FC2ブログ
 
 
 
 

 

 

[Admin]
2016
01/08
情報収集力にはこれだけ格差がある
毎月500MBまで無料の神SIMが「デジモノステーション2月号」の付録に 12月25日

クリスマスプレゼントのような報道です。
何と!毎月500Mbytesの利用なら、完全に無料!太っ腹です。毎月5Gbytes使うと1600円と有料ですが、リーズナブルな価格であり、何と通常3240円必要な通信サービス(この場合はMVNO)の初期費用が無料で、620円の雑誌購入費だけで済みますので、メインのモバイル回線としての利用にもお得です。

しかし、このようなお得な情報は情報感度の高い人が狙っている。私はこの報道の後の12月26日に買いに行きましたが、近所の書店やコンビニでは売り切れでした。Amazonや楽天など通販でも品切れ。

Amazonでの中古は売っている。これは........何と付録のSIM抜きです。
1601デジモノ1

付録のSIM付きでは620円の定価を大きく超える転売ヤーが跋扈しています。瞬間蒸発はこいつらのせいです。
1601デジモノ2

しかし、私は12月29日の夜に定価で無事にゲットしました。
IMG_2004.jpg

羽田空港国際線ターミナルの出国ゲートを抜けた後の免税店には、潤沢な在庫がありました。写真の通り私はこの一冊だけを取り出して購入しました。転売ヤーになるのは嫌。そして、家族名義で複数契約して10契約で5Gbytes無料にするのは、良心が許しません。

転売ヤーの機動力はさすがに、羽田空港の出国ゲートを抜ける事まではできませんでした。
即日で瞬間蒸発させるのが転売ヤーの情報力と機動力です。この世界の情報戦はこのような強者と繰り広げられています。

このSIMをどう使うか。
私は無事に設定を済ませて、開通しています。注意点はSIMがiPhoneにそのまま使えるnanoSIMなので、多くのAndroidスマホに採用されるミニSIMスロットで使うには、サイズを変更する下駄が必要です。便利なのかお節介なのか、Amazonではデジモノステーションの関連商品で、この下駄がサジェストされています。

【Amazon限定】Lucky ゴールドカラー nano SIM変換アダプター4点セット Gold color(標準 マイクロ Nano)

私は海外渡航専用のシムフリースマホとして活用しているNexus5に導入しました。主用途はメインスマホのiPhone6のサブとして、kindleと楽天kobo専用にします。安価に売られているSIMスロット付きAndroidタブレットを購入して導入しても良いでしょう。電子書籍専用端末として活用します。電子書籍はデータ通信量が月に500Mbytesあれば十分ですし、電子ペーパー搭載の専用機やPCで購入したストアの本との同期で、ネット接続も必要です。

このほか、スマホの利用時間と使用頻度が高く、バッテリーの消費が長くメインスマホとは別にしたい。また、プレイや集中したく専用機にしたいと、スマホゲーム専用とするのにも向くでしょう。

またメイン回線が通信制限になった時に、最大1600円を支払い5Gbytesの通信容量をオプションで購入できるのも、リーズナブルでしょう。毎月の維持費は0円で、メイン回線の不通などのバックアップ回線として、手続き不要で利用できるのは、ネットトレーディングのバックアック回線となり、かなり有り難い。この場合はNexus5をテザリングの母機として、モバイルルーター代わりに活用します。

しかし、無料で使い続けるには、500Mbytesの制限を守らないといけません。
その場合は、アンドロイドではスマホ側の操作で簡単に通信量に警告とリミットをかける事ができます。

モバイルデータ通信の使用量(1ヶ月単位)を確認したり、使用を制限することができます。
2015
10/20
邪悪な広告を放置する邪悪な会社
iOS9の広告ブロック機能で再燃するAppleとGoogleの戦い
これは一例ですが、インターネット上の広告のブロックについて、議論が沸き起こっています。インターネットもテレビや新聞と同じで、無料あるいは低価格でコンテンツを利用するには、広告が必要です。プロのライターはこのブログの筆者のように暇つぶしで記事を書いているのではなく、生活がかかっています。広告による収入が閉ざされたら、インターネットはこのブログのようなどうても良いコンテンツばかりになり荒れてしまいます。

15年10月9日 検索 … Search Googleが広告のビューアビリティに対する考えを示す
この記事はざっと目を通すだけで、本論を理解する必要はないのですが、広告は出しっ放しではなく、宣伝や購買という具体的な効果があって初めて意味をなすものです。広告費の算定やスポンサーの費用対効果の分析で、このような広告効果の計測は必要なものです。

