[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015
09/30
星野リゾートの触れられたくない急所をさりげなく暴露
星野リゾート公式サイト 企業情報
この企業情報には表に出せない、秘密の事業所があります。

星野リゾートの基幹ブランドの星のやの公式サイト
星野2
豪華ですね。非日常空間があります。しかし、このサイトの動画を見ても施設や客室の豪華さを強調するばかりですが、日本の高級宿泊施設に不可欠な「食」とおもてなしの「人」が見当たりません。建物だけ?

豪華な食事はあるようです。公式サイト 嘉助の料理について

しかし......
触れてはいけない禁忌の言葉があります。
株式会社星野リゾート・料飲システムズ

上記の公式サイトにはこの関連企業も事業所も伏せられています。秘密結社なのでしょうか。
グーグル先生に聞いてみましょう。

グーグル検索 株式会社星野リゾート・料飲システムズ

お客様には見せられない、公式サイトでは見せられない関連会社ですが、求人サイトではゾロゾロ出てきます。

株式会社星野リゾート・料飲システムズ 星野リゾートを食から支える【製造管理】※未経験者歓迎!正社員
星野3
ビュッフェ・デザートなどの製造現場をマネジメント! えっ、お料理ではなく製造なの?
右下の画像にはビュッフェでもデザートでもないお料理が出ているようですが.......

星野リゾートはセントラルキッチン

星野4

業務用冷凍食品(惣菜類)の製造

チ〜ン

客観的な証拠を出せないですが、高級温泉旅館ブランドの「界」の勤務経験のある知人の話では、確かに冷凍食品、セントラルキッチンでした。専任の板前はおらず、従業員は持ち回りで料理から部屋の掃除からお客様対応まで全てを対応しないといけないようです。最大で16時間拘束されるブラック企業でした。

私もブランドのグレードは下になりますが、星野リゾート裏磐梯温泉ホテルを利用した事があります。星野リゾートに買収される前の旧猫魔ホテルは地場の野菜をふんだんに利用した料理が印象的でしたが、傘下になった後は特徴のない、チーンな印象に。旧猫魔ホテルはまた使いたいとリピーターになり、星野リゾート傘下になってから利用したのですが、生涯で最悪のホテル体験となりました。
チェックインすると夕食は18:00と一方的に指定され、時間通りに行ったら20分くらい行列で待たされ、挙句の果ては
相席をお願いしますと言われました。スキー場の食堂ならそれでも良いのですが......


※セントラルキッチンや冷凍食品を否定する意図はありません。チェーン店のレストランで、高い品質と安全性を安定的に維持するのには、非常に効果的です。しかし、それは「星野リゾート」「星のや」「界」のブランドイメージや利用者が求める世界観とはかけ離れたものでしょう。

星野5
スポンサーサイト
2015
04/07
テレビの搾取の仕組みと、ネットTVによるテレビ局の倒し方
テレビ局は過酷な搾取の仕組みです。ソースとして信憑性が高いと思われる日経新聞の記事においても、以下の通りです。
あのタレントの稼ぎはいくら…最新ギャラ相場 日経エンタテインメント!2014/5/12

1514tv1.png

TV局のエクゼクティブプロデューサーで年収2000万円、番組製作会社のプロデューサーで500万円、番組製作会社のADは月収18万円。ボーナス無しで216万円。労働時間や環境は過酷であり、私の知人の元プロデューサーは年収は300万円以下で、テレビ局に住み込み状態で家に帰るのは月に数日でした。

アニメ製作の現場はもっと悲惨です。

平均年収.jp home > クリエイティブ系平均年収一覧 > アニメーター 平均年収
1504tv2.png

※40台以降の年収相場が業界平均との格差が縮小しているのは、30代までの低収入に耐え抜いた少数の優秀な人材の生存者バイアスによるものだと思われます。50代、60代でアニメ製作に携わるのは、ごく少数の著名人だけになるでしょう。

