[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015
06/29
ギリシャのデフォルトとEU脱退とドラクマの復活があれば、替え歌は断筆か。
ギリシャ支援協議、再び物別れ デフォルト回避へ週末に最終折衝 2015年 06月 26日

このニュースに対する替え歌の返答は

1506ギリシャ2

機甲戦記ドラグナーOP(夢色チェイサー)

1506ギリシャ1

これは、前回の上海総合指数の高値からの急落を予見するほどのインパクトはなく、上記のニュースのようにギリシャのデフォルトが濃厚になった後で発表した替え歌です。ここで、替え歌の作風の解説ですが、経済・投資ネタ・ブラックジョークが前提となります。嘉門達夫氏との大きな違いは、素材の曲をできるだけいじならい。ここでは、ロボットアニメの主題歌の夢色チェイサーの本来の歌詞の世界を、全く意味の違うギリシャ問題にすげ替える意外性、素材選びが替え歌で最も重要になります。

決められた道をただ歩くよりも(EU内に留まるための財政再建策に従う)
選んだ自由で傷つく方がいい(国民投票を待ち、独立独歩を守りたい、例え経済危機に苦しんでも)
金だけは Frying Away Frying Away 渡せない(キャピタルフライトと銀行の取り付け騒ぎ)

本来の機甲戦記ドラグナーとは全く違い、現在のギリシャの置かれた状況の予見になっています。
この替え歌のタイトルも奇行戦記ドラクマー(Drakhma)であり、EUから脱退して自国通貨のDrakhmaの復活を予想しています。

ギリシャ、銀行営業を停止・資本規制へ-ECBの緊急融資増額見送りで 015 年 6 月 29 日

取り付け騒ぎは現実化しており、あとはデフォルトとEU撤退とDrakhmaの復活?
これが、現実化したら、これ以上の世界経済の破壊は許され無いので、替え歌は断筆するしかありません。
スポンサーサイト
2014
12/11
独断と偏見の総選挙特集 各政党にテーマ曲を指定してみた。
※このエントリーはブラックジョークです。

総選挙のテーマソングはMEN OF DESTINY
総選挙2014 の選挙特番にも使って欲しい、替え歌なしでそのまま総選挙がテーマ
選ばれし者〜 Men of Destiny 〜  厳密には女性の政治参画にふさわしくない?

自民党 紅蓮の弓矢
紅蓮の(財政赤字)弓矢(アベノミクス)
囚われた屈辱は 反撃の嚆だ城壁の其の彼方 獲物を屠るJäger(イェーガー)
右寄りの論調も自民党の世界観を反映しています。

公明党 ノーコメント
ノーコメント ※かなり厳しいブラックジョークです。

民主党 やる気のないダースベーダーのテーマ
政治主導の改革を断行するマニュフェストは暗黒面に落ちて、自国困窮化のデフレターゲット政策で通商破壊を実施して、売国政策で日米の相互不信を呼び、外交的危機を呼んだ。しかし、悪の帝王は国民の選択に打破された。悪の帝国の再建はないでしょう。

維新の会 戦闘テーマ「みらい」
独断と偏見で最も政策が一致する維新の会を最も好きなBGMを当ててみた。
太平洋戦争の戦場にタイムスリップしたイージス艦「みらい」は、圧倒的な戦闘能力で自治労や同和利権という、アンタッチャブルな抵抗勢力を攻撃。しかし、兵站は脆弱であり安易な野合は理想の実現の前に無益な戦闘に巻き込まれ、「みらい」の戦力は失われ続けている。その身をもって、日本の未来への羅針盤となれるのか!