これを踏まえて、Googleが広告について初歩的かつ致命的な過ちを犯している現実を報告します。

広告1

これはとあるWEBページに貼られた広告です。朝日新聞の広告だから不適切。ではなく、その下の映画祭に関わる広告です。ここに、WEBページの分割の次のページへのリンクのように見える の記号があります。
これがクセモノであり、WEBページの次のページではなく、広告のリンクへと飛ばされます。

正しいリンクは、1234という数字です。

このようにユーザーを騙して広告のリンクへ飛ばすものは、邪悪なものであり、広告への信頼を失います。そればかりか、本来は文化的、芸術的、観光資源として有意義な映画祭も、詐欺広告によってドロを濡られる逆効果になるでしょう。

2広告

この広告の右のマークをクリックすると Abs by Google と表示され、Googleが運営している広告枠であるとわかります。

広告の内容について、朝日新聞は嘘つき新聞だから不適切だと、非表示にしたり掲載を拒否するのは、インターネットや商取引の自由の侵害になるので、望ましくはないでしょう。しかし、WEBページ本体のリンクに偽装した、詐欺広告については、Googleは広告主に対してガイドラインを示すなど、対策はできるはずです。

誤操作を誘う広告は禁止だと。

こんな簡単な対策をせず、放置をしているGoogleは邪悪な会社なのでしょうか。映画祭も一緒に邪悪だと言われる前に、対策を急いだ方が良いでしょう。

広告の信頼性を貶めれば、ユーザーにとって広告を非表示にしたい排除したいという誘惑は強くなります。そうしたら、前述の通りインターネット上のコンテンツは死に絶えます。そうならないためにも、広告は広告主にとっても、コンテンツを利用するユーザーにも誠実になる必要があります。
2015
07/26
楽天オークションの黄昏
一時は本ブログのメインテーマにもなっていた楽天オークション

かつてはこちらのように10万円現金を額面以下で買うスキームという美味しい話もありました。
しかし、最近はほとんど楽天オークションを活用していません。日本の財政懸念に備えるため、円安による旅行難に備えるために、楽天オークションで外貨現金を平均的な夏のボーナス相当額くらいはタンス預金として備蓄しており、わざわざ今のレートで買うまでもないという事情もありますが。

使用頻度が減ったのは私の事情だけでなく、楽天側もオークションから力を抜き始めています。上記のスキームを実現する、美味しい値引きクーポンやポイント倍増などの特典が大幅に減っており、出品される品数も個人ユーザーを中心に減少している傾向もあります。

楽天オークションの黄昏。これを印象づける画像を紹介します。

1507オークション

楽天のサイトのホーム画面が変更されています。一番上にはダイレクトで飛べる楽天の各サービスのアイコンがありますが、ここから「楽天オークション」が消えています。私はこの画面を見て、楽天オークションは廃止されたと誤解するくらいでした。
画像の通りに「サービス一覧」のアイコンをクリックして、タグを開くと目立たない所に「楽天オークション」がありました。「お買い物」のジャンルの中で下から2段目であり、相当にやる気がなくなっています。
このようなUI(ユーザーインターフェイス)では、楽天オークションの利用者は減る一方です。残念です。10万円金貨や米ドルや香港ドル、そして価格のミスでの1円のスマホや101円のシェーバーなど、非常に役に立ったサービスなので。
2015
04/15
ニュースをもっと楽しもう!NewsPicks性能強化計画
NewsPicks公式サイト NewsPicksとは
私がヘビーユーザーになっている、ニュースアプリがこのNewsPicksです。このサイトの魅力をパワーアップする試案を3つ挙げてみます。

①ニュースにもっと参加しよう ニュースの評価機能を付ける

他のニュースアプリにないNewsPicksの特徴は、ピッカー(ユーザー)によるコメント。しかし、原則実名参加であり、心理的にも所属する組織の問題で抵抗はあるでしょう。時間も手間もかかる。そこで、もっと気軽にニュースに参加してみようと、ニュースについて評価、投票する機能を付ける。参考になるのは韓国の新聞の中央日報の日本語サービスサイトです。

1404np1.png

ニュースの本文の下に5つの感想のボタンが並び、これをクリックすると即座に下の数字の投票結果に反映されます。この選択肢は、【いいね】【いやいや】【面白い】【つまらない】などが考えられます。
選択するならワンプッシュ。結果は数字だけの匿名。そして、そのニュースに対するピッカーの評価は一目瞭然です。ただ読むだけのニュースに参加する楽しさが生まれます。