実際の求人を見てみましょう。以下はエヴァンゲリオンで知られる、著名アニメ製作会社のガイナックスの例。

1504tv3.png

完全出来高制。完全ブラックです。上記の悲惨なデータを裏付けるものです。


ここでテレビについて強調しておく事があります。フジテレビで名言となった「嫌なら見るな!」の理屈は通りません。国民の共有の財産である電波を我々個人が負担する携帯電話などに比べて、極端に廉価で利用しています。しかもそれは国から認可された独占事業です。また、嫌なら見ないですが、見なくてもテレビ局の費用は負担させられています。2013年度の地上波テレビの広告収入の総額は2兆円を超えています。これは、我々が消費者として接する商品の価格に含まれております。また投資家として接する企業も多大な広告負担をしています。
ニュースアプリ「グノシー」赤字13億9300万円 強気の拡大戦略、成功と失敗の分岐点にある 2014/9/ 1
ニュースキュレーションベンチャーとして日本でスマートニュースと首位を競うグノシーは売上高が3億5900万円。「10億円以上とされる増資分」の「8割以上を広告宣伝費につぎこんだ」とあるように、広告費、しかもその多くをテレビCMにつぎこんでいます。ベンチャーはサービスの開発やグローバル展開に費用をかけて、成長を狙いたいが、テレビ局に広告費を貢ぐだけで、成長や株式の上場は遅れ懸念が広がるばかりです。
これらの負担は、不当に負担を免除されている電波料も含めて、テレビを撤去したからと負担は免れません。さらには、報道機関でもあり、放送法の規制も受けており、より高い倫理性が要求されているのは、言うまでもありません。

ニュースで庶民の味方の振りをするテレビが、アニメ番組の仕入先であるアニメータを年収100万円代で搾取する事は倫理的に許されるのでしょうか?

ここから本題に入ります。この構造を踏まえて、今年中の国内参入が期待されるNetflixApple TVの新モデルが、日本の放送事情に激変をもたらす可能性があります。

しかし、現在もネットによる番組配信サービス事業はあります。Huluやdビデオ、ひかりTVなどです。ニコニコ動画やYoutubeもまた番組配信サービスに含まれるでしょう。しかし、既存の地上波などの視聴にも使えるひかりTVは別ですが、共通して大きな弱点があります。特定の海外ドラマや映画など、見たい番組を選んで視聴するには便利。Youtubeやニコニコ動画は、検索したりバイラルメディアからのリンクで面白い動画に出会えます。

しかし、家庭に置かれたテレビのおそらく半分以上はその用途に使われる、つけっぱなしのながら視聴には使えない。これらの動画サービスは他のインターネットサービスと同じく、プル型です。必要な情報を自分で選択して、利用する。地上波テレビはプッシュ型であり、番組表に沿って一方的に番組が送られてきます。

名作洋ドラファンでも「24」を24時間つけっぱなしにはしないでしょう。しかし、地上波テレビは、ニュース、ワイドショー、バラエティ、連続ドラマなど、最新の時事情報も含めた番組が垂れ流されています。

もう一つの弱点は、
長編名作の洋ドラはファンには嬉しいですが、重厚すぎて疲れる。30分くらいでサッと見られる、ライトなエンターテインメントも欲しいところです。

この弱点を克服すれば、テレビを倒せます

垂れ流し放送に対応するには、上記の通り年収200万円代でコキ搾取されている番組製作会社を買収して、ニュースやバラエティ番組を作る戦略もあります。もっとリーズナブルな戦略もあります。

1504TV4.png

これらは、大手テレビ局(キー局)の支配から独立した独立系UHF局のひとつであるTOKYO MXのバラエティ番組のごく一部です。全国にこのような独立系UHF局があり提携して、これらのバラエティ番組の供給を受ければ、垂れ流しの用途は果たせるでしょう。視聴者が番組を選ぶプル型だけでなく、特定のチャンネルに合わせるとこのようなバラエティ番組やニュースなどが、番組表に沿って流れるプッシュ型サービスを並行する必要があります。

これは、キー局による地方局の支配という地上波利権により、番組の全国展開ができない独立系のUHF局にとってもメリットが大きい、WIN WINの関係になります。

もう一つの戦略はアニメです。アニメは一話が30分未満という忙しい毎日にもフィットするライトなコンテンツ。スマホなどのモバイル視聴との相性も良いでしょう。しかもジャパニメーション通り、世界規模での展開が期待できる国際競争力の高いコンテンツです。これを現場は完全歩合制の絶望職場で疲弊させられて、いずれ滅ぶかもしれません。あのスタジオジブリでさえ存続の危機に陥っています。これを、NetflixやApple TVがコンテンツとして、アニメ製作会社から適切な価格で購入して配信する戦略です。Netflixはネットによる番組配信にとどまらず、オリジナル番組の制作にも熱心であり全13話で制作費100億円のハウス・オブ・カードというドラマ作品まであります。円安ドル高もあり、日本のアニメは制作費は割安で世界展開できる魅力的なコンテンツに見えるでしょう。アニメの制作費は一話あたり1000万円〜1500万円と言われており、悲惨な製作環境を改善した一話2000万円の短歌で仕入れても、ワンクール13話のアニメ番組でも2.6億円。ワンクール10億円という大作ドラマの1/10の予算でアニメ番組を3〜4本持てる計算になります。

