のスマホ電話SIM フリーData毎月1560円(通信速度は200kbpsと低速)を使用

②NMP一括0円2万円キャッシュバック条件でiPhone5 16GBモデルを1年間使用して、1年後にiPhone5S 16Gbytesモデルを一括0円キャッシュバック2万円で購入して1年間使用する。

③iPhone5c 16Gモデルをソフトバンク機種変更で二年間使用


①60,800円(本体代)+3150円(スマホ電話SIM初期費用)+1560円×24 101390円

②0円(本体代)+15225(MNP手数料、事務手数料、解約違約金)円×2回 −2万円キャッシュバック×2回
4095円×24(月料金内訳 Applecare+408円は未加入) 88730円

168600円

※Androidに対するiPhoneの優位性は中古の買い取り相場の高さです。二年後までの中古機販売収入は

①は市場価格の高いSIMフリーモデルのiPhone5cの二年間使用済を中古販売
②は一年使用した程度の良いiPhone5とiPhone5sの二台を中古販売
③は市場価格の低いSIMロックモデルのiPhone5cの二年間使用済を中古販売

① 20000円?
② 15000円+20000円?
③ 10000円?

結論

③の二年縛りの機種変更は携帯会社の養分になり吸われるだけなので、選択すべきではない

①はSIMフリーモデルで、海外利用には便利だが、低速通信の低価格のMVNO契約でも、本体価格の高さがネックになる。

②はSIMロックで海外利用には別途SIMフリーモデルが必要。MNPの手続きの煩雑さがある。しかし、ヘビーユーザーにも対応できる高速通信対応で料金面では最低価格となりお得になる。

PS

二重価格による不正競争の疑惑のある「ツートップ」がありました。安さは見せかけで、実際はiPhoneよりも高コストになるボッタクリです。

携帯会社の養分にならないための、私がおすすめするツートップを発表します。

今回取り上げたiPhoneは、MNPと中古販売で料金面のメリットが大きいのワントップ一台目
二台目は39800円のSIMフリーモデルのAndroid、Nexus5


20131101tsubasaem01_cs1e1_1000x.jpg
1122images.jpeg
2013
11/18
お弁当が出てくるプリンターを導入
iPhone、AndroidのGalaxy Noteの利用で、めっきり使用頻度が減っているプリンタ。久しぶりに印刷をしようとしたら、インク切れでした。

1118多機能プリンタ

プリンタはモデルチェンジを重ねる度に高機能・多機能化していますが、日本企業の残念な特性として、使い切れないほどの機能が増えるばかりで、ユーザーのニーズは置いてけぼりです。たまの印刷に使うには、大げさ過ぎる、機能は多いがたまに使うとインク切れ、交換インクが高い、初期設定の面倒さとパソコンの機能を損ねる重いソフトのインストール。

Appleがシンプルで使いやすい【i TYPE】が出すのではないかと、期待はしていますが、インク切れで印刷できない私はこれを待つことはできません。

そこで、代替で導入したのは本体価格無料・ランニングコストはモノクロ一枚20円、カラー一枚60円の「プリンタ」を導入しました。

セブン-イレブンのマルチコピー機が、あなたのプリンターに netprint

パソコン、iPhone、Androidから、プリントデータをクラウド(ネット)にアップロードして、セブンイレブンのマルチコピー機でプリントアウトができるサービスです。iPhone、Androidに無料でアプリをダウンロードして使うと使い勝手が良くなります。

使い方の一例

netprintアプリを導入する

②パソコンなどで作成したファイルをpdf形式で出力。クラウド経由、自分宛メール経由でiPhoneに送信、ファイルを開いてnetprintに送るを選択
IMG_5518.jpg

③自動的にネット(クラウド)にファイルがアップロードされ、【予約番号】が表示される
IMG_5519.jpg

④アプリ上で印刷するファイルのプレビューも可能
IMG_5520.jpg

⑤セブンイレブン店内のマルチコピー機で【予約番号】を入力
IMG_5502.jpg

⑥プリントが完了
IMG_5503.jpg


セブンカフェと飲食スペースがあり、もちろんお弁当も買って暖めてもらえるセブンイレブンに篭城して、共用オフィスにする事も可能ですが、不意にプリントアウトが必要になった時にセブンイレブンに寄ってプリントアウトするのがスマートでしょう。


私のように自宅のプリンタを廃止して、たまに印刷をする場合のコストを試算してみます。
モノクロプリントを毎月20ページを印刷すると......

