[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015
11/09
日本人はカモネギ 日本人損させ仮説の最新データで再検証
2013.2の本ブログエントリーで、新興国投資でブラジルレアルとインドネシアルピアへの投資を警告して、隠れた新興国の勝ち組通貨のフィリピンペソへの投資を推奨していました。

カモネギとは何かと言うと、日本人向けに投資信託を大量販売しているものです。私が提唱している日本人損させ仮説では、カモネギへの投資は損をするというものです。

カモネギの実例。投資情報サービスのモーニングスターでは、日本国内で販売されている投資信託の検索をする事ができます。

カモネギの代表格『ブラジルレアル』で検索すると出るは出るはの137件。もちろん、これらは買ってはいけない。
1511カモ1

カモネギの『インドネシアルピア』では20件。
1511カモ2

勝ち組の『フィリピンペソ』は0件。勝ち組は日本人に売りません。
1511カモ3


その後のカモネギ通貨(BRLブラジルレアル、IDRインドネシアルピア)、勝ち組通貨(PHPフィリピンペソ)、参考まで私の持分が最も多い通貨(THBタイバーツ)の相対チャートを見てみます。

USD(米ドル)に対する相対的な為替であり、チャートが上に立ち上がるほど、通貨安になります。2013年のブログの投稿後の過去2年。より長期の過去5年。二つのチャートで観測します。

過去2年チャート
1511カモ4

過去5年チャート
1511カモ5


これは、カモネギは米ドルに対して通貨安。特にブラジルレアルは過去2年で米ドルに対してマイナス79.13%と悲惨の一言。勝ち組だと評価したフィリピンペソはマイナス8.99%と健闘しています。

カモネギ警報は的中。
難しいマクロ分析も良いですが、面倒な方は日本人損させ仮説だけでも十分でしょう。
スポンサーサイト
2015
06/26
中国株バブルを崩壊させてしまったかもしれない
最近はコメント機能付きニュースキュレーションサービスのNewsPicks(以後NP)の利用にハマり過ぎて、ブログの更新が滞っていて、申し訳ありませんでした。
NP上のコメントで中国株バブル崩壊の予感と引き金を引いてしまったかもしれないので、この問題の補足の考察も含めて、ブログにまとめました。後出しジャンケンと言われないよう、NPのコメントとニュースのスクリーンショットを載せます。

中国株バブルとその崩壊を確信したニュースは?

1506中国1

このニュースのコメントは

1506中国2

スクリーンショットからはリンクに飛べないので、上海総合指数のチャートはこちらのリンクから。

ここで補足ですが、中国のGDPなどの統計は偽計だと言われています。しかし、上記のような貿易統計は、貿易には必ず相手が必要なので、ごまかしはできない信憑性の高いデータであると判断しています。
ニュースの本文では輸出の落ち込みを深刻に伝えていますが、より深刻なのは輸入の方です。前年同月比で−17.6%という数字の大きさと7ヶ月連続で前年同月比10%以上の落ち込みという数字は深刻です。輸入の落ち込みは消費の落ち込みだけではありません。中国のGDPに占める個人消費の割合は35〜40%と言われています。残りは国内の住宅建設や政府の公共投資や企業の設備投資、あるいは輸出です。そしてこれらには、天然資源や建設資材や生産設備や半導体チップや液晶パネルや自動車部品などの中間材の輸入が必要です。輸入の激減は実体経済を示すこれらの減少を示しています。

この実体経済の深刻な落ち込みとチャートで示した株高は全く一致しない。これがバブルです。

NPは良識的なサイトであり、にちゃんねるやYahoo!の株式掲示板のように、株価が上がる下がるの生臭い予想は相応しくない。といいつつも、風紀を乱しがちな良質ではないユーザーであるのを自覚しています。ブラックジョークに包んで、中国株バブル崩壊の決定的な行動をしました。

NPはコメントの他にニュースの本文をリンクして、利用者にシェアする機能があります。ここで、ニュースではなく、アニメの動画を貼るという暴挙に出ます。

Pick(リンクをシェア)した動画 サイボーグ009 誰がために

1506中国5


補足説明。この動画の冒頭部は
1506中国4
上海の街が倒壊する衝撃的な映像です。

この壊滅する映像に合わせて、バブルで渡る血の大河 夢見て走る死の相場 最後の買い場 誰がために戦うという、良識では書き込めないメッセージを残しました。時系列は2015.6.14です。


1506中国6

過去一ヶ月のチャートでは6月12日に5166ポイントの高値を付けており、13日と14日は休場日でありこの14日に替え歌の投稿をして、翌日に取引を再開した6月15日から上海総合指数は急落をしています。

このブログの投稿日である6月26日のニュースは以下の通り。モルガンスタンレーは株価が下落してからの、中国株の買え控えを忠告しています。私はこれに対して6月8日に懸念を表明して、急落直前のジャスト6月14日に売りと警告をしています。