アニメ製作会社にとっても、テレビ局よりも高い単価で購入できる期待、そして同時全世界展開でより広い市場を狙えます。amazonやAppleなどコンテンツ販売の実績のある企業と提携すれば、セルビデオ(デジタルデータ、パッケージソフト)によるビジネスモデルも拡大できるでしょう。

このように、新規参入者にも日本の番組製作会社にも独立系放送局にとってもWIN WIN WIN
倒すべきは大手テレビ局と大手広告代理店です。

その他の戦略

日本の人口構成は中高年が多い。テレビの視聴者は彼らが多い。この対応は必須であり、その一つは前述の通り、垂れ流し視聴を可能にするプッシュ型への対応です。そのほかにも簡易的な視聴環境の提供が必要。リモコンで簡単に視聴できる、専用リモコンの配布も必要です。また、寝室のセカンドテレビも狙い自立スタンド付きの安価なタブレットを視聴用の端末として販売する戦略もあります。

更に必要なのは、モバイルユースへの対応。dビデオなど携帯キャリアが運営するサービスを除いて、ダウンロード視聴に対応しないケースが大半です。動画は重いファイルであり、自宅で事前にダウンロードして、出先ではオフラインで視聴できる環境が必要でしょう。ダウンロード可能なスマホやタブレット用のアプリは必須です。視聴者の好みを学習して、深夜に自動的にダウンロードする機能も実装できるでしょう。

意外な戦略として、NTTドコモの事業であるNOTTVの買収もあります。これは隠れた地上波デジタル放送業者であり、インターネットを経由しない電波での放送を行っています。NOTTV公式サイト。オリジナルコンテンツの製作も行っており、番組製作のノウハウを吸収しつつ、ネット帯域を圧迫せず安価に同時配信する放送波を手に入れられます。ドコモの蹉跌は、この汎用性の高いサービスをドコモのごく一部のスマホとタブレットの専用サービスにしてしまったこと。これを受信機を持てば誰でも利用できるサービスにすれば、より広い展開が期待できます。前述の垂れ流し視聴のための番組配信にも応用できるでしょう。
2015
01/29
白い方が勝つわ。欧米に負けない、日本独自の文化産業戦略は。
1401白い

白いロボットが二体。ベイマックスとガンダム。これらは、日本と欧米の戦略の違いの代弁者です。

ベイマックスは現在上映中で最終的な興行収入は不明であるが、日本国内では50億円超え、米国で200億円超え、全世界では500億円を超える可能性があります。アナと雪の女王の全世界興行収入は1500億円と驚異的な数字を叩き出しています。
こちらの記事によると劇場版のガンダムシリーズ全12作品の累計興行収入は100億円。海外での上映実績はほとんどなく、たった1作のベイマックスの世界興行収入の足元にも及びません。DVDなど映像ソフトの収入を入れればその差は更に広がるでしょう。ガンダム、Zガンダム、νガンダムなどガンダム総動員しても、汎用餅型決戦兵器ベイマックス1機に簡単に足輪られる圧倒的な戦力差があります。

日本は文化においても世界の三等国。米国や欧州にはかなわない。諦めるべきでしょうか?
いや違います。

そのヒントは、最上段の写真にあります。

ベイマックスもアナ雪も大ヒット。では、その作品の世界観を楽しむために米国を訪問するでしょうか?ディズニーランドには、これらのアトラクションやショーイベントは設定されるでしょう。(日本のディズニーランドでは実施中)

ベイマックスの舞台設定。サンフランシスコと東京を合わせたような魅力的な設定です。
しかし、これがサンフランシスコの観光客を呼ぶものではなく、ディズニーランドの他に集客無しでしょう。儲けは集中的にディズニーが頂くシステムです。