次世代の党 軍艦行進曲
党名とは裏腹に老人の懐古主義。最も右だから。

国民の生活が第一 愛し愛されて生きるのさ
私は愛していませんが、OZAWAの党だから。生活感のある歌詞の世界と歌い出しのコンクリートが小沢的。

社民党 最初から今まで(冬のソナタ)
北朝鮮の拉致事件の支援・隠蔽工作を行っていた過去は「記憶喪失」とは言わせません。
最初から今まで売国は一貫しています。

共産党 ポーリュシカ・ポーレ 
プールの塩素のような愛すべき野党。無いと水が腐ってしまう。多すぎると死んでしまう。
2014
11/15
コンバインとぶ 資源バブル崩壊の次はソフトコモディティーバブル崩壊か
コンバインとぶ
資源バブル崩壊の次はソフトコモディティー(農作物)バブルの崩壊か

おらの農道が開かれた 
きらめく期待 俺をうつ
おらの金を蓄えて 
開いた農地 天に飛ぶ
恐れるな 俺の投資
ためらうな 俺の融資
伸びる需要が 利益になると
価格が跳ねて 衝動が走る
麦が下値を 貫いたとき
おら農家 コンバイン
資金ショート コンパイン
あたっ あたっ あたっ おれは農家

おらの農道をつらぬいた
金に困って 売るやつか
おらの力を忘れてか
諦め燃やし 火を放つ
急ぐなら 俺がやるさ
生きるために 俺が走る
投げ売るだけが 農地でないと
知って出稼ぎ 工場だけど
スパナと鎌を 振り上げて叫ぶ
おら農家 コンバイン
資金ショート コンバイン
あたっ あたっ あたっ 俺は農家

おらの農道が揺れ動く
つなぎ融資 流れるか
おらの力呼んでみろ
暗闇のなか 道ひらく
目をこらし 見つめてみろ
闇のなか 策はあるさ
払うリストラ 血糊ついても
恐れはしない とびこめばいい
肉を切らせて 負債を削れ
おら農家 コンバイン
資金ショート コンバイン
あたっ あたっ あたっ 俺は農家

ダンバインとぶ フルバージョン

2014
10/20
「俺のコリアン」泥棒立国の文化の神髄を見せる 食べログも泥棒の片棒を担いでいます。 
俺の株式会社
フレンチやイタリアンなどの高級料理をシェフや品質はそのままに、客の回転率を上げる事で、居酒屋並の価格で提供する、「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」。運営は俺の株式会社です。焼き鳥や中華料理など、多面的に業態を広げています。

dsc_0390.jpg
事業の起点となった俺のフレンチ

高円寺に実在する焼き肉屋に「俺のコリアン」が。

20130508202226.jpg
最上段の俺の株式会社の公式サイトには「俺のコリアン」というお店はありません。「俺」は普通名詞であり、たまたま似た名前になったと言い逃れができそうですが、特徴のある「俺」の字体は上記の二枚の写真の看板を比較した通り、完全一致します。

俺のブランドを窃盗した!

各国料理はただその国の料理を出すだけではなく、おもてなしやインテリアなど、その国の文化を紹介する場でもあります。泥棒立国の某国はその泥棒文化を料理と共に我々に伝えてくれています。

この泥棒立国の大躍進を支える共犯者がいます。食べログです。
泥棒料理店の「俺のコリアン」は食べログにも紹介されています。

食べログ「俺のコリアン」
1410食べログ
食べログの口コミの最上段の人気口コミです。レビュアーの名前の右側の数字はレビューしたお店の数で、口コミの筆頭に乗る事からも、注目度も影響力も高い口コミです。
「今や予約の電話すら繋がらない、俺系列」「俺のフレンチ・俺のイタリアンは有名でしたが」と、俺の株式会社運営の店舗だと騙す口コミが展開しています。私は一目見て、これはパチモンだと見抜いたのですが、多数のお店をレビューしている人気レビュアーがこれを見抜けない筈はありません。

泥棒立国、インチキ立国。袖の下をもらって、利用者を騙す口コミを書かせたのかもしれません。

口コミは、マスコミよりも信憑性が高いとされていますが、そうではありません。

このように堂々と嘘がまかり通ります。

運営する口コミサイトの食べログも責任追及は免れないでしょう。私は早速、食べログ側に、ブランドの窃盗とこれを助長する悪質な口コミがあると指摘しました。
2014
09/10
福沢諭吉と毛沢東とICタグの不都合な関係
ハイテクノロジーと企業情報と金融情報とブラックジョークが渾然一体になった、ディストピアのエントリーです。きっかけとなったニュースは、こちら。