コストは20円×20枚 = 400円。年間コスト4800円。
インクジェットプリンタの印字コストは正確な比較は困難です。多くの罠がモノクロ印字しかしなくても、カラーインクが消耗する。あるいは、頻発するヘッドクリーニングでインクが消耗。久しぶりに印刷しようとしたらインク詰まりでヘッド交換といった、不特定のコストがかかります。プリンタのカタログ上の印字コストは、オフィスなどで毎日ある程度の枚数を印字し続ける理想条件のコストであり、印刷頻度が高い場合は、不特定コストの比率が高くなります。印刷頻度が低い、モノクロ印刷が中心であるならば、家庭のプリンタを廃止して、netprintに切り替えてもコスト面はクリアできるでしょう。

メリット

ノマドワーカーなど、外出時のプリントアウトに便利。
プリンタの購入、設置が不要。消耗品や故障対策などメンテナンスが不要。
低頻度、モノクロ中心ならば、コスト面でも有利

デメリット

プリントアウトするのに、わざわざセブンイレブンに出かける。自宅だけでは完結しない。
高頻度、カラー印刷はコスト面で不利





2013
11/15
機動戦闘車と運動戦士ガンダムの不都合な関係
機動戦士ガンダムZZの主題歌は度肝を抜いた「アニメじゃない」。アニメ番組なのに主題歌はアニメじゃない。機動戦士ガンダムはアニメが現実を動かしたという、驚異的な事実があります。

1115機動戦闘車

陸上自衛隊の新装備として公開された「機動戦闘車」。多くの報道でも戦車に比べて機動性が高いと伝えられています。報道している記者を含めて誤解しているでしょう。戦車に比べて軽量軽快な機動戦闘車は、鈍重な戦車の攻撃をヒラリとかわして、必殺の一矢を放つ。

機動戦闘車、高い機動性、機動戦士ガンダム。ジオンのモビルスーツの攻撃を華麗にかわすガンダムが脳裏に張り付いているでしょう。

機動性は、相手を翻弄する俊敏な動きだと誤解されていますが、正確な軍事用語では運動性と呼びます。運動戦士ガンダムではまるでスコポンアニメになってしまうので、機動戦士ガンダムというタイトルになったのでしょう。

機動性とは、相手の攻撃をかわす俊敏性ではなく、戦域から戦域へ移動する速度の早さ、移動の容易性、可搬性の高さです。比較対象とされる陸上自衛隊の戦車(74式、90式、10式)は最も軽量な74式でも40t近い重量で、戦場での移動は履帯(キャタピラ)で自走しますが、非戦闘時に他地域へ移動はトレーラーに積まれるか、揚陸艦での輸送になります。履帯は舗装道路での長距離高速移動は、車体の損耗や燃料や整備への負荷から苦手としています。

機動戦闘車は装輪(タイヤ)の装甲車で重量は26トン。通常の乗用車のように高速道路を時速100kmで高速長距離移動できます。関東地方に配備された車両が、自走して九州の有事に駆けつける事が可能です。また、PKOなどの任務で、大型輸送機により航空輸送の可能性があります。

10式戦車の走行・射撃デモンストレーション映像になりますが、戦車は想定される非舗装の不整地での走破性は装輪の装甲車よりも高く、超信地旋回という左右の履帯を逆回転させる事で、静止状態で方向転換をする事も可能です。また、砲撃の反動への安定性も高く、デモ映像のように戦闘時の運動性は、機動戦闘車よりも高いと言えるでしょう。

運動性、攻撃力、防御力で戦車は機動戦闘車を圧倒します。しかし、戦車は機動性(移動の容易性)が低く、有事の際の戦域への展開はトレーラーや揚陸艦や大規模な兵站を要求する。機動戦闘車が事前に駆けつけて、その後に戦車が戦域へ運ばれる。航空輸送や運用コストからPKOの監視任務には、戦車ではなく機動戦闘車が用いられる。戦車と機動戦闘車は相互補完関係にあります。


現実世界からアニメ世界へと移動します。

ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクは、ジオンのザクよりも高い機動性を持ちます。ガンダムの量産機であるジムは、ザクと同水準の機動性に要求を落としている。ジムは戦闘能力の低いヤラレ役だからではありません。

ガンダム空中換装

ガンダム、ガンキャノン、ガンタンク特有の機能は、三者共通の小型戦闘機のコアブロックと、上半身(Aパーツ)、下半身(Bパーツ)が分離・合体できます。機動戦士ガンダムでは、製造過程にあるガンキャノン、ガンタンクを分離状態で母艦(ホワイトベース)に搬入するシーン、地球重力下では長距離飛行能力を持たないガンダムが、パイロットが搭乗したコアファイターが先行して、Aパーツ、Bパーツが輸送機(ガンベリー)に積載されて、前線に展開するシーンがあります。分離可能なガンダムは、艦船や輸送機への積載や輸送が容易であり、ジオンのザクよりも機動性が高いでしょう。

ガンダムは試験機であり、開発と製造は民間施設に偽装した機密工場で行われています。製造、試験、搬出に秘匿性が要求されるため、分離構造による可搬性は必要条件でしょう。