ガンダムは写真のお台場ガンダムのように、観光客を日本に呼び込む。
ザク豆腐


Zガンダム
ガンダムカフェ

公式、非公式を問わず、日本の町にガンダムへの思いが息づいている。ガンプラをはじめとしたキャラクター商品や派生商品も多い。たった一作で500億円1500億円を稼ぐ力はない。しかし、ガンダムは日本文化の一部となり、外国人を日本の隅々まで呼び込みます。

これは、食とファッションのパリと東京のパラドックスからも説明できます。

日本人のフランスの食文化の想像
フレンチ

一般的なフランスの日常食
steak-with-french-fries.jpg

日本人が想像するフランスファッション
フランスファッション

一般的なフランスの日常ファッション(シャンゼリゼ通りのグーグルストリートビューより)
シャンゼリゼ1
シャンゼリゼ2

夕食1000円未満の日本国内大手チェーン店の定食
大戸屋

原宿の格安ストリートファッションのお店の中
harajuku_doors_KIMG17313.jpg




LVMHグループの2013年の世界売り上げは4.8兆円ほどであり、フランスのルイヴィトンやワインやシャンパンなど高級ブランドの複合企業です。2014.10に発表されたユニクロを有するファーストリテイリングの年間連結売り上げは1.4兆円であり、大人と子供の差があります。

世界最大の高級ショッピングモールと言われているドバイモールのレディスファッションのショップリストは欧州と米国のブランドのオンパレードであり、日本ファッションの生存空間はごくわずか。


このようにフランスはイメージとしてのハイファッション、グルメ、文化の大国として君臨しており、そのイメージで世界中の消費者を虜にしています。しかし、いざパリに出向くと、そのイメージと実態の格差に多くの人は驚かされると思います。食事にしても、ノーアイディアでとりあえず手軽に済まそうとしたら、写真の通りにそのレベルの低さに悩まされます。いつも美食をしている訳ではない。そして、ファッションもいつもエレガンスな訳ではない。

ここでも、日本は欧米に比べると三流国。グローバルで稼ぐ事はできない。

しかし、1000円未満で供される大戸屋の和食はおそらくパリの一般的な外食の半額以下ですが、色彩も美味しさも栄養も比較になりません。原宿や表参道や渋谷のスクランブル交差点は奇抜なファッションを着こなし忙しく動き回る日本人の生態を観測する観光スポットになっています。店員がマネキンとなって、客と同じ目線でファッションを楽しむショップもまた日本ならではです。欧州の高級ファッションブランドの直営店の店員を見れば、その違いがはっきり分かります。その店員はそのブランドの洋服を楽しんでいるのか、否か。

ギャル

ネット通販の発達によって、今では通販で全世界でこのようなファッションを楽しめます。しかし、お店に出向き、実際に話をしてみたいと出会えない楽しみもあります。


グローバルで売る力は欧州米国にはかなわない。しかし、日本に来て頂いて楽しんで頂く。

これが、日本の戦略です。そのための武器が円安であり、航空路線の自由化とLCCの参入です。



2014
11/13
テラモーターズはベトナムのテスラモーターズになれるか
1411テラ

テラモーターズ株式会社公式サイト、メディア掲載

このブラックジョークの方程式が、メディアとして公式サイトにリンクを頂きました。ありがとうございます。これまで通り、アフィリエイトをすると自由な言論空間というブログの利点を失ってしまいます。ノンアフィリエイトの方針はこれまで通りです。

テスラモーターズとテラモーターズ 電気自動車の両極端の戦略
今回はこのエントリーの続編として、テラモーターズのベトナム電動バイク市場参入について、探りを入れてみます。

1411テラ2

こちらのニュースの通り、ベトナムでの電動バイクの進出しており、初代販売モデルは日本国内と共通のA4000iであり、50万円近い価格と100台の限定販売であり、テスト販売という状況でしょう。約7万7300~15万4600円とされる低価格モデルは、現地のガソリンバイクと価格が並び、本格的な普及が期待できます。