凸版と村田、PUF技術を搭載した世界最小クラスのICタグを共同開発   [2014/09/08]マイナビニュース

1409タグ
1409タグ3

※このようなチップはICタグとも呼ばれますが、基本的な特性を解説。ICチップと言っても、これが単独で情報処理を行うわけではありません。電池も搭載されていません。読み取り機を近づける事によって、チップに通電して通信を行い、情報の読み書きができるものです。スイカのカードには電池が内蔵されていませんが、改札口の読み取り機に近づけると通信して、電車賃が決済されるのと同じ仕組みです。

PUF技術という偽造防止技術を搭載したICチップを、指先のホクロほどのサイズで開発したというニュースです。ICチップには、個別信号を書き込む事ができます。例えば、以下のような信号を書き込む事ができます。

偽造防止のPUF技術+2014.9.10製造のiPhone6でシリアル番号はXXXXXXX

偽造されないようにして、商品の種類別ではなく、個別で信号を記録して管理できます。

私のようなディストピアとブラックジョークに精神汚染されていない、前向きなハイテクベンチャー論者は、この技術で明るい未来を描いています。

商品パッケージにこのチップが組み込まれていると、ICの個別情報を読み取る事で、スマートフォンの画面に商品の製造日や生産者などの情報、あるいはネットにアクセスして商品情報を映し出す事ができます。最新のiPhone6は、決済機能を搭載しているので、そのままレジに向かわなくても、購入する事もできます。

メーカーの目論見では、電子部品や事務用品など、小さな商品への採用を狙っているようです。

ここまでは、どこにでもあるようなテクノロジー系ニュースの紹介でしかありません。

この技術の発想を転換すると世界の金融システムがひっくり返せます

高度な偽造防止技術のICチップを、商品にではなく、紙幣に組み込む。指先のホクロのようなチップですので、不可能ではありません。中国元など偽札が横行していますので、これで偽札問題は解決。めでたしめでたし。

1409タグ2


ここまででも、素晴らしい技術利用ではありますが、ブラックジョークがありません。

紙幣には個別番号が降られていますが、これは偽造防止のためであり、紙幣の一枚一枚を個別に管理している訳ではありません。あなたの財布の中の一万円札、そのお札の前の持ち主は誰でしょうか?どんな買物に使われたのでしょうか?福沢諭吉に話しかけても答えてくれません。

しかし、ICチップが内蔵されていれば、レジに読み取り機を搭載すれば、どこのお店で買物に使ったのかを記録する事ができます。レジの集計や企業の出納処理が自動化されます。ATMや銀行の窓口の入出金時に記録をすれば、強盗がお金を盗んでも、出所がすぐにバレてしまうので、犯罪抑止効果も期待できます。

このような情報の記録は、ICチップ内や読み取り機にされるだけではなく、全ての情報を集積して、記憶容量と処理能力は無限大のクラウドで処理する事もできます。

通貨の全ての利用履歴を記録する仕組みは、コンピュータデータそれ自体が通貨の実態である、ビットコインにおいては、「ブロックチェーン」という仕組みで実用化されています。

現金には匿名性という、銀行預金や大半の金融商品にはない特性があります。このために、非常にかさ張りますし、盗まれますし、火事にでもあったら全てが灰になるのに、預金をしないで現金のままで持ちたがる奇特な方々がいます。実際に見た事はありませんが、フォークリフトで整理したくなるほどの大量の毛沢東や福沢諭吉が、地下金庫で人知れず、眠っているそうです。

しかし、紙幣にICチップが内蔵されて、過去の利用履歴が記録されてしまうと.........

どんな人かは存じませんが、非常に困る人が出てきます。

そして、どんな理由かはわかりませんが、財務省や税務署の日々の仕事が捗るようになるようです。

 » HOME »  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。