モビルスーツの開発と運用で連邦軍を先行していたジオン軍は、モビルスーツを輸送・運用するモビルスーツ搭載艦や大型航空機、戦闘域でも限定的に航空能力を付加する航空機(ドダイ)など、機動性を担当するインフラでも先行しています。ガンダムの母艦となったホワイトベースも実験艦であったように、連邦軍は運用するインフラでも開発が送れており、モビルスーツに可搬性を持たせる必然性があったのでしょう。連邦軍においても、量産機のジムにおいては、運用が実用段階になり、分離構造は廃止されています。

現実世界では、機動力を追求した機動戦闘車は、戦車に比較して、運動性、攻撃力、防御力がトレードオフになっています。ガンダム世界では、分離合体は戦闘機の翼やエンジンや合体機構の死重量(デッドウエイト)や構造的脆弱性が発生して、同様にトレードオフが発生するはずですが、アニメ世界ですので、そのような描写はありません。

分離構造を排したジムは、原理上はガンダムの性能を容易に圧倒できるでしょう。主人公(アムロ)がガンダムを乗り捨てて、より高性能なジムに乗り換えるのは、大人の事情で望ましくないのでしょう。

2013
11/14
日本ユニセフ協会に募金をしない理由
1114ユニセフ
フィリピン台風災害においても、日本ユニセフ協会は募金を受け付けています。

以後は、あくまでも個人的な考えにすぎませんが、募金はこちらの通り他団体にて行いました。
募金は納税とは異なり義務ではなく、気が進まない団体では行いません。その理由は以下の通りです。

①日本ユニセフ協会特有の理由

ユニセフ(unicef)と日本ユニセフ協会は別団体です。ユニセフと日本ユニセフ協会との関係性は公式サイトから確認できます。日本ユニセフ協会の問題は、これまで週刊誌や本ブログのようなインターネットブログ、あるいは掲示板サイトなどで取り上げられています。日本ユニセフ協会の公式サイトでは、これらの問題提起は正確ではなく中傷に過ぎないと、完全否定しています。私個人的にも、正確性に欠き、イメージキャラクターとなっているアグセスチャンの言動と併せて中傷対象になっているのには納得できます。しかし、全く問題は無いかというとそうではなく、他に選択肢があるのなら、他の団体に募金したいと考えています。

アグネス、ユニセフ協会への中傷に反論 デイリースポーツ 11月13日(水)11時48分配信
こちらの記事の通りにアグネスチャンの「「日本ユニセフ協会はユニセフの為に日本で募金出来る唯一の団体です。」という一言に問題の本質が集約されています。ユニセフとの関係性を権威とした官僚的思考を感じました。

募金をピンハネしている問題は過去にも議論されています。
1114ユニ収支
公式サイト2012年度の収支報告概要によると、募金総額の81%がunicefに拠出され、19%が各種事業費など他目的に利用されています。これを必要経費と見るか、ピンハネと見るかは各自の判断に委ねますが、投資家としては、少しでも多くの命を救い、苦痛を和らげ、生活再建を願うという本来の目的に対して、効率の高い手段を選ぶのは当然の判断です。関連団体の日本ユニセフ協会→unisefという資金の流れも、即応性がなく、経費だけでなく時間も無駄に取られる懸念もあります。

公式サイト 2012年度賃借対照表によると、固定資産として土地が約11億円、建物が6億円。合計約17億円が計上されています。17億円の固定資産の一部はユニセフハウスと称して、公式サイトで紹介されています。日本ユニセフ協会は、人道活動の実動部隊ではなく、募金の代行とunisefの啓蒙活動という趣旨にたいして、この固定資産は過大であると感じています。この取得費用や維持費にも我々の募金は使われています。公式サイトより、職員数は66名。重ねますが人道活動の実働組織ではないので、66人の小世帯で十分でしょう。それに比して、ユニセフハウスは過大な装置であると考えられます。

収支実体について考えてみます。平成25年度予算から、役員報酬、給料手当、福利厚生費、退職給付費用を合計すると、一般会計だけでも4億3千万円ほどが計上されています。これを66人の職員数で割ると655万円ほどになり、職員は一般的なNGO団体よりは公務員のように厚遇されていると考えられるでしょう。

また重ねますが、寄付は納税のような義務ではなく、自由です。実際にフィリピンの被災地で汗を流している者ではなく、豪華なユニセフハウスで公務員並みの待遇の職員に給与を払うために募金が使われるのは、個人的には許容しがたいです。

日本ユニセフ協会が募った、東日本大震災の募金が他目的に流用された報道があります。流用と言っても、接待費や特別手当にではなく、アフリカの人道活動にです。道義上は問題は無いですが、募金者の願いを預託されたが、これが迅速に被災者の為に使われる事はなく、日本ユニセフに滞留していた事実は否定できないでしょう。これは日本ユニセフ協会固有の問題ではなく、阪神大震災や東日本大震災で日本赤十字などが集めた義援金が、被災者の人命や生活維持のためにすぐには使われず、時間をおいてから義援金が支給された問題があります。