1411テラ3
A4000iスペック

これが、A4000iであり、テラモーターズの電動バイクでは家庭用個人用のラインナップです。同社は国内市場では業務用電動バイクを主力にしています。

A4000iは形状と機能性は通常のスクーターと同じですが、純白のボディとブルーのポイントはなかなかオシャレです。電動バイクの弱点は航続距離ですが最大で60km。ガソリンの原付バイク(A4000iは2人乗車可能で、原付相当ではない)ではタンク容量が4リットル程度でリッター40kmで実走行で160km。A4000iの実走行距離では40km程度とこの1/3くらいであると想定できます。明確な弱点です。

もう一つの弱点であり、これまで日本国内の電動バイクが撤退した原因となったのは、バッテリ寿命。これまでのリチウムイオン電池は300回満充電を繰り返すと寿命になります。実走行距離は30kmくらいであり、通勤などの日常の脚として毎日使うと、1年でバッテリ交換が必要になります。A4000iでは、カタログスペック上では50000km(800回以上のフル充電)が可能であり、目安としては3年程度は使えるでしょう。また、電動自転車のようにバッテリは着脱可能であり、戸外に電源がなくても使用可能です。

上記の記事にあるように、低価格モデルがベトナムで発売されるとありますが、おそらくは122040円〜で発売中のSEEDでしょう。

テラ4
SEEDスペック

見た目は普通のスクーターです。A4000iとの最大の差異はバッテリでディープサイクル鉛電池です。走行距離は最大で35km程度であり、実用上は20km程度となるでしょうか。片道で15分程度の毎日の通勤通学がギリギリと、かなり厳しいスペックです。

バッテリーの充電の回数は450回とされており、毎日乗ると一年少しで交換となり、交換用の電池の価格は38000円と厳しい。実用上での走行距離は10000km。ガソリンの原付バイクの燃費では250リットル相当のガソリンの走行距離に相当しており、単価を150円とすると37500円となり、ガソリンと同等のコストになってしまいます。
やはり厳しいスペックです。

SEEDは本体の価格はガソリン車と比べても競争力がありますが、問題はバッテリー。バッテリーの値下げか性能アップが必須です。

販売戦略はなかなか戦略的です。ベトナムのバイク市場の特殊性と合わせて考えてみます。ディーラーの進出候補地に経済首都(最大都市)のホーチミンは含まれていないようです。ホーチミン市は都市がスプロール(虫食い)状に乱開発された巨大都市であり、不動産価格の高騰もあり、バイクの通勤事情はかなり過酷です。私が現地でリサーチした限りでは、バイク上の通勤時間が1時間半を超えるケースも珍しくなく、電動バイクの走行距離では販売は不可能でしょう。

画像 839 のコピー

しかし、販売先の主力としている北部のハイフォン市とバクニン省は上記のイメージ写真の通り、貿易港や新興の工業団地が点在している重要な経済戦略地区です。世界最大の携帯電話工場とされるサムスンが立地している事でも知られています。

巨大都市ではなく比較的近距離に働き先が山ほどあり、通勤する若年層が大量にいることから、通勤用の電動バイクが売れる巨大市場でしょう。ホーチミンではなく、こちらを主力とすることから、なかなか戦略的です。

次にベトナムのガソリン車のバイク市場を見てみます。2013年の新車の販売台数は11万台、バイクは283万台であり、依然としてバイクが庶民の足の中心です。新車の平均的な販売価格は10万円程度であり、所得水準から比較して決して安くはありません。ホンダとヤマハの日本ブランドがシェアの大半を抑えており、中国製の安物よりも、価格が高くても品質の高いバイクが好まれています。

画像 829 のコピー

車両はこのようなスーパーカブのようなタイプが圧倒的な売れ筋であり、スクータータイプが大半を占める日本市場や台湾市場やタイ市場とは大きく異なっています。新聞配達や郵便用の業務用バイクはスーパーカブタイプであるように、車輪が大きく走行性能はより高く燃費の良さはスクーターの比較ではありません。50cc同士の比較では、カタログスペックは110km/リットルの脅威の燃費であり、スクーターの二倍の距離を走ります。ホーチミンの長時間通勤者が顕著ですが、長距離走行が多いので、安い中国製よりも日本ブランド、スクーターよりもスーパーカブタイプが選好されているのでしょう。

画像 682 のコピー

ベトナム特有のバイク市場を示すのはこの画像。これはホーチミンのクリスマスの目抜き通りです。年末のルミナリエのライトアップや明治神宮の初詣をバイクに乗ったまま過ごすようです。バイクの上に家族が揃うことも。ぶつかるわけでもなく、立ち止まることもなく、スムースに人が歩くよりも遅い速度でノロノロうごめいています。