1506中国7

一日の誤差もなく、完全なる予測。この時系列の完全一致は偶然です。
決して、この替え歌が映像のように相場にとどめを刺した訳ではないでしょう。たぶん。
2014
12/23
ブラックジョーク的2015年未来予想
そろそろ経済誌や総合誌の2015年の予想が出揃う頃です。古くはベルリンの壁、最近ではロシアのクリミア半島やウクライナ東部への侵攻など、驚きを持って迎えられた事件の多くは、事前に予想されたものではありませんでした。誰でも予想できるものは、予想の価値はない。そこで、ブラックジョークの方程式的な誰も予想をしていない、トンデモ予想を発表します。

サウジアラビアはISISやシーア派や王権争いで体制が動乱して原油価格が再上昇

ますは、最初の因子であるISIS(Islamic State of Iraq and Levant、自称イスラム国)について。
ISISの建国(テロ活動)の土台はサラフィー主義だとされ、これは欧米列強の植民地支配以前の正当なスンニ派が支配するあるべき姿を取り戻す。ムハンマド(マホメット)の死後にその精神を受け継いだ正当な後継者をカリフ(khalīfa)と呼び、日本語訳ではムハンマドの後継者、代理人となります。

a0134839_9382065.jpg

ブルジュドバイと呼ばれていた、このドバイを代表する世界一の高層ビルはドバイショックにより、同じUAEのアブダビ首長国に救済されて、Burj Khalifa(ブルジュハリファ)と命名されました。Burjはアラビア語の塔という意味で、ムハンバドの後継者の塔という意味になり、イスラム社会の正当なトップに関わる微妙な問題となります。

ISIL、国家樹立を宣言 「カリフ」を自称、イスラム反発へ
ISISも独自にカリフによる建国を宣言しており、誰がムハンマドの正当な後継人であるか、紛争が絶えない中東にまた新たな火種となるのは言うまでもありません。

大きな矛盾を抱えているのが、サウジアラビアです。聖地であるメッカを国内に有しており、他のイスラム系諸国に比べて厳格なイスラム法が適用されています。例えば、マレーシアやインドネシアは外国人はイスラム社会を意識せず、旅行を楽しめる。UAEやカタールなどでは、ホテル内では飲酒を楽しめるが、公共の場では外国人であっても、飲酒は許されず、イスラム法の遵守が要求される。サウジアラビアに至っては、旅行目的ではイスラム教徒ではない日本人は渡航すら許されません。もちろん、メッカにも立ち寄れません。イスラム社会の正当な後継人として、イスラム社会の中心を自負しています。
サウジアラビアはal-mamlakah al-ʿarabīyah al-suʿūdīyahの略称であり、サウード家によるアラビアの王国と日本語に翻訳できます。このように、サウード家(サウジ家)の支配するアラビア社会であり、カリフ(ムハンバドの後継人)としての正当性は無いと言うのが、第三者による客観的評価です。

サウジアラビアはスンニ派の中心国として、シーア派の中深刻であるイランと対立関係にあります。
バーレーン危機にサウジが怯える理由
2011年に経済的にサウジと関係性の深い隣国のバーレーンで大規模な反政府騒乱が発生しており、少数のスンニ派の王族(ここでもKhalifaを自称している点にも注目)が多数のシーア派の国民を支配している矛盾が、騒乱の火種です。最終的にはサウジが介入してデモを鎮圧した形になりました。サウジの国内にも生命線である油田地帯の東部を中心にシーア派の住民おり、この飛び火を懸念していたようです。

先述の通り、イランとサウジは対立関係にありますが、ISIS対策を契機にアメリカとイランの関係は修復傾向にあり、表向きではないにしても、シーア派を叩いていたISISを資金的にサウジがバックアップしており、アメリカとの関係性に歪みが生じています。アメリカはシェール革命のお陰で実質的に中東の石油依存がゼロとなり、アメリカの民主主義の価値観にそぐわない専制主義のサウジ王家に頭を下げて関係性を維持する必然性が落ちています。

ここで、大いなる矛盾は、ムハンマドの正当な後継者を自称するISISにとって、田舎の一諸侯にすぎないサウジ家が聖地メッカを支配しているのは、許せないのではないか?