②官僚機構だから

①で取り上げた通り、日本ユニセフ協会は官僚組織的な体質があります。官僚組織には、意思決定が遅い、目的遂行よりも組織維持に重点を置く、高待遇で経費率が高いという弱点があり、募金と人道支援については、経費率のみならず、集金から人道支援までの即応性の遅さが問題となります。私が被災者の立場では、被災翌日の一枚の毛布の方が、半年後の義援金50万円支給よりも有り難い事があります。極限状態での生命の維持には、時間的制約があります。

また上位団体のunisefもまた、世界規模での官僚組織です。ここでは取り上げませんが、同様の問題を抱えているでしょう。これは、平和維持活動など他の国連の活動の実効性に満足できない事から類察できるでしょう。

これは、あくまでも個人的な感想ですが、日本の経済活動や経済的便宜性は、官僚や民間企業の官僚的組織に阻害あるいは、搾取されているのは否定できないでしょう。募金は自由であるため、できれば官僚には委託したくはないというエゴもあります。

③組織存続可能性が高い大組織だから

今回の大災害に必要なのは、即応性と多様性です。自衛隊がフィリピンに派遣されるようですが、訓練された組織とハイレベルな人材、膨大なロジスティクスと土木能力、自己完結性(困難な地域でも他のインフラに負担をかけずに、自立して活動できる)という他の団体にはない能力があります。しかし、官僚組織でもあり、組織の体質からも、活動には事前の調整や同意が必要になります。即応性が弱点になります。一方で中小NGOは意思決定が早い、他の活動で被災地に既に展開して人脈を確保しているなど即応性が期待できるケースがあります。また、子供の心のケアや医療活動など、特定の得意分野に特化した団体もあります。効率的かつ迅速な支援には、団体、組織の多様性が必要です。自衛隊やunisefなどの国連組織は、組織運営の予算的裏付けがあります。しかし、中小のNGOは資金的に余裕がないケースが大半でしょう。今のフィリピン、そして次は私の身にも降り掛かるかもしれない大災害で世話になるかもしれないNGOを募金で維持するにも意味はあるでしょう。














2013
11/12
半年後の1万円よりも、今の100円。 クレジットヒストリーの維持にもつながるお得な寄付の話
阪神大震災の教訓をふまえて、311でも実施した寄付のポリシーは半年後の義援金よりも、今、活動する募金を

フィリピンの台風災害は、インフラの伴わない途上国の災害であり、一秒一刻の遅れが致命的になります。そこで求められるのは、募金(資金)の規模よりも、すぐに活動に活かせる生きたお金でしょう。

今回も選んだボランティア団体は

1112ワールドビジョン
ワールドビジョンです。

子供の支援に重点を置いた団体で、台風災害以前からフィリピンのレイテ島などでの活動実績があり、上のニュースのように一部支援活動は実施されています。すぐに支援に入れる体制は、時間を買う意味で大きなメリットになります。

更に支援活動には、少しでも多くの団体やきめ細かく当たれるように、赤十字や国連系だけではなく、民間の中小組織に目を向ける事も重要だと思います。

ここで、マネー系のブログらしく、お得で使える情報を。
実際に過去に行われたワールド・ビジョンの支援者説明イベントで質問したのですが、募金の送金には多くの団体で利用している銀行振込よりも、クレジットカードの方がありがたいそうです。カードは送金側にとっては有利ですが、着金側は手数料がかかって不利ではないかと、懸念していました。しかし、ワールド・ビジョンのような中小組織にとっては、経理事務決済事務に関わる人員が不十分のため、事務が省力化できるカード送金はありがたいそうです。

思い立ったらすぐに送れて、送金手数料がかからないカードを使いましょう

更に便利なアイディアを

スポーツクラブや同窓会などの会員証やキャッシュカードと一体になっていて、使えなくなると大変困るが、メインカードではなく仕舞い込まれているクレジットカードがあるかと思います。

上限金利が下げられて、カード事業の収益性が低下して、誰にでもカードをばらまくのではなく、カード会社が消費者を選択する時代になっています。使わずに仕舞い込んだカードは、使用期限を迎えても更新されずに無効になってしまう恐れがあります。

外出時に仕舞い込まれたカードを使うのは、忘れてしまいがちですが、インターネットで寄付のために決済するなら、ホコリをかぶったカードを今、取り出すだけで済みます。

同じ寄付をするならば、便利でお得な方法があります。

2013
11/08
楽天プレミアムカードの審査通過 金融知識上正しいプレミアムカードです。
予想通りの悪行と悪評の楽天の優勝セール。

このブログで重ねて論じている通り、朝日新聞を始めとした大手メディアの多くは、お金を払うだけの価値はない。権力の下僕として、多くの日本人の利益を損ねるために、不公正な報道を続けています。