ここに、テラモーターズの挑戦が二つあります。まずは、スクーターの市場が出来上がっていないので、足を揃えて乗れてオシャレなスクーターは新鮮なものでしょう。東南アジアのバイク市場は、ナイキのスポーツシューズのようなカラフルな派手な(男の子向け)デザインが主体であり、A4000iのホワイトのシンプルなデザインは、驚きとして迎えられるでしょう。

低価格のSEEDに関しては、デザインの再考が必要かもしれません。カラーリングを他では少ないホワイトにするだけでも、差別化のインパクトはあるかもしれません。ホワイトなのは、ガソリン車のようにオイルや排気ガスで汚れない。自宅では屋内にしまい雑巾でキレイに磨き上げるという、電動バイクならではの差別化のマーケティングです。

そして、スペック上の工夫が必要ですが、ベトナム名物のノロノロ低速走行。ぜひ、スムースで簡単に電動で実現してほしいです。エンジンでのノロノロ走行は意外に神経を使います。加速よりもノロノロ走行のアクセルの踏みしろを広げる、ノロノロ走行時のバッテリ寿命を延ばすチューニングが必要かもしれません。

また、自家用車という選択肢が一般的ではないベトナムでは、バイクは実用車ではなく、自慢ができるデートカーでもあります。カッコイイデザインで売ることが何よりも大切です。電動はカッコイイというマーケティングが求められています。ガソリン車のように車体が熱くならない、走行音が静か。カップルがバイク上デートで語り合うデートカーのイメージでしょう。

また、走行距離とバッテリ寿命という欠点の克服は難しいでしょうか。テスラモーターズのモデルSはバッテリーを日産のリーフの二倍以上を積んで、二倍以上の価格で販売する。高級セダンとして販売する戦略で克服しています。テラモーターズは、デザインで選ばれる高級バイクを目指し、バッテリをより多く積める高価格で買ってもらえる戦略が必要でしょう。目標は100km、まずは50km以上を目指しましょう。
2014
11/06
電通とオリエンタルランドがゆるキャラにイノベーションを起こした。
1411ゆる
人気投票で全国のゆるキャラをランキングするゆるきゃらグランプリ2014では、写真中央のぐんまちゃんがグランプリとなりました。

ゆるキャラとは提唱・命名者はイラストレーターのみうらじゅん氏とされ、全国の自治体や地場産業などのゆるいマスコットキャラクターです。ゆるいとは、権利関係の管理であり、地域の新興に役立ち控除風俗を乱さなければ無料で使える。群馬だからウマ、二位のふっかちゃんは、深谷だからネギのツノと額の「ふ」の文字と、安易に意匠を導入するゆるいデザインも意味します。

1411ゆる2

ゆるキャラ対義語は私が勝手に命名している「きつキャラ」です。計算し尽くされたスキのないデザイン。そして、このようなパロディイラストや幼稚園の卒園制作のポスターまで、権利者が集金に来るという都市伝説のある、擬人化されたネズミのキャラクターです。

みうらじゅん氏が提唱した当時は、自治体や遊園地などのやる気の無さに氏が愛情を感じて、雑誌などに取り上げて、ネタにしていたものです。これが、全国的なイベントとなり、やる気満々の事業となったきっかけは?


それは、電通の起こしたイノベーションです。

人気が全国区となった、史上初のゆるキャラは、彦根市のキャラクターのひこにゃんでしょう。これは、キャラクターデザインを担当したイラストレーターのもへろん氏と彦根市等が権利問題で係争になるなど、ゆるくない問題を引き起こしました。

ゆる3
この経緯を睨んで、ゆるキャラは商売になると、2010年に電通が開発したのが「くまモン」です。

ゆるキャラであるくまモンですが、小山薫堂氏と水野学氏という電通のクリエイティブ活動でも活躍している一線級のクリエイターの共作です。擬人化されたネズミのキャラクターに匹敵する緻密なデザインが行われています。

ゆる3
電通とくまモンのただならぬ関係は、当の電通の公式サイトで取り上げられています。
くまモン ほっぺ紛失事件 キャンペーン | PR会社 電通PR
くまモンが一人勝ちしている本当の理由