②人工知能をみんなのペットに IBMの人工知能ワトソンをプロピッカーにする

プロピッカーとは?公式サイトの解説
プロピッカーとは私のような一般ユーザーとは別に、運営会社から報酬をもらい、専門分野の見地を生かしてよりハイレベルのニュースのコメントをして、ニュースの理解を深める仕組みです。

1404NP2.png

IBMはNewsPicksのスポンサー企業になっており、「イノベーション」というニュースジャンルを持っています。IBMの開発する人口知能ワトソンとは?NewPicksのユーザーは、ニューテクノロジーに関心を持つ方が多く、このワトソンは注目の的です。このワトソンにプロピッカーになって頂くという立案です。


1404np3.jpg

開発途中でありますし人間ではないので多少の粗相もあるでしょうし、それもご愛嬌として暖かく見守るためにも、このような古典的なブリキのロボットの意匠のアイコンを付けたいです。
ニューテクノロジーに関心のあるユーザーが多く、ユーザーがワトソンというプロピッカーを、みんなで共有して可愛がるペットにもなります。ニュースを楽しむだけでなく、最先端のニュースをユーザーと共に育てて行くものです。IBMにとっても格好の宣伝の場にもなりますし、ニュースとユーザーとの触れ合いは、人工知能の改良のチャンスでもあります。

③ニュースを育てよう ゼブラコインでニュースサイトに投げ銭をする

SmartNewsのニュース選定のアルゴリズムってどうなってるの? 裏側を聞いてきた
私はこちらもユーザーですが、ライバルのニュースアプリのSmartNewsでも、「コンテンツを提供していただくパブリッシャーの方にメリットがあるかどうか、という観点も重要です。」とあるように、ニュースを提供する報道機関に対価を還元する、共存共栄の仕組みが必要だと思います。ニュースアプリ経由でも広告が表示されて、報道期間側にも収入が入るとしても、もっと積極的に良い報道をして頂いた方に恩返しをしたい。ニュースを利用するだけで感謝をしなければ、ニュースは枯死してしまいます。

この仕組みがゼブラコインです。

NewsPicksには有償会員の制度があります。ニュースを検索したり、有償会員しか読めない記事があるなどの特典があります。この有償会員の特典として、ゼブラコインを付与します。なぜ、ゼブラかと言うと、NewsPicksのイメージキャラクターがシマウマだからです。有償会員はゼブラコインを月間に数十枚を受け取り、これを読んで感銘を受けたニュースに対して投げ銭をする。この投げ銭の数に応じて、NewPicks側が引用した報道機関や記者にお金を払うというシステムです。
個人ブログの引用は対象にするかは議論が別れるところですが、個人的には提携している商用報道サイトだけにしたいと考えています。

有償会員の会費の一部が商用サイトへの投げ銭の原資となり、会員が自身で応援したいサイトや記者を選んで、応援ができるという仕組みです。ニュースを楽しむにはニュースに元気になって欲しいものです。
2015
03/12
最強のケータイ&PCネット環境が税別3260円で
18年契約していたドコモのガラケー、MNP一括0円二万円キャッシュバックで手に入れたソフトバンクのiPhoneを解約しました。そして、格安SIM業者の一つのIIJmioに乗り換えました。

音声通話付きのプラン(みおふぉん)は、18年愛用してきた電話番号からのMNP(電話番号の引き継ぎ)が可能です。IIJ mioの公式サイトからも申し込みが可能ですが、ネットの手続きと郵送になり、電話が不通の期間ができてしまいます。これが格安SIMへの乗り換えのネックでした。しかし簡単な解決法があります。

店頭でもお申し込みできます!BIC SIMカウンター公式サイト。
BIC SIMという名前ですが、IIJ mioの販売代理店がビックカメラとなり、同等の契約となります。更にビックカメラの運営する公衆無線LANサービスのWi2 300が無料で使えます。これも、IIJ mioの公式サイトからの申し込みにはない特典です。最大のメリットは、面倒なMNPの手続きを店頭で担当員のアドバイスを聞きながら、即日で行う事ができます。大手携帯電話の機種変更やMNPと同じ感覚で、即日での乗り換えが可能なので、電話の不通期間も切り替えの一時間くらいで済みます。

この手の手続きや設定に慣れている私には不要ですが、以下の通りオプションで追加料金が必要になりますが、初期設定をお任せする事も可能で、SIM?なにそれ?食べると美味いの?という方でも安心です。