朝日新聞の報道

1108朝日楽天報道

三木谷社長の主張をなぞるだけで、勝手なセールをした二十数店舗に責任を押し付けて、楽天側と氏の責任を回避しています。

通販新聞2013年6月13日 楽天の「楽天スーパーSALE」、「二重価格表示」横行か、通常価格が機能せず、「注目商品」に違法疑いも

時系列は優勝セール前の本年の6.13のですが、楽天公認下で二重価格による悪徳販売は、常態化していると報道しています。三木谷氏の主張の勝手セールをした店舗の問題という責任放棄は、流通新聞という中小の専門メディアの報道で論破されています。

お金を払う価値のあるメディアは、朝日新聞か流通新聞のどちらであるかは、あえて言うまでもないでしょう。



始めから主題から脱線してしまいましたが、ここからが本筋です。このような日本有数の悪徳流通業の楽天ですが、楽天プレミアムカードに申し込みました。

ここで、楽天を利用しざるとえない方のために、役立つ楽天悪行の一つの回避法を伝授します。
楽天専用メールアドレスの設定

1108楽天メール

楽天優勝を決めた11月3日に楽天に入会して、楽天プレミアムカードの新規申し込みをして、買い物経験はありません。この結果は、この写真の通り楽天公式スパムメール爆弾です。楽天は世界最大のスパムメール発信者かもしれません。この中にグレーのアンダーラインで示した通り、楽天カード申し込みに関わるメールもあり、楽天をスパムに設定して、自動的にゴミ箱送りにする設定は推奨できません。

ここでは、マイクロソフトのクラウドメールサービスのOutlook.comを使用しましたが、普段利用していないメールサービスで楽天専用のメールアドレスを設定しましょう。普段使用しているメールアドレスを設定すると、楽天のメール爆弾の被害者になります。スマートフォンにこのようなメールが乱発すると、バッテリやストレージの被害が大きくなります。


わざわざ悪徳業者の楽天のカードを申し込んだ理由は、楽天プレミアムカードの特典のコストパフォーマンスです。旅行好きの私が期待しているのは、以下の特典です。

1108プライオリティ

国内外の空港ラウンジを無料で使える特典です。

プライオリティパスの詳細

ラウンジが無料で使えるプレステージ会員は399USDの年会費が必要ですが、楽天プレミアムカードは10500円の年会費でこれが利用できます。このサービスは他社のカードの特典にも含まれている場合もありますが、シティプラチナカードなど、クレジットスコアの審査においても、年会費においても手軽とは言えないものです。年会費は36,750円もします。

会費も審査もプラチナにはふさわしくない、誰でも入りやすいカードでプラチナ並みのサービスが受けられます。上記のような二重価格の楽天のなかで、数少ない良心的なサービスと言えるでしょう。

優勝セールで10500円の年会費を超えるポイントバックがあり、これで金券などを買えば、年会費は賄えるので、とりあえず一年は使ってみるスキームです。

ただし、ここまで取り上げたとおり数々の悪行を繰り返す楽天であり、会員情報が悪用されたり、ポイントの債務不履行、突然のサービス切り下げなどのリスクがあります。

正確かつ公正な価格表示は、流通業を営む上で最低条件でもあります。二重価格が横行している楽天は、信頼に値しません。しかし、「楽天プレミアムカード」は金融知識上非常に正確な表現であり、楽天の良心とも言えるでしょう。

楽天プレミアムカードの金利条件

1108楽天金利

リボルディング払いの金利は15%。キャッシングは18%。
上記の金利は、10万円以上100万円未満の条件での上限金利であり、アコムやプロミスなどのサラ金の方が低金利で融資できるケースがあります。他社のキャッシング金利の一例

1108三井住友

また、クレジットカードは年会費が無料か低額で審査が緩い一般カードと、会費が高く審査が厳しい上級カード(ゴールド、プラチナ、ブラックカードなど)があります。三井住友系の一例ですが、上級カードの方が金利は優遇されます。

楽天においても、年会費無料の楽天カードがあり、上級カードとしての楽天プレミアムカードが設定されています。上級カードでありながら、金利条件は一般カードと同じ上限金利(法律でこれ以上上げようがない)と冷遇されます。

プレミアムとは、上級の高級な優遇されるといった意味で日本人には理解されていますが、金融知識上は過ちです。
プレミアム(premium)とは額面や基準価格に対して上乗せされた金額を意味します。楽天プレミアムカードについては、上級で高級で優遇されるカードというよりは、年会費無料の楽天カードに対して、10500円という上乗せ会費を支払うという意味付けです。また、資金調達において相対的に信用力の高い者に比べて信用力が低い者が払う上乗せ金利もプレミアムと呼ばれます。10500円という年会費は他社のゴールドカードの相場に相当するものですが、他社のゴールドカード会員に比べて信用力は低く評価され、それに見合う高い金利(プレミアム)を要求します。