聖地メッカを巡礼するイスラム系外国人、あるいは出稼ぎをするイスラム系外国人に対して、横暴な対応が目立っており、潜在的なサウジへの反感を持っている現実があります。
家政婦の国外出稼ぎ制限へ、サウジでの死刑執行受け 2013年01月28日 20:01

また前述の国内のシーア派に加えて、サウジ国内には王権継承争い、専制体制による国民の不満、隠された貧困問題など、体制動乱の火薬庫と言える状況です。
2012/12/17(月曜) 22:14 サウジアラビアの貧困拡大

サウジアラビア空軍の主力戦闘機は米国から供与されたF-15S(SaudiのSであり専用に開発された機体)、陸軍は同じ米国から供与されたM1A2S(これもSaudiのS)戦車が主力となっています。このように安全保障で米国に依存しており、イランと関わるアメリカのサウジ離れと、後述の原油価格の急落は、専制体制維持の崩壊を呼ぶ危険があります。

二番目の因子は逆オイルショックとも言える原油価格の急落です。直接的には専制政治を維持する国民へのバラマキの財政的裏付けを失います。
サウジアラビア必死のバラマキ政策  老害で腐臭がただよう国 2011年02月24日
更に問題なのは、この逆オイルショックの要因が、アメリカのシェール産業潰しによる、石油安の我慢大会だという通説です。
米シェール油に価格戦争宣言、OPEC総会でサウジ石油相 2014年 11月 29日
これは、前述の通りサウジの安全保障と専制体制維持の裏付けであったアメリカとの離反のもう一つの要因にもなります。
更に深刻な事態があります。アメリカとサウジがオイル価格の我慢大会をしているのは、事実ではない可能性もありますが、それよりも重大なのは、周辺国にとってはそれが事実か風説かは問題にならない。イスラム社会の産油国はサウジアラビアだけではない、単純な事実を見逃しています。アルジェリアやイラクやクウェートやUAE、そしてもともと対立関係にあったイラン。これらの諸国からは、サウジが原油の減産に応じず、石油価格暴落を演じているように見えます。もともとkhalīfaの正当性や横暴な対応でISISや周辺国の怒りを呼んでいたが、これが爆発するという懸念です。イランのサウジへの武力侵攻など正面戦争はないとしても、メッカには不満を持つ周辺国からも巡礼者を集めており、テロや破壊工作や、国内の専制政治への反抗勢力への干渉など、騒乱の可能性は高まるばかりです。

悲観論ばかりになってしまいましたが、2015年の年末にはアホなブログがありましたとさ。と笑い話で終わるように願っています。

2014
11/12
外債投信や外国株投信をお持ちの方は、税率10%の資産課税が行われます。
1411円建て

こちらは米国債(償還までの残存期間が10年、米国の長期金利での運用に準じる)を投資対象とした、上場投信(ETF)です。過去三年間の運用で+48.84%という目覚ましい運用成績を見せています。

1411米ドル建て

こちらも米国債(償還までの残存期間が7−10年、米国の長期金利での運用に準じる)を投資対象とした上場投信ですが、過去三年間の運用成績は+6.40%。

ほぼ同じ投資対象で商品特性が似通った二つの上場投信。片方は+50%近い成績で、もう片方は+6.40%。この運用成績の違いはどこから?

回答は単純で、上段は日本市場に上場している日本円建て。下段は米国市場のドル建てとなります。つまりこの格差はドル高円安の影響です。

1411チャート

こちらは、過去5年のドル円のチャートですが、民主党政権のデフレターゲッティング政策の円高政策下では78円程度で推移していましたが、現在は115円程度で推移しています。つまり、為替は50%程度のドル高円安となっています。

もしも1万ドルの現金を投資する投資信託があり、ドル円78円時代に買っていたら。現在の価格は同じ1万ドルです。しかし、日本円建てで評価すると、78万円が115万円と50%近くも値上がりしています。同じ1万ドルなのに。

もしも、この投資信託を売るとなると、78万円で買い115万円で売ったので、37万円の儲けになります。投資信託の場合はこの儲けの20.315%が課税されます。7.51万円が課税されます。おかしいのは同じ1万ドルなのに、円安になると7.5万円が潜在的に課税されることになります。78万円の7.51万円。およそ10%が潜在的に課税され、ピンハネされる。為替が変わらなければ1万ドルは1万ドルのままで課税されない。50%円安になると1万ドルの10%の1000ドル分が課税されて失われるという理不尽さです。

※これは、円建ての投資信託の為替差益の「分離課税」のケース。外国口座の資産、国内口座の外貨預金や債券や外国株式の為替差益は「総合課税」という別の計算になります。

株価が高騰するなどして、利益が出ての課税なら分かりますが、この模式図では1万ドルのドル現金は利益を出していない。ドルに対して円の価値が下がっただけです。

事実上の資産課税です。

また、毎月分配型の投信を持たれている方が多いかと思いますが、このようにドル(外貨)に対する円安も利益とみなされるので、毎月分配の原資の一部となります。この分配金にも20.315%が分離課税されるので、結果は同じです。毎月毎月、分配金の20.315%をチャリーンチャリーンと財務省に叩かさて、税金をガジられるという残念な図式となります。