莫大な開発コストをかけた先行試作機のくまモンはゆるキャラ界のガンダムであり、これを成功事例として上記リンクなどの通り電通がが自作自演のキャンペーンを行い、ゆるキャラ人気の過熱を起こしました。そうして、ジムに相当する量産型のゆるキャラと、その地域振興イベントを電通が売りつけるというビジネスモデルです。

【速報】浜松市「家康君」の電通関与を認める。疑惑について広報に聞いてみました。 2013年11月01日15時10分 / 提供:秒刊SUNDAY
電通のゆるキャラ商法については、こちらの例などで実証済みです。

電通に限った話ではありませんが、地方自治体や観光団体と大手広告代理店の相互依存関係は、ゆるキャラの健全な成長だけでなく、納税者の権利の問題から、不透明な問題を起こしています。

大手広告代理店は日本のメディアを牛耳る権力機関であり、公正取引委員会の権限に優越します。電通の独占状態については、こちらのリンクからも知る事ができますが、独占は競争のないボッタクリ広告料金を生むだけではなく、こちらのリンクの通りメディア支配と情報支配の危機を産んでいます。このように、電通の独占構造は、大手マスコミでは「特定秘密」とされおり、信頼度が高くはない個人メディアの紹介になってしまいます。

第二のゆるキャラのイノベーションは「きつキャラ」の総本山のディズニー関連のオリエンタルランドが引き起こしました。

これまでディズニーランドイチオシのクマのキャラクターは、蜜壷を抱えた黄色いクマでした。
米ディズニーが勝訴-「くまのプーさん」使用権めぐる訴えを却下
蜜壷を抱えた黄色いクマは、絵本作家とディズニーの泥沼の権利争いとなっています。甘い蜜に引き寄せられるのは、儲けに目の眩んだ人間も同じです。

そんな中で、オリエンタルランドが米ディズニーや絵本作家への著作権料の支払いを減らす、新型のクマのキャラクターを開発しました。朝日新聞のソースは消えていますが、転載メディアのリンクの通り、もうけの大きなクマとして、オリエンタルランドの経営に貢献しています。

rg_df_ph00.png
著作権料の支払いの節減を使命として開発された経緯の「脱Fee」が由来だとされるダッフィー。右にいるのは、メスグマのシェリーメイ。シェリーメイの姉にはファニーメイ(Fannie Mae)、兄にはジニーメイ(Ginnie Mae)、父親はフレディマック(Freddie Mac)がいます。2008年に一家の住宅投機で大やけどをして一家離散の危機となりましたが、オリエンタルランドに末っ子のシェリーメイを売り渡す事で糊口を凌いだとされています。FRBは金融緩和の停止を表明しており、彼らの家計にまた問題が生じる可能性があります。
※注意この章は筆者の無断創作です。実在の政府系金融機関とは関係ありません。

このダッフィーがイノベーションであるのは、「きつキャラ」の総本山が、ゆるキャラの手法を導入して開発され、もうけの大きなクマとして、オリエンタルランドの増益に貢献しているからです。

ゆるキャラとは、筆頭で定義を紹介した通り、安易に意匠を導入するゆるいデザインであり、クマのデザインのコモンセンスであるテディベアに脚の裏と顔の形状に、「きつキャラ」の擬人化されたネズミの意匠を導入する、ゆるいデザインです。
また、とってつけたような設定やストーリーもその特徴であり、オリエンタルランドのダッフィーの公式サイトのリンクのダッフィーのストーリーの通り、まるでとって付けたようなゆるさです。このゆるさなら、私の創作のストーリーの方がマシかもしれません。

ダッフィーのゆるキャラとしての特性は作り方☆ダッフィー&シェリーメイの服へのリンクの通り、ユーザーにコスチュームのカスタマイズをするゆるさを与えています。儲けの大きなクマをランドで購入して、自宅で衣装の着せ替えやトートバッグに入れるなどカスタマイズして、ランドに再来演するという、リピーターの醸成という利益の貢献までしています。

ぬいぐるみは、お土産として買われた後は、ユーザーの自宅など園外の日常空間で寄り添うグッズです。しかし、ダッフィーはランドへ再入場する、自宅園内往復ぬいぐるみとしてのイノベーションを起こしています。


duffy.jpg
0d67cc622292f05ec8dfa3e97cfa29ac_0.jpeg

 » HOME »  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。