私はこのカードを国内外の無料ラウンジなどの特典利用にしか使用する予定はありません。楽天での買い物も、付与されたポイントの償還にのみ使用します。

クレジットカード利用の必勝法は、特典のみ利用して、借り入れをしない金利を払わない。

プレミアムを支払う立場ではなく、投資によって受け取る(リスクプレミアム)のが、投資家です。
2013
11/07
日本の家電メーカー復活のヒント 一枚の画像から
今回のエントリーは、簡単な一枚の画像が出発点です。簡単なクイズでもあります。

1107ソニーパナ

SF作品から飛び出したような謎めいたゴーグルをかけた女性と男性。左の女性はSONY、右の男性はPanasonicの製品です。日本を代表する家電メーカーの双璧でしたが、現在は進撃のサムスンやAppleなど海外企業との競争に敗北して、影響力を急激に失っています。

日本の家電が世界の家電であった過去、SONYとPanasonicはシェア争いを繰り広げ、競合製品でガチンコ勝負をしていました。

謎めいた男女の写真の正体に、敗北した両者の復活の道程が隠されています。

広告イメージは非常に似通っているゴーグル。実は似て非なる商品です。

SONY 世界初 HD有機ELパネル搭載、3D対応ヘッドマウントディスプレイ
Panasonic 目もとエステ

謎めいたゴーグルは全く異なる用途の製品です。

SONYの3D対応ヘッドマウントディスプレイは、トリニトロンやウォークマンなど、かつてのAV業界の先駆者としての技術力の復興を目指した、オリジナリティの強い製品です。技術的側面ではSONYの牙城を覆した韓国のSamsungとLGが平面テレビで先攻している有機ELを採用しています。これを、他者と競合するテレビではなく、3D対応ヘッドマウントディスプレイに投入しています。

Panasonicは伝統的にAV機器よりも生活家電に強みを持っており、現在ではこれを一歩進めた美容家電に注力しています。

SF世界のゴーグルという見た目も似通っていますが、ファミリーではなくパーソナル(個人)で使う家電という点も似ています。Panasoninについては、美容家電というジャンルで異例の男性モデルを採用しています。従来の「きれいなお姉さん」路線と並行して、攻撃的に新市場を開拓しているのでしょう。目もとエステはその名の通り目もとの血行を改善したり保湿をするなどをして、クマや小じわに抗する美容効果を狙っていますが、同時にストレスを和らげるリラックス効果もあるのでしょう。SONYのハイテクヘッドマウントディスプレイと見まごうデザインも、市場のユニセックス化を狙った戦略的判断だと考えられます。性別に関わり無く美容と若さを求める時代の変化を汲み取っているのでしょう。

これから、日本の家電メーカーが復活するためのヒントはこの画像にあります。

同ジャンル製品のガチンコ勝負は辞める
企業が根源的に持っていた強み、ミッションに立ち返る
家電から個電へ。パーソナルが共鳴する製品に注力
既存の市場を奪い合うのではなく、冒険をして新市場を開拓する





2013
11/06
愚かなカースト 他人との比較は貧困製造装置
マンションの階、ランチの予算...どこでも格付けしあう女たちの「カースト問題」が深刻

全く信頼がおけずに明日に廃刊になっても全く残念な思いがしない朝日新聞。反対に私が強い存在意義を感じている、マイナーメディアのナックルズのコラムです。(ナックルズの有用性の一例

マンションの階層、ランチの価格帯、夫の年収など、客観的・数値的に相対評価を付けやすい条件で格付けをする女性の厳しい現実を取り上げています。私はあまり好んでは読まないジャンルではありますが、自己啓発本の多くでは、幸せな人生を歩む秘訣として、他人と比較しない、他人の成功や豊かさを妬まないという教えがあります。


幸せがずっと続く12の行動習慣幸せがずっと続く12の行動習慣
(2012/02/16)
ソニア・リュボミアスキー

商品詳細を見る

他人との比較は幸せに繋がらないと諭した書籍の一例

精神論・人間科学の上で、比較や妬みは幸せから遠ざかるのは、感覚的に理解できます。ここでは、別の視点で、マンションの階層やランチ予算などの、自己カーストの愚かさを考えてみます。