2014
10/17
悪い予想だけは的中してしまう。サムスンの苦悩は本ブログで予見されていました。
サムスンのスマートフォンビジネスは「焼き畑農業的」であり、事業の継続性に疑問符を付けたのは、2013.8のブログが当初でした。

焼き畑農業のSamsungの明るく無い未来を暗示する調査
ここでは、サムスンはブランド力が確立されておらず、スマートフォン市場の世界的拡大と巨額のマーケティングに支えられており、ユーザーの満足感やブランドロイヤリティは高くなく、いずれ乗り換えられてしまうと結論しています。


また、サムスンのGalaxyは部品コストがiPhoneよりも高くなり、金属部品のコストや重量の制約から、デザイン性(ブランド力)の向上が困難であるという弱点を2013.3で見抜いていました。
Androidの高コスト体質がGALAXYS4の部品コストの報道で裏付け

また、今回のサムスンの売り上げ不振の要因となっている、GalaxyS5の失敗は発売前に詳細な要因と同時に証明済みです。
サムスンの苦悩 旗艦機種のGalaxy S5は売れない予想をしています。

このエントリーでは、最新機種の売り上げ不振予想と同時に、2014.2の投資情報紙のバロンズのサムスンのシェア拡大と株価情報の予想を論破しており、正解は現在の状況が証明しています。

他のニュースやブログで取り上げられる事の少ない、欧米市場でもモトローラなどのブランドにすら苦戦するだろうと予想しており、中国の新興メーカーにシェアを奪われる事は、わざわざエントリーするまでもない常識だと考えていました。

起死回生のサムスンの新型モデルの発表と亀山モデルの罠の再演か
2014.8のエントリーですが、ここでは安いから中国の新興メーカーの小米は躍進している。ローエンドモデルに強みという世間の誤認識を改める趣旨です。700〜800ドル代のGalaxyS5の半額の小米の「ハイエンド」モデルのMi4は、スペックは同等であり、デザイン性や高級感は半額のMi4が大きく上回ります。

ここでは、説明が断片的で本質論を置き去りにしてしまった反省をふまえて、補足を。
サムスンはディスプレイや主要チップなどの部材を内製しています。スマートフォンが発展途上で右肩上がりならば、有効な戦略です。しかし、Googleの戦略もありスペック競争が落ち着いて、コモディティ化すると、市場で安価な部品を必要な時に必要なだけ揃えられる、Appleや小米のようなファブレス系のメーカーの方が有利になります。設備投資と部材コストと生産販売の市場に応じる自由度が、小米のサムスンに対する優位性で、このコスト競争力を高級感のあるデザインにかける事ができたのでしょう。亀山ブランドの罠とは、サムスンの内製戦略による、競争力低下の罠です。

計画通りの予想的中 失速のサムスン。しかし、地獄はこれから。
2014.7のエントリーですが、内製化の罠でサムスンの経営不振の実態が出るのは、まだまだこれから。2014Q2の減収減益の決算は、お化粧をしたものであり、2014Q3の業績は地獄はこれからと、更に悪化すると予想しています。


1310サムスン
Samsung、2014年Q3業績はスマホ不振で6割減益の見込み 2014/10/08 鈴木 英子=ニューズフロント
Reutersがまとめたアナリストらは営業利益の減少幅を42%と予想していましたが、正式発表はまだですが、60%減ほどになるとされています。Q3とは7、8、9月の営業期間であり、Appleの新モデルのiPhone6の販売は9月末であり、他社においても大きな動きはなく、サムスンの自滅というのが実態でしょう。

サムスンの苦悩は更に続きます。世界最大のマーケットの中国においては、サムスンのシェアトップは陥落しています。
小米がサムスン抜きシェア首位-4-6月期の中国スマホ出荷
中国に続く人口大国でこれからの成長が期待できるインド市場では、インドメーカーMicromaxがサムスンを抜き去り、出荷台数のシェアトップを取ったニュースもあります。
インドの携帯電話出荷でサムスンを抜いた地場メーカーMicromax
リンクは省きますが、インド市場では中国を制した小米と、Googleの戦略的低価格モデルの参入も予定されており、サムスンの生存域は残されていないでしょう。中国とインドという二大成長マーケットではサムスンの牙城は陥落しています。また、お膝元の韓国国内においても、貿易障壁の問題はありますが、中国メーカーの参入が部分的に行われており、現状は9割という韓国メーカーの寡占構造が壊れる可能性があります。

スマホ販売シェア、米国でiOSが過去最低を記録 2014年3-5月
欧州、米国市場ではAppleと激しいシェア争いを続けるサムスンの牙城は堅牢であり、状況は異なります。サムスンよりは低価格のモトローラやGoogleのスマートフォンがシェアを奪うのでは、という私の予想は外れています。

悪いニュースについては細部まで予測するが、良いニュースは外すのが、ブラックジョーククォリティです。残念。

 » HOME »  Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。