1503SIM.png

1503SIM2.png

料金プランは上の通り、SIM枚(スマホ1台)で月に3Gバイトまで通信ができるミニマムスタートプラン、5Gバイトまで使えるライトスタートプラン、SIM3枚(スマホ3台、スマホ2台+PCなど)で合計10Gバイト使えるファミリーシェアプランが選べます。上記料金は通話従量制の通話機能が付きます。通話機能が不能なら、おのおの700円安くなります。

私は3260円のファミリーシェアプランを選択しました。具体的には通話機能付きのSIMを私用のiPhone6に使い、二枚目のデータ専用SIMを親族が使うスマホに使い、三枚目をデータ専用SIMにして、パソコンに接続します。

通話+データを1回線、データ専用を2回線、データ通信量が合計10Gバイトも使える、かなり太っ腹のプランが合計3260円で使えるのは魅力的です。(通話料は別途従量制で必要)

格安SIM業者は競合他社が多数ありますが、私がIIJを選んだのは、かつて一台だけライトスタートプランを利用して、品質やサポートの良さを確認済みであった事。また、意外と知られていませんが、格安SIMや大手キャリアでも実質の通信速度は千差万別で、IIJの品質は実用的かつ高いと判断しています。

各社では月に最大2Gバイトや7Gバイトと謳っていますが、多くの場合ではこれは誇大広告です。この毎月の制限とは別で、3日の通信料を366Mバイト(格安SIM業者の大多数)や3日で1Gバイト(SoftBank、auなど)という規制があります。この規制が凶悪なのは、追加料金を支払い規制を外す事は不可能です。例えばOSのアップデートや大容量ファイルの送受信で不意の大量のデータ通信を行ってしまうと、最大3日間データ通信がほぼ不可能になってしまいます。

この凶悪な規制がなく、3Gバイトなどの通信量が無条件に使えるのは、docomoかIIJ mioなど少数の業者に限られます。

また毎月の通信量が無制限の業者もあります。
これは通信量が無制限だからと、動画の視聴やデータ交換を多用するヘビーユーザーが殺到して、通信品質が大きく劣る業者があり、利用する場合は入念な事前調査が必要でしょう。マニアのヘビーユーザーは価格にあざとく、最安値の業者に集中する傾向があります。そのため、通信品質の評判が高く価格が最安値ではないぷららモバイルLTEを選んだ方が無難だと思われます。

私がこの無制限プランを選ばなかったのは、明確な理由があります。
無制限のプランはSIMは一枚だけ。
私のように複数の端末で利用したい人には選べないプランです。

これらの格安SIM業者は例外を除いて、NTTdocomoの回線を利用しています。(auの回線を利用するmineoなどの例外のサービスもある)。使える端末はSIMフリーの端末ですが、NTTdocomoの端末はiPhone、iPadを含めてそのまま使用が可能です。ただし、iPhone、iPadは利用にはIIJ mioの公式サイト上で行えるプロファイルのダウンロードが必要です。サポートの悪い業者は使えない可能性があります。

私はNTTdocomoの中古のiPhone6を楽天で購入(楽天を酷使して20%近いポイント還元ゲット)しました。

ここまではアフィリエントをもらっているステマなよくあるブログです。私はブログのポリシーでノーアフィリエイト、ノーマネタイズです。

私が試したのは、格安SIMをモバイルPCで使うという荒技です。これまで、中国から密輸したモバイルルーターやスマホのテザリングで接続を行っていましたが、接続に時間がかかる。荷物が増えるかスマホのバッテリが消耗する。
今ひとつ不便です。

そこで、あまり存在が知られていないですが、LTEのSIMスロットを内蔵していて、パソコンを開ければすぐに使えるものがあります。

1403sim3.png
Panasonic レッツノートRZ4公式サイト

770g(LTE内蔵タイプ)でタブレット状に変形する驚異の軽量ハイテクモデル。LTE内蔵は公式サイトの直販でしか買えないため、19万円を超える大出血になってしまいました。IIJ mioの利用による携帯料金の節約でなんとか償却する予定です。

macbook12inch6.jpg
世間ではこちらの900gのMacBookが注目を集めていますが、LTE内蔵モデルはなく通信にはルーターかテザリングが必要、タブレット型への変形はなし、そして何よりも痛いのはUSB端子とSDカードスロットとHDMI端子がなく、家でもモバイルでも我慢が強いられます。

本ブログでは、日本メーカーの評価は辛辣だというお叱りを受けた事がありますが、良いモノであれば、多少高くても人気はなくても、レッツノートを買います!がんばれPanasonic!

Back » HOME »  Next