①マンションの階層

高層階は上級カースト、低層会は下級カースト。文字通りの階層であり、客観的・数値的な比較が容易です。確かに高層階には絶対的なメリットはあります。固定資産税の算定です。同じマンションならば、面積あたりの価格の安い低層階も価格の高い高層階も平均されて算定されます。購入価格(資産価格、潜在的売却価格)に対する固定資産税負担率は、高層階が有利で低層階は不利。高層階を購入できる高所得者層が低層階の低所得者層を搾取するという残酷な仕組みがあります。同様の理由で、相続などの税対策でマンションを購入するのも高層階が有利です。
しかし、このようなカーストに囚われるのは、マンションの持つ住環境の多様性を見失います。例えば、お金も大切ですが、それ以上に健康に過ごせる時間の方がもっと大切です。30階建てのマンションの5階くらいに住んで、毎日の健康作りのために、階段を歩く習慣が付けられます。これ以外でも、狭いカゴに閉じ込められ耳が痛くなる長時間のエレベータ移動がストレスに感じる者もいるでしょう。停電時のリスク対策でも低層階は有利です。更には庭付きという一戸建てのメリットと、ビックコミュニティによる管理費の負担の軽さと充実した共用施設の高層マンションのメリットを両取りしようと、あえて一階を選ぶかもしれません。
カーストに囚われると、このような選択を見過ごしてしまうでしょう。

②ランチ価格

カースト以前に過度の節約ランチでは、栄養面から健康で過ごす時間を失うリスクがあります。しかし、自炊やお弁当で低予算で健康的な食事をする事は可能ですし、少しばかり奮発して1000円くらいのファミレスランチでも、それなり以上の満足感は得られます。ランチで3000円、5000円と予算をかけるのも自由です。収入は有限であり、予算の優先順位を付けるのも自由です。食事にお金をかけたいのなら、ママ友のカーストのために高いランチを取るよりも、自分がもっと食べたいものを選ぶ方が合理的です。自炊やお弁当が好きなら、わざざわ高額ランチに付き合う意味もありません。

③ママカースト

どのような人間関係でも交際費はかかります。人間関係を維持したり楽しむための必要経費が交際費だと言えるでしょう。だとしたら、付き合いたくない人間関係のためにコストをかけるのは本末転倒です。住んでいるマンションだけに人類が生存しており、他は無人の広野ならば仕方がないです。そうでないのなら、どこに人間関係を求めるのも自由です。Facebookなど人間関係を広げるのに役立つITツールもありますし、血縁関係や趣味など、人間関係のきっかけは他にもあります。

このような自己カーストは、自らが自らを縛るもので、愚かなものです。

この残酷な世界には、自己ではなく世界によって縛られている残酷なカーストは実在します。だからこそ、自らがカーストを生むのは愚かな選択であるでしょう。

0605obentou.jpg
640x640_rect_10608038.jpg











2013
11/03
二年総額103310円(自由契約) VS 176430円(二年縛り) グローバルスマホNEXUS5の威力
日本の携帯電話市場は、携帯キャリアが端末と通信契約をセット販売させて、価格と契約が拘束される。自由経済にはほど遠い「日本民主主義人民共和国」とも言えるものです。

不公正な携帯ビジネスの一例 二重価格疑惑

この日本民主主義共和国に開国を促すグローバルスタンダードが登場しました。

Nexus-5-concept-640x581.png
イー・モバイルから発売の「Nexus 5」を詳しくチェックする

この端末の画期的なポイントは、端末と通信契約が別売りされる。端末はSIMロックフリーで、海外ではもちろん、国内でも自由に通信キャリアを選択する事ができます。現在の国内販売チャンネルは二つあり、一つ目はGoogle Playでの直販であり、価格は16Gモデルが39800円。通信契約の抱き合わせなしで、39800円という比較的低価格で購入できるのも画期的です。二つ目はイーモバイルでの通信契約と本体の抱き合わせ販売。こちらは、従来の携帯電話と同じく、本体と通信契約を同時に購入するものです。SIMロックフリーの端末が供されるのと、比較的低価格で利用できるのがポイントです。

Nexus5はGoogleのNexusブランドのスマートフォンですが、製造は韓国のLG電子が担当しています。従来のスマートフォンとの違いが鮮明になる、同じLG電子が製造した兄弟機が同時にdocomoで販売されています。

1101l01f_1.jpg
G2 L-01F


主要スペックはほぼ同一ですが、docomoモデルの方が画面サイズと本体サイズ・重量がやや大きい。フラッシュメモリ容量が32GB、ワンセグ、おさいふケータイ、SPモードなどdocomoオリジナル機能に対応している点が差異になります。Nexus5は、Androidのバージョンが4.4と最新です。兄弟機ですが両者に共通する弱点として、SDカードを内蔵できません。

docomoオリジナル機能無しを弱点と見るか、長所とするかで評価が異なります。ここでは、オリジナル機能無しをメリットとする評価をしています。

iPhoneに比べて、Androidがとっつきにくい、難しいという印象を与えているのが、OSと端末を同一のメーカーが提供せず、携帯キャリアの公汎なカスタマイズを許可する事による、機能の複雑化・重複化です。

例えばdocomoのサムスンの端末では、アプリを導入するには、Googleの提供するGoogle Play、端末メーカーが提供するSamsung Apps、docomoが提供するdマーケットがあります。同じ機能が重複していると非常に迷います。場合によっては重複した機能がケンカをして、動作が非常に遅くなったりエラーなどのトラブルを引き起こします。また、使わない機能でも多くはアンインストールができずに、メモリやバッテリやCPUを浪費し続けます。

1101アプリ一覧
こちらは、docomoのAndroidスマートフォンのプリインストールされているアプリの例。これだけの無数のアプリがあり、ユーザーを迷わせます。

kddi-xperia-z1-sol23-app.png
アプリの洪水はドコモだけではなく、auのAndroidスマートフォンの一例。


1101nexus4アプリ
こちらは、Nexus5の旧機種に相当するNexus4のプリインストールアプリ一覧。かなりスッキリしており、iPhone並みです。

iPhoneのアプリのダウンロードはapp Storeに統一されているように、Nexus5はGoogle Playに統一されており、非常にシンプルで、これから発売されるであろうNexus5の解説書を一冊読めば十分に機能を体得できます。また、電子書籍はKindle、SNSはFacebook、オンラインストレージはGoogleドライブなど、必要な機能(アプリ)は必要なものだけを選んで利用しやすいものを導入できます。また、アプリが少ないほど、メモリー、バッテリ、CPUの浪費やエラーが少なく、快適に動作します。

価格面の比較をしてみます。比較条件は乱売が続く他者乗り換え(MNP)ではなく、本体を一括で購入した新規とします。

1011G2価格

docomoのG2 L-01Fは、最大3GBまで高速通信ができるXiパケ・ホーダイ ライトを選択した場合

本体価格76440円+事務手数料3150円 毎月料金4035円。
24ヶ月の総額は 176430円。


1101NEXUS料金
イーモバイルのNexus5の場合は、毎月5GBまで高速通信が可能でデータ定額3-Sの契約で

本体価格39800円+事務手数料3150円 毎月料金2515円(本体一括購入で分割支払金2100円は不要)
24ヶ月の総額は103310円。

Nexus5はdocomoの機能洪水のG2 L-01Fより、低コストです。



二台持ちを前提とすれば、更に割安な料金で利用できます。

通話機能はガラケーを使い続け、通信機能だけをスマホに担当させる場合は、Nexus5は本体のみをGoogle Playで購入して、より低価格の通信専用のMVNOを導入できます。

通話契約なし ライトユーザー(SNS、メール、ニュースなど軽いブラウジング)向け

本体価格39800円+事務手数料3150円 OCNモバイルONE毎月980円
24ヶ月の総額は66470円。

※ライトユーザー向けですが、使いすぎて通信速度が低速化しても翌日にはすぐに高速にリセットされるので、使いやすいものです。

より多くデータ通信をする人向けの毎月2GBまで高速通信する場合は、毎月1580円のプランもあり、この場合の24ヶ月総額は80870円になります。

Nesus5のもう一つの利点は、SIMフリー仕様。世界的にはこれがあたりまえで、これまでの日本の携帯市場が異常なだけですが、海外渡航時には安価な現地SIMを導入できます。

ガラケーに比べるとスマホは通話料金が非常に割高で、バッテリの運用上でも、通話用とのガラケーとの二台持ちはメリットが大きくなります。

※現在のガラケーの契約を維持したまま、スマートフォンを追加導入する場合は、MNPではなく新規でNexus5を買い増すケースになります。

※現在上記の高額で使いにくいAndroid一台で運用している場合。AndroidをガラケーにMNPまたは機種変更をして、現在の電話番号と通話手段を確保して、同時に新規でNexus5を買い増すスキームもあります。

※料金面ではiPhoneでMNPを繰り返すスキームも同様に安価に運用できます。ただし、SIMロック機となり、海外渡航時の現地SIMを導入できません。



2013
11/01
ディズニーシーの秘密 
disneysea4.jpg
ディズニーシーはディズニー世界と海洋をテーマにしています。人と海との接点である、港を模した風景がいくつも見られます。これらの船や港はもちろん、ムードを盛り上げる模型でしかありません。

しかし、ディズニーシーには本物の港湾施設があります。我々の目に触れないように、そっと。

gll1304111802000-p9.jpg
0041.jpg

園内には海を模した水辺があります。ディズニーシーたる所以は単なる池ではなく、擬人化された大ネズミやもうけの大きなクマなどのキャラクターのショーが、山車だけではなく小型船舶によっても行われます。

このショーに用いられる船舶はどのように係留、管理されているのか。

1101ディズニーシー

水路は本当の運河となり、ショーの小型船舶が係留されています。ゲストには目に触れる事がない、本物の港があります。

1101シーマップ

ゲストが目にする案内マップには、青の矢印で示した場所にある、本物の港の姿はありません。


1101バックヤード

上のディズニーランドと下のディズニーシーの間には、港も含めた広大なバックヤードを配しています。我々ゲストは、これらの存在を意識する事はありません。これは本当のディズニーマジックなのかもしれません。

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。